バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

抗腎症薬

2018年11月10日 | 循環系 心臓
出願人: タカノ株式会社, 学校法人近畿大学
発明者: 村岡 修, 田邉 元三, 勝田 公雄, 北林 広巳

出願 JP2013056366 (2013/03/07) 公開 WO2013133390 (2013/09/12)

【要約】下記一般式 [ I ] で表される本発明に係るチオ糖スルホニウム塩化合物は、腎症、特に糖尿病性腎症に対して有効であることから、腎症の予防または治療のための抗腎症薬または抗腎症食品として有用である。また、本発明のチオ糖スルホニウム塩化合物[ I ]は、αグルコシダーゼ阻害活性も有することから、糖尿病関連疾患の予防または治療のための医薬、例えば、糖尿病、糖尿病合併症、肥満症、脂質代謝異常症、または高血圧症などの予防または治療のための医薬として有用である。
https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2013133390/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« プロセシンググルコシダーゼ... | トップ | バラの香り成分に「抗うつ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

循環系 心臓」カテゴリの最新記事