バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

バラの香り成分に「抗うつ」効果 川崎医療福祉大グループが確認

2018年11月10日 | 医療 医薬 健康

11/9(金) 23:35配信 山陽新聞デジタル

 バラの主要な香り成分「フェニルエタノール」に抗うつ効果があることを、川崎医療福祉大医療技術学部の上野浩司講師(神経生理学)らの研究グループが突き止めた。フェニルエタノールを吸わせたマウスは、ストレス環境下でうつのような状態になりにくいことを確認。精神疾患の新しい薬や治療法の開発につながる成果として期待される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00010012-sanyo-sctch
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 抗腎症薬 | トップ | 腸が胸に入り込み、肺がほと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事