バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

小さなRNAが生殖細胞を守るメカニズムの一端を解明

2016年09月30日 | 医療 医薬 健康

日本の研究 >プレスリリース 掲載日:2016.09.30
東京大学 日本医療研究開発機構

piRNAとよばれる約30塩基長の小分子RNAはPIWIタンパク質と結合し、生殖細胞のゲノムDNAを保護する役割を担っています。しかし、PIWI-piRNA複合体がはたらくメカニズムには不明な点が多く残されていました。今回、東京大学大学院理学系研究科の松本直樹大学院生(研究当時)、西増弘志助教、濡木理教授、塩見美喜子教授を中心とする研究グループは、カイコに由来するPIWIタンパク質(Siwi)を精製し、その結晶構造を世界で初めて解明することに成功しました。
https://v3.rjp.bioimpact.jp/articles/view/50664
コメント   この記事についてブログを書く
« インフルエンザ>ワクチン供... | トップ | 大塚製薬、タイで医療向け食... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事