バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

動脈硬化の原因となりうるリポタンパク質の発見

2018年02月23日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
NARO 農研機構 2018-02-21

 小西准教授らの研究グループでは血液中の脂質を改善するさまざまな食品成分の研究を行ってきましたが、その中で、従来から広く認識されてきたリポタンパク質の種類だけでは説明できないデータが得られました。そこで、従来使われている方法とは異なる分析法でリポタンパク質の成分を詳しく調べました。その結果、従来、カイロミクロン、VLDL、LDL、HDLの4種類に大別されていたリポタンパク質は、少なくとも9種類に分類できることが確認され、これまで報告されていない「LAC」という種類のリポタンパク質が新たに見出されました。
http://www.naro.affrc.go.jp/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 腹部放射線治療後に起こる腸... | トップ | 塩野義の新インフル薬が承認... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

酵素・蛋白質・ペプチド・核酸」カテゴリの最新記事