バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

動物組織からクローン動物ならびにntES細胞を作成するための新規方法

2018年12月09日 | 細胞と再生医療
出願人: 独立行政法人理化学研究所
発明者: 若山 照彦, 若山 清香

出願 2008-123133 (2008/05/09) 公開 2009-268423 (2009/11/19)

【要約】【課題】動物組織、特に凍結された動物組織に由来するドナー細胞からであっても正常なntES細胞やクローン動物を作成することができる方法、ならびにかかる方法により得られるntES細胞やクローン動物を提供すること。【解決手段】本発明は、動物組織から核移植ES細胞(ntES細胞)またはクローン動物を作成する方法であって、工程:(a)該組織中のドナー細胞を破砕して核を取り出すこと;次いで(b)高分子ポリオールの存在下で、レシピエントである除核した卵に前記核を移植することを含むことを特徴とする方法を提供する。

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ピーナッツアレルギーを改善... | トップ | 核移植卵子の作製方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事