バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

iPS細胞を用いて骨形成過程の可視化と骨疾患病態再現に成功

2019年06月12日 | 細胞と再生医療
日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.06.11
京都大学
川井俊介 研究員(京都大学CiRA増殖分化機構研究部門/ウイルス・再生医科学研究所)、戸口田淳也 教授(京都大学CiRA同部門/ウイルス・再生医科学研究所/医学研究科)らの研究グループは、in vitroでの骨形成過程を表す骨様結節を、レチノイン酸(注5)シグナルを用いることでヒトiPS細胞から10日間という短期間で誘導する方法を確立しました。
https://research-er.jp/articles/view/80178
コメント

受精卵の中で人工細胞核構造の構築に世界で初めて成功 細胞核が形成される仕組みの一端を明らかに

2019年06月12日 | 細胞と再生医療
日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.06.11
近畿大学 情報通信研究機構 大阪大学

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)、NICT、大阪大学(大阪府吹田市)の研究グループは、生命の基本設計図である「DNA」に着目して、DNAを結合させた微小ビーズ(DNAビーズ)をマウス受精卵の細胞質内に導入することでどのような生命現象が起こるかを観察し、人工的に細胞核構造を造り出すことに世界で初めて成功しました
https://research-er.jp/articles/view/80182
コメント

健康な人のiPS細胞作製 東北大などが基礎研究用に

2019年06月12日 | 細胞と再生医療
科学&新技術
21:53
保存 共有 印刷 その他
東北大学と京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長らは11日、15万人分の健康情報をもつ「東北メディカル・メガバンク機構」で保管する6人分の血液細胞からiPS細胞を作ったと発表した。6人分すべて健康な人の細胞で、病気の治療や予防法の確立をめざした基礎研究に役立てる。日本経済新聞.,2019/4/11
コメント