バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

がんに遺伝子変異を導入する酵素の分子スイッチを発見

2019年06月07日 | 癌 ガン がん 腫瘍
-リン酸化によるDNAシトシン脱アミノ化酵素の活性制御機構-

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.06.07
京都大学

高折晃史 医学研究科教授、白川康太郎 医学部附属病院血液内科助教、松本忠彦 医学研究科研究員らの研究グループは、がんに遺伝子変異を導入する酵素 APOBEC3B の分子スイッチを発見しました。
https://research-er.jp/articles/view/80118
コメント

発達性およびてんかん性脳症(DEE)が単純なメンデル型遺伝病の集合体ではない

2019年06月07日 | 癌 ガン がん 腫瘍
発達性およびてんかん性脳症(DEE)が単純なメンデル型遺伝病の集合体ではないことを大規模エクソーム解析により発見

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.06.07
横浜市立大学 日本医療研究開発機構

横浜市立大学学術院医学群 遺伝学の高田篤講師、松本直通教授、浜松医科大学医学部 医化学講座の中島光子准教授、才津浩智教授、昭和大学 小児科学講座の加藤光広教授らの多施設共同研究グループは、発達性およびてんかん性脳症(developmental and epileptic encephalopathy: DEE)患者743名、健常対照群2,366名の大規模エクソーム解析*1を行い、この疾患群が単純なメンデル型遺伝病*2の集合体ではないことなどを明らかにしました。これらは、発達性およびてんかん性脳症の遺伝的構造の全体像のより良い理解や、将来のより正確な分子診断につながる知見です
https://research-er.jp/articles/view/80119
コメント

がんゲノム医療 遺伝子を迅速に解析する技術を開発

2019年06月07日 | 医療 医薬 健康

患者ごとにがんの遺伝子を検査し有効な薬を探す「がんゲノム医療」について、一般的な遺伝子検査の100倍を超える数の遺伝子を迅速に解析する技術を慶応大学などのグループが開発しました。近く全国の病院で検査を提供するということで、有効な治療薬を探す手がかりが増えると期待されています。NHK NEWS web.,2019年6月7日
コメント

高い効率性や省エネルギー性を持つ人工たんぱく質の創出に期待

2019年06月07日 | 医療 医薬 健康
大学ジャーナルオンライン編集部
2019年6月6日

 お茶の水女子大学の三宅亮介講師と東京農工大学の村岡貴博准教授らの研究グループは、人工的にデザインしたペプチドを用いて、柔らかい小さな分子から、タンパク質に匹敵する巨大空間を作ることに成功した。
https://univ-journal.jp/26274/
コメント