バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

癌ゲノム医療に保険適用決定

2019年06月05日 | 癌 ガン がん 腫瘍
化学業界の話題 knak 2019年6月 5日

厚生労働省は5月29日、中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の総会を開き、癌患者の遺伝情報から最適な治療薬を選ぶ「 癌ゲノム医療」への保険適用を初めて決めた。

癌ゲノム医療とは、癌の組織を用いて、多数の遺伝子を同時に調べ(癌遺伝子パネル検査)、遺伝子変異を明らかにすることにより、一人一人の体質や病状に合わせて治療などを行う医療。
http://blog.knak.jp/2019/06/post-2213.html
コメント

老化する人間の細胞を「若返らせる」ことに成功

2019年06月05日 | NEWSクリッピング
2018.01.17 WED
研究結果
「老化した人間の細胞を若返らせる」ことに、英大学の研究者らが成功したと発表した。古い細胞の機能を回復させることができれば、将来的に人間は老化による影響を受けずに年をとれる可能性があるのだという。その驚きの研究結果とは。
https://wired.jp/2018/01/17/telomere-and-resveratrol/

コメント

手術台の上に「バーチャル臓器」 AIとVRを駆使した手術法が登場

2019年06月05日 | NEWSクリッピング
11:57 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]
【6月5日 Xinhua News】中国福建省(Fujian)の福建医科大学付属協和医院はこのほど、同省で初めて全定量VR(仮想現実)システムを使った単孔式胸腔鏡下肺切除手術を行った。AFP BB News.,2019年6月5日

コメント

サメの尾びれから見つかった心臓再生物質

2019年06月05日 | 医療 医薬 健康
BLOG: 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
iPS細胞やES細胞を利用した再生医療をしのぐかも
ブタを用いた前臨床試験が進行中

 米国メイン州には、ウッズホールなどの有名な生物学的研究所が数多くあります。夏休みを利用したトレーニングコースが研究者や学生に公開されており、生物学研究を志す若者の憧れの地となっています。自分も留学中に何度も応募したのですが、残念ながらトレーニングコースに参加することはできませんでした。その1つにMDI Biological Laboratory (MDIBL)と呼ばれる研究所があります。そこで、サメの尾びれから心臓を再生する物質が見つかりました。これに関する論文が2017年と2019年4月に続けて発表されています。 日経メディカル.,2019/4/30
コメント

人工透析中止問題 日本透析医学会が声明を公表

2019年06月05日 | NEWSクリッピング

東京の公立福生病院で女性患者の人工透析が中止され、その後、死亡した問題で、調査を行った日本透析医学会は、中止を希望した患者の意思が尊重されてよい事案だとした一方で、こうした場合には患者の意思を繰り返し確認することが重要だとする声明を公表しました。NHK NEWS web.,2019年6月1日
コメント

リン酸化SARM1、抗体、

2019年06月05日 | 創薬 生化学 薬理学
リン酸化SARM1、抗体、SARM1リン酸化阻害剤、神経変性疾患の予防又は治療薬、スクリーニング方法、SARM1改変体及び使用

国内特許コード P190016005
整理番号 (S2016-0511-N0)
掲載日 2019年5月9日
出願番号 特願2018-507366
出願日 平成29年3月22日(2017.3.22)
国際出願番号 JP2017011418
国際公開番号 WO2017164230
国際出願日 平成29年3月22日(2017.3.22)
国際公開日 平成29年9月28日(2017.9.28)
優先権データ
特願2016-058130 (2016.3.23) JP
発明者
村田 等
阪口 政清
木下 理恵
山本 健一
出願人
国立大学法人 岡山大学
発明の名称 リン酸化SARM1、抗体、SARM1リン酸化阻害剤、神経変性疾患の予防又は治療薬、スクリーニング方法、SARM1改変体及び使用 NEW
発明の概要 本発明は、SARM1(Sterile alpha and TIR motif-containing protein 1)の54位、548位及び622位からなる群から選ばれる少なくとも1種のSer残基がリン酸化された、リン酸化SARM1を提供するものである。
https://jstore.jst.go.jp/nationalPatentDetail.html?pat_id=37294
コメント

福島 「がんと被ばく関連なし」子どもの甲状腺検査で報告案

2019年06月05日 | NEWSクリッピング

福島県が原発事故当時、18歳以下だった子どもたちを対象に行っている甲状腺検査をめぐり、検査の結果を評価している専門家の部会で、2巡目の検査で発見された甲状腺がんと被ばくの関連は認められないとする報告案が示されました。一方、部会長は、この報告案を受けて検査をやめるという答えは出せないとしています。 NHK NEWS web.,2019年6月3日
コメント

サバ科魚類未分化生殖細胞結合抗体

2019年06月05日 | BioTech生物工学 遺伝子工学

国内特許コード P190016004
整理番号 (S2016-0499-N0)
掲載日 2019年5月9日
出願番号 特願2018-507454
出願日 平成29年3月24日(2017.3.24)
国際出願番号 JP2017012111
国際公開番号 WO2017164390
国際出願日 平成29年3月24日(2017.3.24)
国際公開日 平成29年9月28日(2017.9.28)
優先権データ
特願2016-060908 (2016.3.24) JP
発明者
市田 健介
林 誠
矢澤 良輔
竹内 裕
吉崎 悟朗
出願人
国立大学法人東京海洋大学
発明の名称 サバ科魚類未分化生殖細胞結合抗体 NEW
発明の概要 本発明は、サバ科魚類未分化生殖細胞を特異的に認識する、モノクローナル抗体であって、モノクローナル抗体が、サバ科魚類の精巣または卵巣から分離された未分化生殖細胞に対する抗体に関する。本発明は、サバ科魚類の未分化生殖細胞を分離できる抗体を提供する。
https://jstore.jst.go.jp/nationalPatentDetail.html?pat_id=37293
コメント

糖タンパク質のN結合型糖鎖の解析方法及び解析システム UPDATE

2019年06月05日 | 医療 医薬 健康
国内特許コード P190016045
整理番号 (S2016-1050-N0)
掲載日 2019年5月10日
出願番号 特願2017-562372
登録番号 特許第6502534号
出願日 平成29年8月18日(2017.8.18)
登録日 平成31年3月29日(2019.3.29)
国際出願番号 JP2017029658
国際公開番号 WO2018034346
国際出願日 平成29年8月18日(2017.8.18)
国際公開日 平成30年2月22日(2018.2.22)
優先権データ
特願2016-161118 (2016.8.19) JP
発明者
太田 悠葵
川崎 ナナ
高倉 大輔
出願人
公立大学法人横浜市立大学
発明の名称 糖タンパク質のN結合型糖鎖の解析方法及び解析システム UPDATE
発明の概要 N結合型糖鎖の結合部位ごとの定性・定量を正確に実行できる新規な手段が開示されている。本発明の糖タンパク質のN結合型糖鎖の解析方法では、分析すべき糖ペプチド含有試料の一部をエンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼで処理して、N結合型糖鎖結合位置のAsn上にキトビオースコアのGlcNAcを一つだけ残して糖鎖を切断し、この糖鎖切断試料を事前に液体クロマトグラフィー/質量分析に付し、その結果をもとに、本分析での目的糖ペプチドの液体クロマトグラフィー保持時間及びプリカーサーイオンのm/zを予測して本分析を実施する。これにより、糖タンパク質のどの部位にどのような構造のN結合型糖鎖が結合しているかを解析できる。糖鎖切断試料を本分析時の内部標準として用いることで、糖鎖結合部位ごとの糖鎖の定量解析も可能となる。
https://jstore.jst.go.jp/nationalPatentDetail.html?pat_id=37334
コメント

環状DNAの増幅方法

2019年06月05日 | BioTech生物工学 遺伝子工学

J-Store >>国内特許コード P190016042
整理番号 (IP14P002)
掲載日 2019年5月10日
出願番号 特願2018-518326
出願日 平成29年5月17日(2017.5.17)
国際出願番号 JP2017018472
国際公開番号 WO2017199991
国際出願日 平成29年5月17日(2017.5.17)
国際公開日 平成29年11月23日(2017.11.23)
優先権データ
特願2016-099157 (2016.5.17) JP
発明者
末次 正幸
辻本 寛子
篠原 赳
出願人
国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 環状DNAの増幅方法 NEW 新技術説明会
発明の概要 無細胞系において、環状DNA、特に長鎖環状DNAを簡便かつ指数的に増幅することのできる方法を提供する。
https://jstore.jst.go.jp/nationalPatentDetail.html?pat_id=37331
コメント