バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

扁平上皮がんの転移メカニズムを解明

2018年11月02日 | 医療 医薬 健康
~皮膚・頭頸部がん治療への貢献に期待~

日本の研究.com.,プレスリリース 掲載日:2018.11.02
北海道大学

 北海道大学大学院医学研究院皮膚科学教室の柳 輝希特任助教,同医化学教室の畠山鎮次教授らの研究グループは,皮膚や頭頸部領域で最も多い悪性腫瘍の一つである扁平上皮がんにおいて,TRIM29と呼ばれる分子ががんの転移を制御するという新しいメカニズムを解明しました。
https://research-er.jp/articles/view/74984

コメント

「シナプス遺伝子制御の初期の変化はアルツハイマー病を引き起こすかもしれない」

2018年11月02日 | 神経 脳 リューマチ 疼痛
東京医科歯科大学プレスリリース

、東京の日本-アルツハイマー病(AD)は、記憶喪失や認知能力の減少を含む、認知症の最も一般的な形式です。AD患者は、神経細胞(ニューロン)を破壊または損傷すると考えられる複数の異常なタンパク質構造を脳に発生させる。これらの構造のうちの1つである老人斑は、ニューロン間の空間に形成されるベータアミロイド(Aβ)ペプチドの塊で構成されている。
http://www.tmd.ac.jp/english/press-release/20181011_1/index.html
コメント

「遺伝子導入のためにベクターを増やすために細胞内で増殖するウイルス産生」

2018年11月02日 | からだと遺伝子
東京医科歯科大学プレスリリース


東京医科歯科大学(TMDU)の研究者は、細胞に外来遺伝子を導入するためのベクターの使用を支援するホスト細胞によって産生され放出されたレンチウイルス粒子を向上させる方法、確立した。
http://www.tmd.ac.jp/english/press-release/20181029_1/index.html
コメント