バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

認知症性疾患の遺伝素因

2017年10月11日 | からだと遺伝子
山縣 英久
日本老年医学会雑誌Vol. 47 (2010) No. 1 P 41-43

http://doi.org/10.3143/geriatrics.47.41


第51回日本老年医学会学術集会記録〈若手企画シンポジウムII(基礎系):高齢者疾患における遺伝素因を探る:病態と治療〉
コメント

システム生物学を用いてアルツハイマー病を遺伝子ネットワークから読み解く

2017年10月11日 | 医療 医薬 健康
関谷 倫子, 飯島 浩一

ファルマシア Vol. 52 (2016) No. 2 p. 121-125

http://doi.org/10.14894/faruawpsj.52.2_121
コメント

武田薬品、Entrepreneurship Venture Programで2社目を設立

2017年10月11日 | ビジネス 政策
化学業界の話題., knak 2017年10月 9日


武田薬品は10月2日、Entrepreneurship Venture Programにより2社目のバイオテク企業、㈱ ChromaJean を湘南研究所に設立したと発表した。

Entrepreneurship Venture Program は、武田薬品の研究アセット、技術を用い、武田薬品で働く研究者自らが起業することをサポートするプログラム。

http://blog.knak.jp/2017/10/entrepreneurship-venture-program2.html
コメント

認知症の35%は予防可能

2017年10月11日 | 加齢 老化制御
化学業界の話題 knak (2017年10月11日


10月8日付日本経済新聞は、掲記のタイトルで、英 University College LondonのGill Livingston 教授とのインタビューを掲載している。

英医学誌 Lancet の認知症(Dementia)に関する国際委員会が7月20日付で同誌に論文"Dementia prevention, intervention, and care" を発表して話題となった。Livingston教授はこの研究を主導した。

http://blog.knak.jp/2017/10/35-1.html
コメント

重症熱性血小板減少症候群

2017年10月11日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒

森川 茂
獣医疫学雑誌 Vol. 17 (2013) No. 2 p. 142-143

http://doi.org/10.2743/jve.17.142
コメント

「新専門医制度 期待と不安」(ここに注目!)

2017年10月11日 | 医のかたち(教育 政策 行政)
NHK解説委員室2017年10月05日 (木)
堀家 春野 解説委員

twitterfacebookgoogle
医師の専門性を認定する新たな「専門医制度」の導入に向けた動きが
来週から本格的に始まります。この、新たな制度、期待の一方で不安の声も
あがっているようです。堀家春野解説委員に聞きます。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/281239.html
コメント

タカラバイオ、サプリメント「フコイダンサプリ50」に新成分「シールド乳酸菌」を追加しリニューアル発売

2017年10月11日 | 健康・栄養機能性成分


マイライフニュース2017.10.10

 タカラバイオは、ガゴメ昆布のネバリ成分である「フコイダン」の機能性を、30年以上研究している。このガゴメ昆布「フコイダン」を配合したサプリメント「フコイダンサプリ50」に、新成分「シールド乳酸菌」を追加した製品を宝ヘルスケアが10月17日からリニューアル発売する。
http://www.mylifenews.net/drug/2017/10/50-2.html
コメント

「縄文人ゲノム解読 私たちのルーツは」(NHK 時論公論)

2017年10月11日 | 生命科学 生物誌

土屋 敏之 解説委員

日本人の祖先と思われている縄文人。そのイメージが大きく変わろうとしています。
福島県で発掘された人骨からゲノムが解読され、「縄文人はアジアの他の地域の人たちと大きく異なる特徴を持っていた」とわかったのです。そればかりか、現代の日本人とも予想以上に違いが大きかったと示されました。
では一体、縄文人とは何者だったのか?私たちのルーツにも関わる最新科学の意味を3つのポイントから読み解きます。NHK解説委員室 2016年10月10日
コメント

肥満の子ども1億2千万人

2017年10月11日 | 医療 医薬 健康
世界的に増加傾向とWHO

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は10日、2016年に世界で肥満の子ども(5~19歳)は推定1億2400万人に達しているとの報告書を発表した。2億1千万人は肥満ではないものの、太りすぎとみられるとしている。世界的に増加傾向にあり、糖尿病やがんなどにかかるリスクが高くなっていると警告した。 共同通信47News.,2017/10/11
コメント