バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ロキソプロフェン含有医薬の組成物

2017年08月31日 | 医薬工学 製剤 DDS
出願人: 興和株式会社
発明者: 薄井 俊樹, 高宮 雅哉, 春原 政明

出願 2010-245227 (2010/11/01) 公開 2012-072106 (2012/04/12)

【要約】【課題】ロキソプロフェン又はその塩とエフェドリン類を含有する安定な医薬組成物の提供。【解決手段】ロキソプロフェン又はその塩、エフェドリン類及びキサンチン誘導体を含む医薬組成物
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2012072106/


ロキソプロフェン含有の医薬組成物

出願人: 興和株式会社
発明者: 薄井 俊樹, 春原 政明, 高宮 雅哉

出願 JP2012062800 (2012/05/18) 公開 WO2012157752 (2012/11/22)

【要約】ロキソプロフェン又はその塩と、クロルフェニラミン又はその塩等の相互作用性成分との間の安定性の問題が改善された医薬組成物の提供。ロキソプロフェン又はその塩、及びクロルフェニラミン又はその塩等の相互作用成分及びキサンチン誘導体を含有する医薬組成物。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2012157752/
コメント

iPS細胞を応用 パーキンソン病改善をサルで確認

2017年08月31日 | 医療 医薬 健康
5時24分
ヒトのiPS細胞を応用して、神経の難病とされるパーキンソン病のモデルとなるサルの症状を、大きく改善させることに京都大学などの研究グループが成功し、来年度、治療法として国の承認を得るための臨床試験を実施したいとしています。 NHKニュース 2017年8月31日
コメント