バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

iPS細胞手術 患者「見え方が明るくなった」

2014年09月13日 | NEWSクリッピング

12日、iPS細胞を使って目の網膜の組織を再生する世界初の手術を受けた70代の女性は、一夜明けた13日、医師に対し「見え方が明るくなった。白衣がきれいに見える」などと話しているということで、理化学研究所などの研究チームは、移植した組織による効果かどうか今後、慎重に評価していくことにしています。NHK News web.,2014年9月13日

バイオ塾情報創庫DB 2014-09-13
コメント

加齢黄斑変性の発症に関与する遺伝子を発見:九大グループ

2014年09月13日 | からだと遺伝子
加齢黄斑変性の発症に関与する遺伝子を発見:九大グループ

網膜の中心部にある黄斑は「ものを見る」機能の中心的な役割を果たしていますが、この黄斑の異常で視力が低下する「加齢黄斑変性」の発症に関係する遺伝子を、九州大の研究グループが発見、研究成果を米科学誌「ネイチャー・ジェネティクス(電子版)」に公開しました。医療医学ニュース http://medical-today.seesaa.net/
コメント

加齢黄斑変性の発症に関与する遺伝子を発見:九大グループ

2014年09月13日 | 医療 医薬 健康
加齢黄斑変性の発症に関与する遺伝子を発見:九大グループ

網膜の中心部にある黄斑は「ものを見る」機能の中心的な役割を果たしていますが、この黄斑の異常で視力が低下する「加齢黄斑変性」の発症に関係する遺伝子を、九州大の研究グループが発見、研究成果を米科学誌「ネイチャー・ジェネティクス(電子版)」に公開しました。医療医学ニュース http://medical-today.seesaa.net/
コメント

滲出型加齢黄斑変性の臨床研究

2014年09月13日 | 医療 医薬 健康

この臨床研究は、眼科疾患の一つ、「滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性」を対象に、 iPS 細胞 から作製した網膜色素上皮( RPE )シートを移植することにより、視機能を維持、改善する新たな治療法の開発を目指すものです。

先端医療信仰財団ホームページ
  http://www.riken-ibri.jp/AMD/

◇本日、「滲出型加齢黄斑変性に対する自家i P S 細胞由来網膜色素上皮(RPE)シート移植に関する臨床研究」における第一症例目の被験者に対し、iPS 細胞由来の網膜色素上皮シートの移植を行いましたので下記の通りお知らせ致します。 http://www.riken-ibri.jp/AMD/img/20140912_2.pdf

コメント

超希少難病の治療薬開発支援へ、厚労省が新制度

2014年09月13日 | 創薬 生化学 薬理学

 厚生労働省は来年度、患者数が極めて少ない超希少難病の治療薬や医療機器の実用化に向け、開発を支援する新制度を設けることを決めた。

 メーカーに開発を促し、患者に新たな治療法を届きやすくする。

 厚労省は有識者検討会で、支援対象となる難病の患者数など制度作りの議論を始め、来年からの患者への医療費助成の拡大と合わせ、難病対策を進める。読売新聞(web版) 2014年09月08日
コメント

世界初のiPS移植手術 目の難病70代女性に 理研などのチーム実施

2014年09月13日 | NEWSクリッピング

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って目の難病治療を目指す理化学研究所などのチームは12日、iPS細胞から作った網膜細胞を患者に移植する手術を先端医療センター病院(神戸市)で実施した。iPS細胞から作った細胞を人体に入れる臨床応用は世界初。再生医療での実用化に向けて大きな一歩となった。産経 SankeiBiz.,2014.9.12
コメント