理学整体院フィジカル・Labo マイオ(筋肉)チューニング(整える)アプローチでの筋肉由来の不調の原因を改善します。

健康増進に役立つ情報・お知らせ・その他いろいろ更新していきます。
ご質問にもお答えします。

ビンディングシューズ「SPD」と「SPD-SL」

2018年06月16日 | 自転車競技
今回は用途に合ったビンディングシューズの選び方と、それに合わせたペダリングの時の注意点です。

一般にロードバイクで使用されているビンディングシューズはSPDかSPD-SLですね。
各メーカーの特徴は後で軽く触れます。


SPDとSPD-SLのの違いは固定力や力の伝達効率など色々ありますが、
短くまとめるなら
「ビンディングシューズを履いたまま歩きますか?」
ということです。

レースや家を出てから帰宅まで乗りっぱなし(食事などの休憩位)という方は「SPD-SL」


自転車で出かけて、その後歩くという方は「SPD」




私は用途によって使い分けています。
ペダルの交換はさほど手間ではないので、慣れればすぐに交換できます。
基本的に輪行で遊びに行くことが多いので、荷物を減らしたいという理由で「SPD」の使用頻度が高いです。
(それでもクリートが地面に当たってガツガツいうので、本来なら履き替えるべきだとは思います。)

街乗りメインの方はフラットペダルですね。

ビンディングの種類はメーカーによって結構特徴があるので、選ぶのは結構大変です。
そして、交換性はないのでペダルとシューズのメーカーを間違えないようにしましょう。
イベント先で壊れて急遽買おうとすると、メーカーによってはブースに売っていなくて靴とペダルを両方お買い上げ(となった知り合いがいました。)

無難なところだとSHIMANOですね。
このメーカーはクリートが3種類あるので、後から色々変更できるので、手始めに使うにはとても便利です。



種類の比較はこちらのサイトで非常に詳しく書いてあったのでご参照ください。
(勝手に貼ったら怒られるかな?)




歩く事を考慮するかしないかというのは非常に大きな違いです。
(SPDの方がクリードが小さいので着脱がしやすく初心者向きという考え方もあります)
そのため、アウトソール(靴底)の形状に大きく違いが出ます。

SPDは歩きやすいようにアウトソールが曲がる様に柔らかく作ってありますが、
SPD-SLのソールが柔らかめのものから、非常に硬いものまであります。

下駄の様に靴底が板のようになっているSPD-SLでは歩くのがとても大変ですが、
硬いアウトソールをクリートで固定すれば、靴底全体をペダルの一部として使用できる様になります。


アウトソールが固い場合と柔らかい場合でペダリングの際の足底面への荷重のかけ方がかなり変わってきます。
この辺は人によって意見が結構分かれると思いますので、考え方の一つだと思ってください。


SPDの場合の荷重イメージ



SPD-SLの場合の荷重イメージ



硬いアウトソールなら踵まで荷重に使用することができ、足にかかる負担の一部をアウトソールが肩代わりしてくれます。
だからといって、踵が落ちるようなペダリングは厳禁ですが、、、

足にかかる負担を軽減してくれますので、長時間のライドや、ハイケイデンスや高負荷でのペダリングの際に足の疲れが大きく変わります。


長々と書きましたが、シューズ選びのポイントの一つに「歩くか歩かないか」というのを入れてみてください。

ビンディングの種類と選び方、取り付け方はまた次回



==============================================

理学整躰院フィジカル・Labo
千葉県船橋市前原西2-13-12テレック津田沼ビル2階
070-3122-5244
rigaku.labo@gmail.com





==============================================
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ジグリング | トップ | 腰痛の原因になりやすい筋肉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車競技」カテゴリの最新記事