理学整体院フィジカル・Labo マイオ(筋肉)チューニング(整える)アプローチでの筋肉由来の不調の原因を改善します。

健康増進に役立つ情報・お知らせ・その他いろいろ更新していきます。
ご質問にもお答えします。

靴の減り方で分かる体の歪み④~インソール~

2018年05月01日 | 靴のフィッティング
歩き方を守勢するのに最も手軽な方法として
インソールを靴に入れる
というものがあります。


インソールと一言で言っても、ものすごくたくさん種類があるので
代表的なものを紹介したいと思います。


①市販品(値段も質もピンからキリまで

フリーサーズで自分のサイズに切るタイプから、スポーツ用のチョット厚めのものまで色々あります。

市販品のものは大きく分けると2種類あります
・クッション性のある素材で、中敷き自体には凹凸の無いもの
・足のアーチの形に合わせて凹凸がつけてあるもの(スポーツ用はこちらのタイプが多いですね)


まず足のアーチについてですが

こんな感じで
縦(内側・外側)、横の3本のアーチで足にかかる力を分散しています。

市販品のインソールのイメージはこんな感じです

3方向のアーチをサポートしてあげて、足にかかる負担を軽減しましょう。

これで合う方も中にはいます
ただ、以前書いたように「靴のサイズあってますか?」という問題があります。

せっかく中敷きを買ってもサイズが間違っていると、アーチも大きな方の足に合わせて作ってありますので逆に足が痛くなるかもしれません。



②型をとる(熱整形など)





「あなたの足の形にぴったり合った中敷きフィット感抜群」
てきなうたい文句のものが多いですね。

これは、あなたの足に何も問題がないならお勧めします。
靴とのフィット感が重要なスポーツなどでは重宝すると思います。

ただ、何かしらトラブルを抱えている方には、あまりお勧めできません。
理由は「あなたの悪い癖もきれいにプリントされて、悪い癖や動きがもっとうまくなる」という可能性があります。


③パッドどで部位ごとに高さを調節


ここから一気に専門的な知識と技術が必要になります
パッドを張るだけなので、比較的短時間で作成できます。
これはほぼ作る方の腕次第という感じですが、あなたの動きに合わせて作成してくれるので、劇的に変わる場合もあります。



当院でも今月半ば~6月にかけてオーダーメイドインソールの作成を開始予定で進めています。
3のタイプよりさらに細かく評価、作成を行う予定です。
ご質問がある方は気軽にお問合せください。


==============================================

理学整躰院フィジカル・Labo
千葉県船橋市前原西2-13-12テレック津田沼ビル2階
070-3122-5244
rigaku.labo@gmail.com





==============================================
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴底の減り方で分かる体の歪... | トップ | オーダーメイドインソール始... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

靴のフィッティング」カテゴリの最新記事