理学整体院フィジカル・Labo マイオチューニングアプローチとインソールで貴方の不調の原因を改善

健康増進に役立つ情報・お知らせ・その他いろいろ更新していきます。
ご質問にもお答えします。

シューズを正しく選んでいますか?

2018年05月16日 | 自転車競技
ロードバイクのポジショニングの話に入る前に、とても重要なヴィンディングシューズの選び方の解説をしたいと思います。


先ずは靴の形状

①BOA


②マジックテープ


③紐



あなたが履いている、または次買いたいなと思っている靴はどれですか?


各シューズのメリット、デメリットと私のお勧めのタイプを紹介します。



先にお勧め順を話してしまうと

1位:紐
2位:マジックテープ
3位:BOA


です!!
意外に思う方も多いと思うので、解説していきます。


先ずは着脱について

ロードレースのプロの方になると、戦術として「エースをゴール前まで温存」というのがありますね。
この場合足を休めるために、靴の締め付け具合をレース中に調整して「勝負所で締める」ということがあります。
この戦術をとるためにはBOA,マジックの選択が必須になります。

この戦術はツールドフランスなどの200㎞オーバーのステージでは有効だと思います。
ただ、それより短いレースでは必要性はないといっても過言ではありません。日本で行われるロードレースは全日本選手権でも200km未満です。

そんなことよりシューズカバー履いて空気抵抗カットした方がいいですね。
そもそも、ライド中に靴の締め方調整したことある方いますか?

私はブルぺとかが好きなのですが
400㎞ブルぺに出た時でも、靴を緩めたのは止まって休んでいる時だけです。
というわけで着脱の簡便さというのは靴を選ぶうえでのポイントにはなり得えません



皆さんが一番気にされるのはフィット感でしょうか?
「ワイヤーで強く締めることができるBOAが固定力に優れているから、力も伝わっていいんじゃないの?」
「固定力とフィット感っていっしょじゃ?」

と思われると思います。


確かに、あなたの足が購入した靴を同じ形ならそうですね。
ただ、オーダーメイドじゃないのでそんなことはあり得ません


固定力については

BOAは靴の形にとても強く締めることができるので
マジックテープは劣化してしまうと固定力が落ちるので
紐はしっかり締めて、緩まないように結べば


フィット感は

BOAはあくまで靴の形とワイヤーの走行に締めるので
マジックはテープの数で締め方は調整できますがそれが限界なので
紐は紐の通し方、締め方でその方の足に合わせることができるので




ということで私のお勧めは紐靴です。
紐が邪魔になるという方はシューズカバーを利用されるといいと思います。


ただ、紐靴にも落とし穴があります。
ポイントは紐を通す穴のの形状





ビンディングシューズでちょうどいい画像が見つけられなかったので、普通のランニングシューズで申し訳ありません。

上がオススメで、下は、、、、、、
因みに上の画像は穴の形状はいいのですが紐の通し方はNGです。

足の甲(紐で締める部分)は、親指側が高い場所、中央部が高い場所があり一定ではないうえに、人によって結構違います。
上のタイプの形状であれば、あなたの足の形に合わせて締めることができます。

締め方に関しては、仕事のネタなので済みません。
直接お会いした方にはお伝えさせていただきます。
来院されなくてもイベントとかでお会いしてもお教えします。


この紐の締め方は、他のどんな靴でも同じですので覚えると便利ですよ。


次回はビンディングの種類と取り付け位置の予定です。

==============================================

理学整躰院フィジカル・Labo
千葉県船橋市前原西2-13-12テレック津田沼ビル2階
070-3122-5244
rigaku.labo@gmail.com

==============================================


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へにほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腰痛に悩むロードバイク愛好者へ | トップ | 足のサイズと測り方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車競技」カテゴリの最新記事