広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

知らなかったDVの現実

2009-10-05 20:30:34 | Weblog
先日、あることから現代の日本での家庭内暴力(DV)の実態についてうかがう機会があった。恥ずかしながら全然考えたこともなかったような話だ。知人たちにそれを言うと皆様は私と違って、結構知っておいでで、さまざまな話をうかがった。

面白いといってはまずいかもしれないが、DVがなかなか外部に見えない原因のひとつに心理学的な共依存の問題があるのだそうだ。共依存とはまたなんとも不思議でわかりにくい現象だ。わかるようなわからないような、いったいどうしてそんなことになるのだろう。

子供は、家庭のモデルとして自分の生まれて育った親たちの生き方を見て育つ。そこで、DVの加害者は子供の頃、自分自身がDVの被害者だったことが多いのだという。大人になって、自分が家庭を築いたとき、パートナーに対して、自分がされていたように暴力で対応するらしいのだ。

ああ、しかし、状況は違うが、子供時代の影響というのは実はよくわかる。死んだ父は、実母の末の弟として戸籍に入れられていた。実母、私にはお祖母さんだが、父を実家に残して結婚して別の家庭をもった。残された父の少年時代は寂しさから、大変ないたずらっ子だったと聞いている。戸籍上の母親が実は祖母だから、父は年寄りっ子独特の人の善さを一生もち続け、自分の子にもそれを残した。

一人の人間の背後にはその人のの親、またその親、代々の課題が受け継がれているのだ。しかし、悪い共依存の問題は専門家の介入が必要だろう。当事者間だけではどうにもならないように思える。DVについてはまだほんのいりくちくらいのことしかわからないが、相談を受ける警察とか(3人に1人がDVで命を失っているというショックな話、日本の警察の現状ではわかっていないのだろうなあ、たぶん)さまざまな機関の担当者たちがもっとDVについて深い知識を持つように行政もなんとかしてほしいものだ。

次はお知らせ

聖イグナチオ教会真和会 
  第250回特別記念講演会 日本のこれから

    日時: 10月16日(金) 18:45~20:30
    場所: 主聖堂 (参加費無料)
    講師: 藤原 正彦 氏  理学博士 (数学者・作家)

東京教区主催  こころのセミナー
   こころの病やこころの傷についての理解を深めるために
   第2回 「統合失調症」

    日時: 10月17日(土) 15:00~17:45 (開場午後2時30分)
    場所: ヨセフホール(信徒会館1階) 入場無料
    講師: 井貫 正彦氏(精神科医)

    ◎ 各回セミナーの司牧的な観点からのコメント
第2回 英隆一郎神父 (イエズス会司教)
第3回 小字佐敬二師 (東京カリタスの家)
※ セミナーの開催日は土曜日ですので、午後6時から麹町教会の主日のミサがあります。
10月17日(土) 酒井俊雄神父司式
11月7日(土)  幸田和生司教司式
◎ スケジュール
第3回 「トラウマ」 11月7日(土)

コメント