広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルザスと倉敷とアフリカそして日本の将来

2008-04-27 08:22:43 | Weblog
こんにちは、うちのおばはんが忙しくなっちゃって、毎日おばはんを叩き起こす目覚まし時計の仕事を仰せつかっている暇なマリーで~す。

もう全然あたしの出る幕なんてなかったの。うちのおばはん、よっぽどくたびれちゃっているみたいで仕事から帰ってくると、殆ど食べて寝るだけで他のことが何もできないの。

さすがにこれはちょっと駄目だって思い始めて頭を使ってみたのよね。それで今のお仕事は結局来月いっぱいでおしまいにするんですって。ダイエットにはいいけど、それだけ足の方の負担もかかっているんだから、多分そのほうがいいんじゃないのかな、まだこれから先のことだって考えなきゃならないのよね、あの人。

そんなわけでやっと少しゆとりが出来てきて、あの人もまた聖歌隊に歌いにいったり、本を読み始めたりしてるわ。それでもって、ちょっと面白い話があったわけよ。
つい最近、四谷の新宿側のほうに、桜美林大学の四谷キャンパスが出来たの。うちのおばはんが桜美林大学の名前を見て思い出すことといったら、今は亡き日本の本当にえらい栄養学者だった川島四郎先生や、お弟子さんの岸田袈裟先生のお名前と、この大学がキリスト教系の大学だっていうことくらいだったのよね。

ところがね、二、三日前に図書館で“ジャガイモの世界史-歴史を動かした「貧者のパン」”伊藤章冶著(中公新書)って本を見つけて借りて読んでたのね。そしたらその中に桜美林大学が出来たきっかけの話が出てたんですって。

ジャガイモって今は世界中に広まっているけれど案外新しい食べ物なのよね。そのジャガイモの品種改良普及でも知られている、牧師さんで教育家の、アルザスのジャン・フレデリック・オベリンっていう人がいたの。

今の日本もすごく食料自給率が低いから、ひとつ間違えると大変なことになりかねないんだけど、昔々は飢饉なんてざらにあって、たくさんの人たちは餓死している歴史があるんだって、おばはんも言ってたわ。

でもって、一般の人たちは毎日の生活に手一杯でその先のことにまでなかなか手がとどかないんだけど、世の中には時々、とても先見の明のあるえらい人も現れてくるみたいなの。その一人が岡山の倉敷紡績の大原孫三郎っていう人だったの。

この方はクリスチャンだったんだけど、自分の受け継いだ会社の従業員の生活の実態を見て、これは何とかしなくてはいけないって思って、いろいろな改善をしたの。この大原さんがつくったのが大原美術館よ。そして、自分の力だけではとてもどうしようもないからって、暉峻(てるおか)義等っていう人に協力を頼んで、倉敷労働科学研究所が出来たの。今は四国の松山にしか残っていない労研饅頭(まんとう)もこの
研究所で、給食の改善を考えて作り出されたものだったんですってよ。

そんな大原孫三郎さんが当時の中国に視察に出かけた時にそこでスラム街の孤児達の世話をしていた清水安三っていう人に出会ったって言うわけ。で、大原さんは清水さんが気に入って、この人がアメリカのオハイオ州にあるオベリン・カレッジの神学部に留学できるように援助したわけよ。このオベリン・カレッジっていうのは、アルザスのオベリン牧師の名前からきてるの。

そして、時がたって、1945年、日本は戦争に負けて清水安三も日本に引き揚げてきて東京の町田に桜美林学園を作ったんですって。うーん、知らなかったなあ、っておばはんも言ってたわ。

意外や意外よね。日本の昔の人たちってえらかったのね。その桜美林で教えていた、川島四郎先生や岸田袈裟先生の業績ももう一度よく見直したら、日本のこれからのために役に立つことがたくさんあるはずじゃないの。岸田袈裟先生は女性でもアフリカで何十年も研究してこられた方だけど、お二人の研究はこれから先の日本のいざというときに必要なことみたいな気がするわ。

あっと、もうこんな時間。今日はおばはんが午前中のミサに行くつもりみたいだからこのへんで終わりにしておくわね。ほんじゃ、またね。





コメント

非時香菓

2008-04-13 11:48:48 | Weblog
こんにちは~、マリーで~す。おひさしぶり。だって、うちのおばはんが忙しくなっちゃって、あたしも全然お呼びがかからないのよ。ひまでひまで困っちゃうの。

でも今日は本当に久しぶりにあたしに仕事を任せるんですって。自分は監督だけしてればいいと思ってるのよ、あの人。

それで、今日の話はね、うちのおばはんの知り合いの方が日記で、橘本神社「春祭 菓子祭 銘菓奉献祭」の記事を書いたのね。それが話の始まりよ。

ここはお菓子の神社として知られているところなんですって。日本全国の製菓業者、お菓子屋さんの神様なのね。祭神は古事記の昔、垂仁天皇の勅でそれを食べれば不老長寿になるという非時香菓(ときじくのかくのこのみ=橘)を探しに常世の国に出かけた田道間守(タジマモリ)って、あんちょこの丸写しでごめん、許してね。だってあたしはケータイだもん。わかるわけないじゃない。

でもって10年後に田道間守がやっと橘を手に入れて戻ってくると、天皇はすでに崩御されていたんですって。悲しんだ田道間守はご陵前に橘を献じてそこで死んでしまったのでしたって書いてあるわ。その田道間守は橘=非時香菓からいつしかお菓子の神様として知られるようになったのでした、ということらしいのよ。

とにかく古事記や日本書紀の時代だから相当ふるい話よね。

うちのおばはんは、知り合いの方の書いたこの神社のお祭りの話や写真を見て、自分が今お勤めしているところの屋上の神社を思い出したのよ。東京のど真ん中の昔からの有名なところなのよ。

おばはんの知り合いの方は日ごろから熱心な日蓮宗の信者のお人なのね。だけどそれとこれとは別で、お菓子の神様の神事も大事にしているの。日本人だったら当たり前みたいよ。

いやいや、日本人だけじゃないらしいのよ。あのねえ、ヨーロッパの昔からのキリスト教の国でも、その国の人たちがキリスト教を信じるようになる前のその国のもともとの宗教の行事が今もいろいろな形で生き残っているんですって。

うちのおばはんは、なまいきにも日本とキリスト教の問題なんていう面倒くさいことを考えたりしてるんだけど、お菓子の神様の神事や、デパートの屋上の神社の存在を見て、これは本を読んだり頭で考えてどうのこうのというよりも、実際にお祭りや神事の中に入り込んで自分の心での体験が必要じゃないかって感じたんですって。

自分の中に生きている昔からの日本人の心を改めて見直して見たいって思ってるのよね。民俗っていうのかしら、古めかしくて馬.鹿らしい様に見えるものの中に大切なことが隠れているって言うのよ。あたしにはよくわかんないんだけど、確かに、現代のこの時代にも屋上の神社がチャンと大切にされているっていうのは無視してはいけない何かがあるのよね。

うちのおばはん、当分はくたびれ過ぎちゃって教会さえ時々しかいけなくなっちゃってるけれど、日本とキリスト教の問題を考えようと思ったら、もっと日本の心、神道の心のことも勉強した方がいいのかもね。

今日のあたしの話はこんなところでいいのかしら、うちのおばはんがOKしてるからこれで引っ込むわね。それじゃあ、またね。
コメント