広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『公園のお風呂ダヌキ』-28 (完)

2010-08-01 11:27:25 | 連載
 こんにゃくさんは、飼い葉桶の中でニコニコ笑っているちっちゃな赤ちゃんを思いだしました。それからご聖体を思い出しました。すると胸の中が不思議なあたたかさでいっぱいになって、なんとなくうれしくなってしまいました。
 「タヌキさん、私、今度から新藤さんとも一緒に遊ぶね」
 こんにゃくさんがそう言いかけた時、公園はすっかり日が暮れて、タヌキの姿はいつのまにか元の場所に戻っていました。
 
 それからしばらくして、いよいよ明日はクリスマス・イブです。学校も終業式です。朝から寒い一日だったのですけど、夕方になると、今年初めての雪が降りはじめました。
 雪は一晩中降りつづいて、翌朝子どもたちが目を覚ますと、外は一面の銀世界でした。
 こんにゃくさんは長ぐつをはいて学校に出かけました。終業式が終わって、明日からは冬休みです。
 学校の帰りに、こんにゃくさんはふと何かが気になって公園に行ってみました。
 公園もすっかり雪景色です。
 こんにゃくさんはお風呂ダヌキの姿をさがしました。ところが、タヌキがいません。
 いつもタヌキが座っていたところには、ただ雪がつもっているばかりでした。
 こんにゃくさんは呆然としてしまいました。

  (タヌキさん、お風呂ダヌキさん)

  知らないうちに、こんにゃくさんはお風呂ダヌキに向かってよびかけていました。
  けれども、タヌキのこたえはありませんでした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こうしてお風呂ダヌキはこんにゃくさんの前から姿を消してしまったのです。


 

 こんにゃくさんは今でもちゃんと教会に行っています。お風呂ダヌキの教えてくれたことも忘れていません。だけど時々、お風呂ダヌキにもう一度会いたいなあ、会って「ありがとう」って言いたいなあって思っているのです。

2010.8.1 gooblogに再録(完)



追) 今は亡き、アルフォンソ・ネブレダ師に感謝。ネブレダ師がおいでにならなければ私のいくつものお話は生まれませんでした。分かり合えないままだった部分も、含めて良き先生でした。

  




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『公園のお風呂ダヌキ』-27 | トップ | 久しぶりに物置を覗きに来ました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

連載」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事