好事家の世迷言。

調べたがり屋の生存報告。※主にミステリ・SF・ファンタジー要素の小説やゲームの記録です。

関東の厳寒

2018-01-31 | 出来事
厚さ2cm近い氷

ジャンプ(9号)私的雑感。

2018-01-30 | ジャンプ
「記憶処理」って語にゾクゾクするようになってる近頃。

----------------------------------------------------------------------

★覚えた台詞、三番勝負。

1.「辛いことと向き合ってるだけじゃ、きっとキラメけないのさ☆」
(『僕のヒーローアカデミア』)

2.(今後、君に“マグレ”という単語を使うのはやめよう)
(『ハイキュー!!』)

3.「あやまってくれたらいいよ!」
(『トマトイプーのリコピン』)


※補記
読切『青春!!サナエの太陽』(by内藤裕紀)、掲載。

----------------------------------------------------------------------

それでは。また次回。

廃墟の探索。1周目。

2018-01-29 | その他ゲーム
DS『アナザーコード 二つの記憶』を1周クリアした。

ところで、全く自慢にならないが、私はいわゆる「脱出ゲーム」
(「クリムゾンルーム」などのアレ)を、一度も解けた試しがない。
そんな私が『アナザーコード』を独力で解けるわけがなかった。

そもそも自分が屋敷のドコに居るのか分からなくなって迷う。
画面の中のドコを探したらいいのか分からない。
どの道具をどう使ったらいいのか分からない。
攻略サイトを読みながら進めても分からない。
紙とペンでメモを取らないと伏線を覚えられない。

そして、3時間半程度で全部読み終えて、
細かい部分が全然記憶に残ってない事に気づいて愕然としてる今。

私としては、1948年の事件と1994年の事件とが、
もっと直接に密接につながってると期待していた。
記憶がテーマでミステリなら、主人公アシュレイの記憶自体に
間違いがあるんじゃないかとか色々想像していた。
そういった自分が予想してた事がやけにアッサリ終わった……と、
私は感じたが、もしかしたらアチコチ見落としてる可能性もある。
というわけで、もう1周だけ進めようと考え中。

それでは。また次回。

『ラスト・ビジネス』まえがき。

2018-01-28 | ゲームブック二次創作
新しいゲームブック二次創作が完成した。
今回は一段と難産だった。

当初は、『ルパン三世』ゲームブックのエピソードを、
ヴァイス達の冒険として扱う予定だった。
が、ルパン世界のエピソードでは、
どうしても「変装」と「銃弾」の描写が必要だと悟る。
変装は魔法の延長線で描けるが、
銃弾は上手くいかない。(残弾数での分岐点とか有る)

それなら今一度、正統派のファンタジーで……と考えた矢先、
古本屋で見つけたのが、『ファイナルファンタジー2』のゲームブックだった。
かつてゲーム(私の場合はGBA)でプレイした内容とは
大幅に異なっているように感じたが、媒体が違えばよく有る事だ。

というわけで。例によっての注意事項。

・当ブログにて、週1~2回の割合でupします。
・ストーリーは、ゲームブック版『ファイナルファンタジー2』に沿っています。
・チート上等。私なりの最適ルートを選んでいます。
・主要キャラは『暗黒都市へようこそ』の四人
(ヴァイス、アジュア、セーブル、エリュテイア)です。
・当ブログの、ゲームブック二次創作の世界は、全てつながっています。
 他作品も踏まえて読んでいただけると、より楽しめます。
・今作でもサブタイトルに、とある「縛り」を行っています。

それでは。また次回。

迷宮の図書館。後段。

2018-01-27 | その他ミステリ
『薔薇の名前(下巻)』(byウンベルト=エーコ)、読了。

(上巻の感想はこちら)

後半の1冊読むだけで1週間。

その1冊だけでも、更に二人死に、
二人が異端審問で犯人としてしょっ引かれ、
あと上巻最後の女も火炙り確定という鬱展開。

そんな重苦しい私の気持ちを吹き飛ばしてくれたのが、
最後の犯人が明かされてからのカタストロフィだった。
空調完備の迷宮図書館の壮絶な末路は、
まさに地獄と呼ぶに相応しい。
特に本好きとしては想像するのも恐ろしい。

……だったのに。
解説文で、気分が台無しになった。

解説の訴える読み方をしないと
「壮大な仕掛けの〈慰め(と書いて「エンターテインメント」とルビ)文学〉に転落」
すると言い切られて。

物語は全て、楽しめる娯楽だと考えてる私には、
これを読む資格がないんだろうか……?

それでは。また次回。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(1周目)

2018-01-26 | CRAZE系
改めて初周プレイして調査。

本作では、
【恋人が自殺するか失踪するか】
【村でお種に会うか会わないか】
で、ストーリーが以下の4つに分岐する。
『魔女復活編』
『金塊編』
『不老不死編』
『忘れられた谷編』

1周目は、【恋人自殺】【お種に会わない】に固定につき、
自動的に『魔女復活編』ルートとなる。

そんでもって。自動的にバッドエンド確定なんである。

1周目ではどう足掻いても、
何者かに噛み殺される『永遠の闇の中で』(第1巻)か、
事件を有耶無耶に誤魔化される『消された真実』(第2巻)にしか
到達できない。
道理で攻略サイトを眺めていても違和感があったはずだ。

さあ、頑張って次行こう。

それでは。また次回。

太鼓の達人「ちびドラゴンと不思議なオーブ」プレイ記録。(その8)

2018-01-25 | RPG
「ちびドラゴンと不思議なオーブ」の「ハーモニー城」クリア!
(ストーリークリア)

前回の続き。

問題のラストバトルをクリアするまで1週間。

姫のフルパワーにより紡がれる、作品のテーマソング。
これなら楽勝、と最初は思った。
ところがマオウも、どうして手強い。
本気モードで攻めてくる。
譜面を隠すのみならず、姫の歌をマオウの歌へ、浸食して上書きされる。
結果、姫とマオウと、2人文の曲が混ぜこぜのカオス。
前のバトルの、全部マオウの曲だった方が遙かに楽。

今までの「太鼓の達人」ストーリーモードなら、
仲間のレベルを上げたり、装備品を変えたりすればまだ勝機があったが、
この度の作品では、「所持金」も「経験値」も存在しない。
とにかく自分自身の演奏を練習するしかない。

ボタンをタッチペンに切り替えて、画面の右端から譜面を予測して、
カチカチカチカチ叩き続けて、勝てた時にはまた変な声が出た(笑)。

後に残るは、ストーリーモードでの追加曲の練習と、それから「秘宝」を探す事。
攻略サイト、調べてみますか。

それでは。また次回。

幻想風景

2018-01-24 | 出来事
火曜早朝の近所

ジャンプ(8号)私的雑感。

2018-01-23 | ジャンプ
相撲取りが運転しちゃいけないって、ジャンプのおかげで知ってました。

----------------------------------------------------------------------

★覚えた台詞、三番勝負。

1.「みんなの笑顔のための道具なんだろ……?
だったらさ……まず先生自身が笑えねーで、どーすンだよ……!」
(『BORUTO』)

2.(恐いけど、それでも欲しい勝利(もの)がある!!)
(『日ノ丸相撲』)

3.「1本の映画のために、70億人から、たった一人を探し続けてる。
そういうバカを映画監督と言うんだが。俺もその一人なんだよ」
(『アクタージュ』)


※補記
『アクタージュ』(byマツキタツヤ、宇佐崎しろ)、連載開始。

----------------------------------------------------------------------

それでは。また次回。

雪の日に

2018-01-22 | 出来事
お気に入りのを食べる