好事家の世迷言。

調べたがり屋の生存報告。※かつては名探偵コナンと逆転裁判、今はシティーハンターとADV全般の話題が主。

『尚も生きる。手を取りて』第42話「打ち明けられる事実」

2019-11-27 | ゲームブック二次創作

「スカル藻だわ! 任務達成ね!」
「これも神の思し召しってやつだね! さあ、それをちょうだい。
 あなたにとって大事な話をしてあげるから」
「おめでとう、あなたは試験に合格よ」

三人を代表して、内の一人が語り始めた。
よくよく見れば、彼女たちのほんの少しずつの違いを感じ取れた。

「もう知ってると思うけれど。あなたはザラダン・マーが創った魔物。
ある意味では息子にあたる存在。ザラダンが私たちの息子であるように。
 だけど、ザラダンは滅ぼされなければならない。
彼は、この世界のバランスを乱そうとしているの。
 本来なら、これは私たちドリーの者の役目。
ただ、彼の力は私たちを既に超えている。
彼を倒せるのはあなたしかいない。
彼を倒せたその時、あなたの真実が明かされるわ。
 これ以上、私たちからは無理に話さない。自分で知る事が大切なの」

続く言葉を、二人目が引き取って話し出した。

「ザラダンに会うなら、よじれ樫の森にいる白髪のエルフ、
ダーガ・ウィールズタングを探して。
 ダーガなら『ガレーキープ』に入るための情報を知ってるわ。
ザラダンの住む、空飛ぶ方舟に。
 でもダーガの言葉は気をつけてね。彼と話す時には、
この『真実の指輪』を見せてからにするのよ」

またも大きな石の入った指輪を渡された。
何でこの世界の偉い奴らは、こういう曰くつきの道具を使いたがるのか。
最後、三人目が陽気に言った。

「ダーガの近くには、オフィディオタウルスが居るはずだよ。
あの生き物がダーガの所へ導いてくれるから。
 このスカル藻は、あなたの幸運を祈る術に使わせてもらうからね」


この記事についてブログを書く
« ジャンプ(52号)私的雑感。 | トップ | 『ファイアーエムブレム 覚... »

ゲームブック二次創作」カテゴリの最新記事