好事家の世迷言。

調べたがり屋の生存報告。※かつては名探偵コナンと逆転裁判、今はシティーハンターとADV全般の話題が主。

『尚も生きる。手を取りて』第32話「ロミーナへの対価」

2019-10-19 | ゲームブック二次創作

その家の中には、手の込んだ鮮やかな織物がそこかしこに飾られていた。

そのせいか、やや薄暗くとも、神秘的な雰囲気を感じられた。
部屋の隅のテーブルには、真鍮製の香炉が置かれ、ほっとする香が
たちのぼっている。香炉のそばには、一組のカードと水晶球があった。

「この私、ロミーナ・ドリーの力を借りたいのは誰?」

艶めいた声と共に、飾られた織物の1枚が揺れ、
明るい色のローブをまとった魔女が現れた。
彼女は、流れる前髪をかきあげながら、目を細めてナオを凝視した。

「あら。遠路はるばる旅をしてきたようね。なら、早速あなたの運命を
占ってあげる。ただし……対価は払ってもらうわよ」

ロミーナは、ナオから巾着袋を受け取ると、
金貨の枚数を確かめてから、婉然と微笑んだ。

「いい子ね。礼儀正しい人は好きよ。
前に、ちょっかいかけてきた奴には斬撃を飛ばしてやったけど、
あなたは違うようね。
じゃあ、まず、このカードを選んでいって」

ロミーナはナオを見つめたまま、カードをシャッフルする。
ナオが一声上げる度、彼女は手を止め、一番上のカードを読んでいった。


この記事についてブログを書く
« 映画ネタ×2。 | トップ | 名弁護士、不死鳥の世界線。 »

ゲームブック二次創作」カテゴリの最新記事