ロータリープロジェクトアーカイブ

国際ロータリー第2670地区(四国)におけるロータリーアンの奉仕プロジェクトをご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015年8月月次レポート

2015-09-25 10:41:58 | 奨学生(地区補助金)
【2014-2015年度】地区補助金奨学生 木原 慎一朗さん(今治南ロータリークラブ推薦)


9月1日、神戸の学生寮で修士論文(dissertation)を書き終えました。

先行研究のまとめ(literature review)、方法論の確認(methodology)、データの収集(data collection)に相当な時間を費やしたため、
収集データの分析(data analysis)、考察(discussion)、今後の研究課題の検討(limitation)などを本格的に書き始めたのは8月に入ってからでした。
バーミンガム大学に入学して以降、6本の論文課題(合計約24000語)を書き、それなりの評価を受けていた自信もあり、今回の15000語を甘く見ていました。
確かに、就職試験と並行して研究を進めることは負担になりましたが、毎日もっとコツコツと進められていたらよかったと反省しています。
特に、最後の2日間(8月30日、31日)は、これまでの人生で最も頭をフル稼働させた48時間でした。
何とかインターネットのマイページから修士論文を提出し、お気に入りのチョコレートを食べながらバクバクした心臓を落ち着かせました。
今回の評価は9月末に発表される予定です。これで卒業できるかどうかが決定するため、チョコレートに頼る生活はしばらく続きそうです。

その修士論文について、内容の概要は次のようになります。
第2言語を学習する教室において、生徒の発話に含まれる誤りに対し、教師は口頭でこれを訂正しますが(oral corrective feedback)、その訂正は以下の6種類に分類されます。
明示的訂正(explicit correction)、リキャスト(recasts)、明確化要求(clarification requests)、メタ言語的訂正(metalinguistic feedback)、誘導(elicitation)、繰り返し(repetition)です。
明示的訂正とは、生徒の誤りを否定し、正しい表現を提示することを言います。
リキャストとは、会話の流れを維持したまま、生徒の誤りを正しく言い換えることを言います。
明確化要求とは、生徒の自己訂正を促すために、言い直しを要求することを言います。
メタ言語的訂正とは、言語的(例えば時制や人称について)誤りがあることを指摘することを言います。
誘導とは、明確化要求と同じく、生徒の自己訂正を促すために、生徒の誤りの直前まで、その発話を模倣することを言います。
繰り返しとは、生徒の誤りを上昇イントネーションで繰り返すことを言います。
先行研究によると、上記6種類の口頭訂正フィードバックの中では、リキャストの使用頻度が最も高い傾向にあります。
これが日本人学習者を対象とした教室(Japanese context)にも適用されるかどうか観察しました。
4人の英国人教師の授業を観察した結果、先行研究の傾向とは必ずしも一致しませんでした。
すなわち、観察した授業の少なさを考慮する必要はありますが、日本人英語学習者に対する口頭訂正フィードバックの傾向には、それまでの傾向が適用されない独自性があることが明らかになりました。
また、この観察と同時に、自身の口頭訂正フィードバックについての各教師の信念(beliefs)について、アンケートによる調査をしました。
実際の教室活動における訂正の傾向と、自身の信念の間の乖離程度を明らかにするためです。
これを明らかにすることにより、教師が教室活動と信念のギャップを自覚することができ、よりレッスンプランに沿った授業を展開できるようになることが期待できます。
アンケート調査の結果と前述の教室内口頭訂正フィードバックの傾向を比較してみると、全体的に両者不一致の状況にあることが明らかになりました。
今回の研究の弱点としては、研究期間の短さと被験者の少なさが挙げられます。これを改善し、より精度の高い分析結果を出すことが、今後の研究課題です。
学生としての研究はこれで終わってしまいますが、これからも研究は続けていきます。それが、多くの方々に支えられながら学生生活を送った私の使命(mission)であると考えています。
趣味としての研究になりますが、その立場に甘んずることなく、第2言語習得(Second Language Acquisition(SLA))と英語教授法(Teaching English as a Foreign Language(TEFL))の研究領域に貢献できるよう精進します。

今治北高校在籍時から、海外(当時はどちらかというと米国志向でしたが)で勉強することについての憧れは持っていました。
しかし、自身の能力不足に加え、具体的な留学先のイメージが確定できなかったこともあり、大学院留学は夢のまま終わるところでした。
それが、こうして英国留学するに至り、グラスゴー・インターナショナル・カレッジ(グラスゴー大学の語学養成カレッジ)とバーミンガム大学で無事にコース修了まで在籍してこられたのは、資金援助があったからこそです。
日本人が学位取得のための留学をしないのは、日本の大学卒業時期と海外(主に欧米)の大学入学時期のズレ、海外の大学卒業時期と日本の就職時期のズレが大きな原因であると指摘されています。
この点、私個人の例のみを根拠に主張するなら、それは全く見当はずれの分析です。
確かに、日本の多くの大学は3月に卒業式を迎え、海外の大学の9月の入学式までは約半年間のギャップがあるため、その期間を無駄だと感じる気持ちは理解できます。
しかし、海外に1度も出たことがない学生にとって、そのための準備は不安なことだらけで大変であり、実際のところ、半年間では足りないくらいです。
その準備を日本の大学在籍中にするとしたら、研究に支障を来し、何のための留学なのかわからなくなります。
したがって、入学時期についてのギャップは、むしろプラスの側面が大きいと思います。
海外の大学の卒業時期についても、9月の卒業式から翌年4月の就職までのギャップが何の問題になるのでしょうか。
日本の就職活動の時期については、今年に大きな変革(就職試験解禁日の後ろ倒し)がありました。
残念ながら、それを実施しているのは一部の法人に限られているようですが、留学生(帰国生)にとって、いい方向に動いているのは間違いありません。
日本の大学生にとっても、夏季休暇中に就職試験を受けることになるため、これまでの就職活動状況と比較すると、勉学への影響が小さいと思われます。
にもかかわらず、今年の変革に否定的な意見が多いようですが、ニュースを見ている限り、納得のいく批判理由はありません。
前置きが長くなりましたが、日本人の留学を抑制している大きな要因は、留学にかかる費用であると考えます。
英国の大学に関していえば、その学費は日本の大学とは比較になりません。さらに、毎年30万~50万ほどの授業料の値上げは当然のように行われます。
銀行の教育ローンについても、そう簡単に受けられるものではありません。
このような状況において、日本人学生のための奨学金制度の存在は、非常に大きな助けとなります。
私の場合、ロータリークラブの補助金があったからこそ、英国留学を実現できたと言っても過言ではありません。
改めて、この場をお借りして、ロータリークラブの皆様に深く感謝申し上げます。

★グラスゴー・インターナショナル・カレッジ


★グラスゴー大学


★バーミンガム大学


コメント

2015年7月月次レポート

2015-08-18 10:05:02 | 奨学生(地区補助金)
【2014-2015年度】地区補助金奨学生 木原 慎一朗さん(今治南ロータリークラブ推薦)


修士論文(dissertation)提出前の最後の更新です。

今治と神戸で論文の執筆をしていると、グラスゴーとバーミンガムの涼しさが恋しくなることがあります。
先日のテレビニュースにて、ガーナからの観光客が、「(アフリカより)日本の方が暑い」と話していたのには笑ってしまいましたが、最近は笑えないほど修士論文と就職試験に焦っています。

思えば、留学直後は、常にわかりやすい英国らしさを求めていたような気がします。
ジェームズ・ボンドの愛車「アストン・マーチン(Aston Martin)」を見つけてはバチバチ写真を撮り、
ウイスキーはスコッチ(「シーバス・リーガル(Chivas Regal)」や「バランタイン(Ballantine’s)」など)にこだわり、
ショッピングセンターはニュー・ストリートのセルフリッジズ(Selfridges)と決めていました。
それまで海外経験がなく、ヨーロッパへの根拠のない憧れを抱いていた私にとって、目に映るもの全てが新鮮でした。

英国滞在中は、観光に関していうと、そのような物質的な珍しさに満足していたところがあったように思います。
しかし、帰国して以降、日本と英国の人間的な違いを強く意識するようになりました。
ケンブリッジ大学のクレア・カレッジに留学していた白洲次郎氏も指摘していることですが、英国人は、相手がメイドや執事であれ、食品雑貨屋の店員であれ、自分に何かをしてくれたときには、ほとんどの人がお礼を言います。
実際のところ、私の見てきた限り、バーミンガムでは、レジの会計をしてくれるスーパーマーケットの店員やチケットを切る駅員に対して、全ての人が必ず「Thank you」と一言お礼をする、とても気持ちのいい文化がありました。
ここで、私自身の日本での行動を振り返ってみると、何と横柄な態度をとっていたことかと反省することが多々あります。
料理を運んでくれたウェイトレスやウェイターに何も言わず、お弁当を温めてくれたコンビニのスタッフから黙って商品を受け取ることが多くありました。
東京大学法学部を首席で卒業した後、財務省官僚を経て、現在は弁護士として活躍する山口真由氏(2015)の著書『いいエリート、わるいエリート(新潮新書)』によると、留学経験は人間の傲慢さを取り去る手段として効果的なようです。
私の場合、その指摘通り、バーミンガムでの生活を通して、自分の驕りに気づくことで、人間的な成長があったと思います。

2020年に開催される東京五輪の1つのアピールポイントとして、日本人の「おもてなし」精神が大きく取り上げられていますが、「おもてなし」される側にもそれ相応の品格が必要であると思います。
従順なホストに徹するのではなく、時には相手の行動を戒めることも必要でしょう。
「おもてなし」に対する相手の行動にどのようなレスポンスを返すかが、国際的な立場における日本の今後の評価を左右することになると思います。

ロータリークラブでも頻繁に聞く言葉ですが、コミュニケーションは「インターアクト(interact)」なもので、発信者と受信者相互の意思が釣り合ってこそ、親密な関係を築けるものだと考えます。
渡英前は、自分の意思を上手く伝えられるかのみに気を取られていましたが、会話の中で、相手の意思を上手くくみ取ることにも注意すべきだと気づかされました。
相手の善意を受け取る際の心のあり方が、学業と共に今回の大学院留学で学んだ大きな収穫の1つです。

次回の更新時には、既に修士論文を提出し終わっています。研究の成果に加え、これまでの留学生活の集大成について、書いていこうと思います。

★アストン・マーチン


★セルフリッジズ


★バランタイン
コメント

2015年6月 月次レポート

2015-07-14 11:45:44 | 奨学生(地区補助金)
【2014-2015年度】地区補助金奨学生 木原 慎一朗さん(今治南ロータリークラブ推薦)

就職試験のため、神戸の学生寮からの更新です。

英国では体験できない梅雨の暑さに早くも夏バテしそうですが、日本の健康的な食生活を続けていれば安心です。

グラスゴーとバーミンガムの生活で、雨には慣れているつもりでしたが、日本の大粒の雨は、英国のしとしと降るそれとは全く違います。
ところで、私の見てきた限り、英国人は少々の雨では滅多に傘をさしません。
現地で傘をさしているのは、ほとんどがアジアからの留学生です。
渡英前は、霧雨の中こうもり傘をさして歩く紳士たちの姿をイメージしていたので、びしょ濡れになりながらも気にしない英国人の実情には衝撃を受けました。
学生の間では、傘の代わりにフードを被るのが主流です。
一気にまとまった雨が降る日本と違い、天気が不安定で、いつ雨が降り出すかわからない英国では、かさばる傘より気軽に羽織れるフード付きコートの方が合っているのかもしれません。



バーミンガムで生活していながら、これまでのレポートでは、現地の観光スポットをほとんど紹介していませんでした。
そこで、今回は、バーミンガムを訪れる観光客の間で人気の行楽地について書こうと思います。

妻で女優のヘレナ・ボナム=カーターとロンドンに在住する映画監督、ティム・バートンの「チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)」の
モデルとなったチョコレート工場が、バーミンガム郊外にあります。世界的に有名なチョコレートメーカー、「キャドバリー(Cadbury)」社の工場です。


会社のイメージカラーである紫に包まれたその工場周辺は、できたてのチョコレートの甘い香りが漂い、館内(「キャドバリーワールド(Cadbury World)」)に入る前からうきうきします。
劇中でチャーリーたちがウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)に案内してもらったように、館内は、チョコレートの製造過程をトロッコに乗って体感できる遊園地のようになっています。
その終着地で、工場で作ったチョコレートを食べたり飲んだりすることができ、チョコ好き(chocoholic)にとっては最高のツアーです。
味はというと、いかにも外国産のチョコレートという感じで、日本人の間では好みが分かれそうです。
しかし、それが意外と癖になり、その「キャドバリーデイリーミルク(Cadbury Dairy Milk)」目当てに通い詰めてしまう恐ろしい魅力があります。
紫のパッケージに金色のサインが印刷されたそのチョコレートは、日本の一部のお店でも入手できるようなので、興味がある方にはおすすめです。
館内には、もちろんお土産コーナーが設けられていて、オリジナルグッズや様々なチョコレートの山が眩しいです。
以前のレポートで言及したピザと比べて、ここのチョコレートを全種類制覇するのは相当時間がかかりそうです。



またバーミンガムに戻る時は、どんどん新しい穴場を開拓していこうと思います。そのために、早く内定をもらわなければなりません。
就職活動と修士論文執筆の両立は、想像していたよりはるかに厳しいです。
2010年に、米国「Time」誌の「今年の人(Person of the Year)」に選ばれた、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグは、
「完璧を目指すよりまず終わらせろ。(Done is better than perfect.)」と言いますが、その言葉通り、まずは修士論文の指定文字数を書き上げることにします。
コメント

2015年5月 月次レポート

2015-06-12 13:03:25 | グローバル補助金(人道的プロジェクト)
【2014-2015年度】地区補助金奨学生 木原 慎一朗さん(今治南ロータリークラブ推薦)

日本からの更新です。

5月28日の昼にエミレーツ航空でバーミンガム空港を発ち、ドバイ経由で、翌日29日の夕方に関西国際空港に着きました。
昨年9月下旬に渡英して以来、約8ヶ月ぶりの帰国になります。

関西学院大学在籍時にお世話になった神戸の学生寮に向かう高速バスの中で、日本語表記の見慣れた看板や関西方言の会話が飛び込んでくると、
それまでの緊張が一気に解け、どっと疲れたような気がしました。
その学生寮に3日間宿泊し、就職のための筆記試験を三宮で受けました。
今回、この時期に帰国したのは、就職活動を日本で行うためです。
幸い、今年から多くの企業が採用試験時期を遅らせているため、バーミンガム大学の授業を全て終えてから就職試験に臨むことができました。

もう講義が行われることはないため、この時期には同期の留学生の多くが帰国します。
私と同じく、日本人留学生も数人帰国していますが、そのほとんどは、修士論文のためのデータ収集(アンケートやインタビューなど)を母校で行うための一時帰国です。
大学の規則により、8週間以上の帰国は難しいようですが、期限ぎりぎりまで今治に滞在するつもりでいます。
そのため、指導教授とはメールでやり取りし、論文の大半を日本で仕上げることになると思います。
励まし合い、支え合えるクラスメートや、通い慣れた大学・教育学部図書館から離れて研究を進めるのは大変なことだと思っていましたが、
食事のバランスや生活のリズムを考えると、実家で執筆する方がいいと思えるようになりました。
気分転換のために、今治市立図書館に勉強場所を移すこともあるので、今治南ロータリークラブの皆様や、
以前にクラスを受け持った塾生たちに会うこともあるかもしれません。

正直なところ、この8ヶ月で目覚ましい成長があったかどうかは微妙なところですが、これから卒業までの残り3ヶ月間、文献調査やデータ分析を通して、留学の成長を自覚できるように頑張ります。

心配していた前ターム(Spring Term)の成績については、5月11日にその評価が返ってきました。
3本の論文全ての論理構成に自信が持てないまま提出したのが気がかりでしたが、全体的に、第1ターム(Autumn Term)よりいい成績がつけられていて安心しました。
これで、あとは修士論文を提出しさえすれば、バーミンガム大学を卒業できることになりました。
繰り返しになりますが、今は就職試験と並行して、修士論文の執筆に全力を尽くすのみです。

前回のレポートで言及した通り、論文のテーマは、「日本人学習者を対象とした外国語としての英語学習のための教室における教師の口頭訂正フィードバックと
その信念の関係性についての一考察(An investigation into the relationship between teachers’ oral corrective feedback and their beliefs in EFL classrooms in Japanese contexts)」です。
具体的には、教師が英語の授業中に用いる誤用訂正の種類とその割合を集計し、生徒のどのような発話ミス(文法ミス、語彙選択ミス、発音ミスなど)に対して、
その誤用訂正が使用されているか分析します。
その分析結果が、教師の信念(teachers’ beliefs)とどの程度一致もしくは乖離しているかを量的・質的観点からさらに分析し、
今後の授業の参考材料にすることになります。

そのためのデータ収集として、5月13日に、ビデオカメラとボイスレコーダーを持って、ロンドン郊外の日本人学校(プライバシー保護のため、
ここで学校名を出すことはできませんが、素晴らしい環境の学校でした。)に授業見学に行ってきました。
その時に記録した動画・音声データについては、まだ見直しの段階で、ほぼ全く分析作業ができていないため、
学校の様子も含めて、次回以降のレポートで詳しく報告させて頂きます。

その学校は、馬や羊の群れが走り回る平原が広がる地域にあります。
バーミンガムからは少し遠いので、訪問の前日にギルフォードYMCAで1泊しました。
ロンドンのウォータールー駅からギルフォード駅で下車し、そこからタクシーに乗って学校に向かいます。
雨が多い英国では珍しく、その日は清々しい青空でした。
タクシーからは、日本でイメージしていた通りの本当に美しいイングランドの田舎の風景を見ることができ、アガサ・クリスティの小説の中に入り込んだようでした。

授業見学が終わると、再びウォータールー駅まで引き返し、歩いてロンドン観光をしました。
クリスティ文学ではベルギー人のエルキュール・ポアロが有名ですが、推理小説つながりということで、
恐らく世界で最も有名な探偵、アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズのお屋敷を訪ねることができました。
ベイカー・ストリート221B番地にあるホームズ邸は、シャーロック・ホームズ博物館として人気の観光スポットです。
中に入ると、作中でホームズが使用する筆記具やパイプのほかに、インバネスコート(二重マント)やディアストーカーハット(鹿撃ち帽)がお土産として売られているため、全身ホームズになりきることもできます。

アビー・ロードの近く、シャーロック・ホームズ博物館の隣には、ビートルズ・ストアがあり、ここでしか買えない限定品がたくさん並んでいます。
このお店には日本人スタッフが多く、日本語でのやり取りが可能なため、妙な安心感がありました。

英国の作家と言えば、ほかに「不思議の国のアリス(Alice’s Adventures in Wonderland)」のルイス・キャロルや「二都物語(A Tale of Two Cities)」の
チャールズ・ディケンズ、「ハムレット(Hamlet)」のウィリアム・シェイクスピア(厳密に言うとシェイクスピアは作家というより戯作者ですが)が有名ですが、
ロンドンのいたるところで、彼らの息吹が感じられます。大英図書館の入り口では、アリスとチェシャ猫が来場者を出迎えてくれます。
クリント・イーストウッド監督作品「ヒアアフター(Hereafter)」でマット・デイモンも訪れたチャールズ・ディケンズ博物館には、ディケンズの原稿や書物机が保管されています。
街角のパブに目をやると、シェイクスピアの肖像が飾ってあります。

その日の最後に、映画「ナイトミュージアム:エジプト王の秘密(Night at the Museum: Secret of the Tomb)」の舞台として盛り上がっている大英博物館を訪れました。
やはり1番人気はロゼッタ・ストーンで、周りにたくさんの観光客が集まっていました。
ヒエログリフを1行ずつ丁寧に写真撮影している人も多く、列の先頭にたどり着くまでに相当時間がかかりました(別室にあるレプリカの方はガラガラでしたが)。
パリのルーヴル美術館と並んで、何度訪れても必ず後悔が残る博物館と言われているだけあって、展示品の全てを満足に見て回ることはできませんでした。
また訪れる機会があれば、ある程度予習しておく必要がありそうです。

その日のうちにバーミンガムに帰ることは難しいため、「ハリー・ポッター(Harry Potter)」のロケ地として使われた9と3/4番線のあるキングス・クロス駅から歩いてすぐのヨーロピアンホテルに宿泊しました。
駅の構内に行ってみると、ホグワーツ魔法魔術学校のグリフィンドール寮の女の子が、シロフクロウと一緒にちょうど魔法界に出発するところだったので、写真を撮らせてもらいました。

今回のロンドン観光では、ビッグベン、ロンドン・アイ、ウェストミンスター寺院などのメジャーなスポットは時間の都合上、外観を見るだけでしたが、次回は是非中まで見学しようと思います。
セント・ジェームズ公園沿いのザ・マル通りからバッキンガム宮殿に行き、ピカデリーサーカスからクイーンズ・シアターに抜け、「レ・ミゼラブル(Les Miserables)」の舞台を観られる日を楽しみにしています。

その日のために、修士論文の執筆に励みます。


★バーミンガム空港


★シャーロック・ホームズ博物館


★大英博物館



 
コメント

障がい者就労支援施設に働く人々のグループホームにおける防災・減災対策と備品寄贈

2015-05-18 11:49:32 | その他奉仕プロジェクト(地区補助金)
【2014-2015年度】地区補助金プロジェクト 高知中央ロータリークラブ

高知県にて近く発生することが予想される南海トラフ大地震に備え、
共同生活援助・短期入所事業所「グループホームら・ら・ら」の施設及び入居者への防災減災対策を実施しました。

ます第一に、巨大地震において予想されるガラスの飛散や、備品の転倒による事故への防災処置として、
玄関やロビー、入居者各部屋のガラス窓に飛散防止フィルムの貼り付けをし、冷蔵庫や各種備品に転倒防止ストッパーを取り付けました。

次にホーム職員に対して、有識者を招へいし、先駆的な事例や取り組みを防災講習として行い、有事の際の知識や備えの向上を図りました。

また、常に大地震への不安を抱いて生活している入居者に避難グッズや備蓄を寄贈しました。
手に取って触れることが出来る避難グッズ等を寄贈することによって、精神的な安らぎを寄与することが出来ました。

これらの活動により、ソフト、ハード面での防災・減災が実現でき、
地域の社会的弱者及び受け入れを担う施設への人道的な支援と貢献が大いに実現すると考えます。                                                                

                                                   
★会員による劣化フィルム剥ぎ取り


★転倒防止ストッパー取り付け


★講師を招いての防災講習


★集合写真
コメント