m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

信州秋の旅2014【岡谷の町歩き】

2014-12-22 | 信州秋の旅2014


旧林家住宅を見学した後は腹ごしらえに岡谷の名物、うなぎを食べようと小松屋へ向かった。
ここは旧林家でもお墨付きをもらってやってきたお店。
お手頃価格で美味しいうなぎが食べれる。





腹ごしらえも済んで、最後に岡谷の町を歩いて回ることに。





大正3年竣工の丸山タンク。





製糸業には良質の水が豊富に必要であったことから、天竜川からくみ上げた水を
製糸業地帯へ給水を可能にした。





昭和6年設立の翠川病院





製糸業の遺産である明治時代に建てられた繭倉庫。
現在は卸業の株式会社金上が譲り受け、改修し、倉庫として使用している。






神渡酒造





旧山一林組製糸事務所・守衛所
大正10年建築
事務所内には、欅の玄関カウンターやリノリウムの床などが残されているそう。

現在は絹工房として、絹織物研修・制作に利用されているそうだけれど、この日は定休日だったようで
中には入れなかった。





門を入って右手の守衛所も事務所と共に登録有形文化財。





割烹、寿々喜亭





昭和3年築、岡谷聖バルナバ教会。





科学模型サスキチ





よく見るとチップタイルで外壁の模様が作られていた。






レトロなパチンコ屋さん柳月。

















昭和11年建築、旧岡谷市役所庁舎。
現在は消防庁舎として使用されている。





中を見せて頂けないかとダメ元で尋ねてみると、快く了承して頂け、内部も案内して頂くことができた。









もう少ししたら消防庁舎もここから移転するとのお話だった。

















2階には普段、消防隊員の方々が訓練に使う体育館のような部屋もあった。


岡谷でもチェックしていた建物をほぼ全て網羅し、お腹いっぱいになって帰途に着いたのだった。
楽しく、充実した三日間をありがとうございました。




コメント   この記事についてブログを書く
« 信州秋の旅2014【岡谷・旧林... | トップ | クリスマスパーティー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

信州秋の旅2014」カテゴリの最新記事