m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

埼玉&東京&横浜のタイル&建築巡り2019【日本橋のタイル&建築巡り】

2019-05-30 | 埼玉&東京&横浜のタイル&建築巡り2019

日比谷から東京メトロで日本橋まで移動してきた。

日本橋まできたのは、高島屋の屋上の小森忍の陶器の噴水を見るため。

10時開店まで、チェックしていた建物巡りと、日本橋方面へ行くというと、即座に送ってくれた

TTKメンバー情報によるタイルスポットを巡ろう。

 

 

大正9年建築の山二証券ビルはスパニッシュ様式の建物。

 

 

丸窓を飾るテラコッタの装飾が優美。

 

 

アーチのある玄関扉の両脇にはねじり柱

 

 

更にバルコニーと見どころの多い建物だった。

 

 

お隣の昭和9年建築のフィリップ証券。

 

 

昭和3年に建てられた日証館は現在、賃貸事務所ビル。

 

 

ここの玄関ホールの内装がすごい。

 

 

天井のモールディングが重厚感いっぱい。

 

 

大理石の柱と床

 

 

そして階段も。

 

 

エレベーターホール

 

 

照明を真下から見上げる。

 

 

 

 

洋風の格天井?!

 

 

そしてタイルポイント都寿司へやって来た。

 

 

お店全体もタイルに囲まれているのだけど、そのタイルの外壁に貼り付く魚の陶板がかわいい。

 

 

 

 

喫茶桃乳舎。明治22年に牛乳店として創業。現在は激安の洋食屋さんだそう。

建物は昭和8年のものだそう。

建物の天辺には桃のレリーフが。

 

 

大正14年建築の永楽屋は洋品店。

 

 

 

 

更にチェックポイントの室町ビル。

 

 

濃紺とグリーンの濃淡のタイルがめちゃきれい!

 

 

大小のペアでリズミカルに並ぶ窓。

 

 

この色に、惚れ惚れ。。

 

 

このコーナーにも惚れ惚れ。。。

 

 

 

 

 

素敵すぎる室町ビル。

教えてくれてありがとう~

 

 

更にタイルチェックポイントへやって来た。

中華料理の大勝軒。

こちらは取り壊しのうわさがあるそう。

 

 

グリーンのタイル貼りの外壁に、

 

 

大勝軒の文字にモザイクタイルが貼られてた。

 

 

そしてその向かいの鶏肉屋さんの鳥萬。

 

 

この店先にもタイル貼りの台が。

 

 

マーブルタイルの縁。

この後は日本橋高島屋へ向かった。

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 埼玉&東京&横浜のタイル&... | トップ | 埼玉&東京&横浜のタイル&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

埼玉&東京&横浜のタイル&建築巡り2019」カテゴリの最新記事