m's diary

日々の暮らし、旅、建築巡り、クラフト、など気ままに・・

山口・広島の旅【呉のアレイからすこじまと煉瓦倉庫群他】

2011-04-25 | 山口・広島の旅2011


山口・広島の旅、二日目の宿泊は旦那、子どもたちのリクエストにより呉にて。
三日目の朝一人早朝散歩の後、家族でまずやって来たのは「アレイからすこじま」
ここは戦前は呉海軍の本拠地だったエリアで国内で唯一、現役の潜水艦を間近に見ることが出来る公園。





海上自衛隊の潜水艦と護衛艦を見ることができる。
日曜日には護衛艦の一般公開があるそうだけど、この日は残念ながら日曜じゃなかった。
この時も雨がザーザー降りで灰色の海と同化するかのような潜水艦・・





これは潜水艦などへの魚雷の積み下ろしに使用されていた旧魚雷揚げ下しクレーン。
後で知ったがこの中へも入って見学することができたみたい。





潜水艦が泊まっている向かいには赤レンガの倉庫群が立ち並ぶ。
この倉庫群は明治30年代前半に呉海軍造兵廠水雷庫などとして建てられ、
旧呉海軍工廠時代には、電気部関係の建物として使われていたそう。
現在は、民間企業の倉庫やオフィスとして利用されている。













アレイからすこじまから呉の市街へ戻る途中にある海上自衛隊呉地方総監部。
明治40年建築の旧呉鎮守府庁舎。
ここもたしか中が見学できたはず、と門の中へ一歩足を踏み入れると、自衛官が飛んできて
ここから先は立ち入り禁止です!と言われてしまった・・
ここも日曜日だけしか見学できなかったみたい;





門の外からの撮影は可、とのことで門の隙間から・・
外壁はイギリス積みの煉瓦が使われ、呉を代表する煉瓦建築だそう。





昭和10年建築の海上自衛隊呉集会所(旧下士官兵集会所)





ここからは一人早朝散歩時に見たもの・・
カトリック呉教会。









ちょうど教会を開けに来られた方に、礼拝堂内を見せて頂くことができた。
こちらの教会はイエズス会の宣教師が設計し、昭和28年に建てられたものだそう。





ステンドグラスが細やかで美しい。
山口のザビエル堂にあったステンドグラスと同じものをスペインから取り寄せたものだそう。









呉YMCA。





波のレリーフがかわいい美容院。





呉の本通商店街にあった平岡医院。





コメント   この記事についてブログを書く
« 市民戦 | トップ | 山口・広島の旅【呉の広島焼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山口・広島の旅2011」カテゴリの最新記事