Richard's Blog

リチャードの雑記帳

R隊定例ハイク、鎌倉アルプス その3

2016-06-04 20:59:05 | ハイキング

ハイキング記事一覧

鎌倉ハイク その3 鎌倉宮へ

覚園寺のあとは、鎌倉宮へ行きました。

鎌倉宮は後醍醐天皇の第3皇子、大塔宮護良親王(おおとうのみやもりながしんのう)をまつっています。そのため大塔宮とも言います。1869(明治2)年、明治天皇によって創建された、比較的新しい神社です。

 

 

 

 

鳥居をくぐると、すぐ右側に盃割り舎があり、厄割り石が置いてあります。

 

 

 

石に投げつけて割ると、自分についた悪いもの(厄)を払うことができるとされています。

 

 

 

階段を進むと本殿。

 

 

 

 

 

 

 

拝殿の右側には、護良親王の部下の村上義光の像が置かれています。

「撫で身代わり様」といって、なでると体の悪いところを身代わりになってくれるとされています。

 

 

 

自らの命を捨ててまで、主君の身代わりとなった村上彦四郎義光の逸話にちなみ、今では多くの人々の願いがこの場所の「身代わり人形」に記されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを買って、願いを書きます。

 

 

 

 

解説版

13時6分、鎌倉宮から次へ向かいました。

 

 

 

 

次に向かったのは、源頼朝の墓。

 

 

 

 

鎌倉ゆかりの武将たちの墓があるようです。

 

 

 

 

この階段を登った上に頼朝の墓かあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頼朝の墓に寄った後、鎌倉八幡宮に向かいます。

 

 

 

 

八幡宮で結婚式なのか、花嫁さんが降りてきました。

 

 

 

 

そして、13時39分、八幡宮に来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

記念撮影

 

 

 

13時53分、八幡宮をあとに、きれいになった参道、段葛(だんかずら)を通って鎌倉駅に向かいます。

 

 

 

参道の途中から振り返ると八幡宮の石柱が。鳥居の先が八幡宮。

 

 

 

 

14時1分、鎌倉駅に着きました。

 

 

 

ガードをくぐり、江ノ電鎌倉駅前に。

そして、ここで解散し、各自自由行動としました。 ある人は江の島へ。 ある人は大仏と海岸へ。 そして、そのまま帰路についた人と。

 

 

 

 

江ノ電鎌倉駅。 こちらからもJRの鎌倉駅に入れます。

そして、私と二人の隊員は、JRで帰路につきました。

この日のハイクは、低山ながら、歴史的名所がたくさんある鎌倉ということで、見るところも多く、楽しいハイクとなりました。 こんなハイクも、たまにはいいものです。 市さん企画感謝。 洋さん、ご案内とリード、ありがとうございました。

おわり      その1はこちら     その2はこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« R隊定例ハイク、鎌倉アルプ... | トップ | 水郷潮来と佐原のあやめ祭り... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観光ハイク (市太郎)
2016-06-10 19:18:15
今回は気軽なコースで見所もあり昼の一杯あり(^^;; でした。参加も多かったので今後はこの様な観光ハイクも増やしていきましょうかね(^○^)
私とシノさんは、実は江ノ電に乗りたかったのですが、鎌倉駅は駅に大行列、極楽寺でも寿司詰めだったので、結果的に鎌倉~大仏~極楽寺~海岸沿いに江ノ島…まで走ってしまいました(^^;; それも楽しかったですが(#^.^#)
さすが有名観光地 (リチャード)
2016-06-10 19:39:26
市さん、これまでにない、気楽で楽しいハイクとなりました。こんなハイクもいいですね。
さすがに、鎌倉は、人が多いですね。特にアジサイの季節も混むんですね。江ノ電がそんなに混んでいたとは知りませんでした。でもすぐに走れるのは、さすが、ランナーズ倶楽部。

コメントを投稿

ハイキング」カテゴリの最新記事