Richard's Blog

リチャードの雑記帳

2018 福井・京都・名古屋への旅 (4)

2018-05-24 14:50:19 | 国内旅行

国内旅行一覧

2018 福井・京都・名古屋への旅 (4) 3日目前半 犬山城へ

名古屋の宿泊ホテルはハイテク。 いろいろなアクションは、部屋に備え付けのタブレットで操作するようになっていた。時計と目覚ましもタブレットで。

 

 

室内の照明のON/OFFや明るさの調整もタブレットで。その他インターネットはもちろん、新聞も、起こさないでくださいとか、掃除してくださいとかの指示も。空調の温度や強さも、いろいろな依頼もタブレットで指示すると届けてくれたりする。

 

 

前日の雨も上がって、ホテルの部屋からは、きれいに晴れた名古屋市内が

 

 

ホテルの窓から

 

 

 

ホテルのチェックアウトは、専用の機械で

 

 

 

ホテルから出て、名古屋駅のビルを見上げると、こんな感じ

 

 

そして駅から5分くらいのところにあるレンタカーの事務所へ

 

 

借りた車はトヨタのアリオン

 

 

9時40分頃、犬山城前に到着

 

 

石に刻まれた犬山城の石碑

 

 

緩やかな坂を上って犬山城に向かいます

 

 

 

犬山城の城門。 ここで入場券を買って中に入ります。

 

 

国宝、犬山城。 織田信長の叔父である織田信康が築城。江戸時代からは尾張藩付き家老、成瀬正成が城主となり以後成瀬氏が代々受け継いだ。

 

 

 

天守に登ると、小学生たちが引率されて見学していました。上に飾られた絵は、歴代の城主の絵。(成瀬氏)

 

 

織田信康から始まる初期の城主一覧

 

 

 

天守からの眺め

すぐ隣に流れる木曽川

 

 

木曽川とツインブリッジ犬山橋

 

 

見える山は伊木山、橋は、ライン大橋

 

 

白特有の階段を下ります

 

 

犬山城のすぐ近くには、いくつかの神社がありました。 ここは三光稲荷神社

 

 

その隣に猿田彦神社

 

 

 

 

そして、そのまた隣には、尾張五社・針綱神社が

 

 

そして、少し離れた所には、犬山神社がありました。

 

 

犬山城の下に城下町が残り、江戸時代の面影を残しています。

 

 

城下町は古い建物が残っています。

 

 

城下町の見学を終えて次の目的地、明治村に向かいました。

3日目後半に 続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018 福井・京都・名古屋への... | トップ | 2018 福井・京都・名古屋への... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅行」カテゴリの最新記事