梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

Aprilが日本デビューをした・けれど・・・。

2018-04-29 17:50:15 | 日記
  KARA・少女時代 のち、LOVELYZさん、いつも迅速なコメントをありがとうございます。共感してくださる方がいらっしゃるのは心強い限りです。

  AprilというKpopガールズ・グループの報道関係者向けお披露目を見に行って来たことを少し前に書きました。KARAの日本デビューに当たっては、路上ゲリラ・ライブに3,000人という人数が詰めかけ、警察から中止命令が出るほど事前に知名度が高まっていたわけですが、Aprilについては相当に厳しいものがあると感じます。実感としては、日本人の99、9パーセントはこの名前を知らないと考えられるからです。

  Apinkでさえ、日本での知名度は大したことはありません。彼女たちはKARAや少女時代の頃と違って、朝からバラエティー番組にゲスト出演することもできないご時世に日本デビューしたせいか、構成メンバーの年齢が比較的高めで少女とは言えない年齢だったせいか、もともとKpopに関心があった人たちの間でしかその名前は広まっていきませんでした。日本においてツアーは行うものの、広くて東京国際フォーラム止まり、アリーナ・ツアーやドーム・ツアーなど夢のまた夢です。

  ちなみに私が通っている東亜学院という中国語学校の教室で、私がApinkを見に行った話を(中国語で先週の出来事を述べよ、という課題でした。)すると、その名を知っていたのは47歳独身の男性一人でした。彼女たちはTwiceのように女子高生に集中的に人気があるというわけでもなく、KARAファンだった人たちのようなクレージーなオッサンたちの支持があるわけでもないので、これ以上日本での勢力拡大は望めないでしょう。

  ところで今日北千住西口に降り立った私の目に飛び込んできたのは、ビルの壁面に取り付けられた巨大液晶パネルに映し出された、AprilのM.V.でした。Aprilがこの度日本デビューをしたことはわかっていましたが、いざこの画面を見せられると、微妙な違和感がありました。通り過ぎる人たちが全く気にも留めていないことは当たり前と言えば当たり前ですが、皆さんはこれが日本のグループなのか韓国のグループなのかさえわかっていないはずなのです。せめてどこの誰であるかぐらいわかっていなければ、該当でM.V.を流しても効果はほとんどないのではないでしょうか。DSPという事務所は本当に商売がへたくそです。

  それでも、かつてBoAが14歳で日本デビューをした際には、ほとんど誰も目をくれる人がいなかったことを思えば、もしかしたら、という期待感がゼロとも言えません。強烈な売り込みをかけて、せめてミュージック・フェアーにでも出演させてもらえれば、多少のきっかけにはなると思うのですが、DSPにその才覚と、つてがあるのやら・・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「マツコ会議」を見た。韓国... | トップ | セクシー路線はやめなさい・... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先ずは、番組で名曲群が紹介されるところから始められればなあ、と………… (KARA・少女時代 のち、LOVELYZ)
2018-04-29 21:45:07
 全くご指摘の通りですね。実態として April の浸透は、「大もの姉さんグループ」だった KARA に遠く及ばず、皮肉なことに、「KARA(の妹)の看板」を付ける効果を狙うことが却ってPR対象を KARAファン の範囲内に、しかもさらに、そのうち April を受け容れられる人に とどまらせてしまう逆効果が出てしまっているようにも感じられるのです。
 特段に中高生の間で知名度の高いTwiceも含めまして、日本全体平均のKPOPガールズグループの知名度としましては、やはり KARA、少女時代、Twice がトップ3 で、それ以外はほとんど知られていないと見受けられます。他のガールズグループ名は、KPOP.GGのファンか、または、私のように KPOP.GGファンというよりもむしろ、‘優れた音楽を洋の東西を問わず探究する一環として公平にKPOP.GGも広く鑑賞するが、KARA、少女時代 と並んで LOVELYZ の楽曲を特段に高評価して堪能し、多くを学ぶ’ 類か、のいずれかでなければ、一般的には知られていないのが通例でしょう。
 LOVELYZ も応援する April ですが、LOVELYZ のほうは、先日リリースされました ニューアルバム『Heal』が アメリカと香港のiTunes KPOPアルバムチャートで1位になったり、ドイツの比較的信用度の高い ネット・ランキングにおいても2016年及び2017年に6~7位を得たりと、むしろ日本以外ではちゃんと高評価されているのですが、April は、とりわけ海外のランキングの類には、その名を見受けることもほとんどないのが実情と言えましょう。そもそも、LOVELYZファンやApinkファンも驚いた名曲 “April Story” でさえ、海外ではほとんど話題にならなかったものとみられます。韓国内でも上位に食い込めていませんでした。(姉さんの KARA のほうは、活動していない今はもはや順位は低くなったとはいえ、海外のランキング類にはノミネートされているケースも結構見受けられます。)
 April には名曲が多いですし、メンバーも愛くるしいようなかわいらしさをたたえていて、LOVELYZ が April を応援するのは私も共鳴するだけに、先ずは、April の名曲が音楽番組のコーナーや特集等で流されて視聴者の感動を喚起するところからでも始められればなあ、と思うものです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事