梅様のその日暮らし日記

その日その日感じた事や世間で話題の事について自分なりの感想や考えを書いていきます。

茶髪について

2017-10-29 14:53:44 | 日記
  生まれつき茶髪の生徒が黒髪に染めることを強要されたと言って不登校となり、学校を相手取って訴訟を起こしたという報道がありました。これに対する学校側の態度は異様に強硬で。どうやら受けて立つつもりのようです。茶髪禁止は法的には無効なので、裁判になったら学校側が負ける可能性の方がはるかに高いのではないかと思います。

  それでも学校側が強硬な姿勢を崩さないのには必ずわけがあるはずです。同業者だった私が想像するに、多分この子は日頃から行いに問題があり、周囲に悪影響を与え過ぎているのではないでしょうか?しかし残念な事に暴力とか盗みとか、退学に値するほどの事をしていないため、退学にしたくても不可能なまま時間が過ぎてしまったというところでしょうか。これを機会に生徒の方が根負けして自主退学してくれることを期待しているように見えます。

  これは学校にとっても賭けです。万一裁判に負けてしまえば、校内で茶髪を禁止する根拠を一晩にして失い、あっという間に校内が茶髪で埋め尽くされるかもしれないからです。

  茶髪の問題はなかなか微妙なものがあります。私は某校に在職中、単身生活指導部に乗り込んで茶髪解禁を勝ち取ったことがありますが、この時は生徒達が絶対に私の言う事を聞いてくれて、ど派手な茶髪は控えてくれるという自信があったのです。それだけの自信と指導力がなければ、青臭い理想論に走って茶髪解禁など言い出してはならないと思っています。

  しかし逆に茶髪禁止を貫くには、途方もないエネルギーとそれによって生じる摩擦と戦う覚悟が必要となります。生徒達にも意地というものがあり、先生方は毎日のように茶髪にして来た生徒を呼び出して説教し、反省文を欠かせ、保護者にも連絡し、と、際限なく手間のかかる毎日を送らねばなりません。

  先述の某校では、茶髪を解禁したために全ての先生方が無駄なエネルギーを使わないで済むこととなりました。クラス写真をカラーで撮影しても、どこに茶髪がいるのか分からないほどおとなしい色に収まっており、実に歩留まりの良い茶髪解禁となっていました。

  問題となって学校にも、茶髪解禁でいいじゃないかと思っている先生が沢山いるはずなのですが、ただ、それを言い出すだけの勇気がないようです。そしてその勇気がなく、解禁した後どうなるかという見通しも立たないようなような、やわな教師なら、絶対に茶髪解禁などと言い出してはなりません。

  世間ではお気楽にこの学校を叩いて喜んでいるようですが、そんな単純な問題ではないのです。茶髪を解禁して結果が悪ければ、それはそれで保護者からの激しい突き上げを食らうことになるでしょう。賭けに出たこの学校に果たしてどんな結果が待ち受けているのか、ちょっとした見ものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 箸の使い方論 | トップ | やる気なんかない人達・一部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事