愚痴なしブログ 

「ベル麻痺」は10万人に20人くらいの割合で発症。
ベル麻痺の後遺症の軽減および目を守る方法が主眼です。

クラシック―3

2020年09月15日 | 趣味

 CDは、防カビ対策の関係で全てのCDを年1回以上は再生しますが、周回でバロック

音楽を多く聴いています。

特筆すべきは前田りり子さんのバロックフルートの音色は素晴らしいと思っています。

J.M.オトテール「ル・ロマン」(1674~1763)フルートと通奏低音のための組曲集

バロックフルート:前田りり子、ヴィオラ・ダ・ガンバ:市瀬礼子

チェンバロ:ロベール・コーネン

また、本も出版されていますので購入して読んでいます。

「フルートの肖像、その歴的変遷」前田りり子著、東京書籍株式会社

2006.11.20 第一刷

私にとっては数少ない文系の本です。

クラシックは、本を読んだりFM放送での解説を聴きますと、より親しみが

わいてくるように思っています。

この本は、資料集めや編集に、ご苦労されたと思われます。

音楽家活動をしながらですので大変な努力をされたものと、ご推察申し上げます。

クラシックファンに貴重な本を残して頂き有難うございます。

コメント

ベル麻痺-8

2020年09月13日 | ベル麻痺

<コロナ禍の功罪かゴーグルが多様化>

「ベル麻痺」発症後は治療を受けますが、目の保護も重要と、強調してきました。

抗生剤とステロイド剤の点滴治療受けながらも注意することが、目の保護対策です。

ヒアルロン酸ナトリウム入りの目薬と、眼科用タリビット軟膏が必需品になります。

重複しますが、就寝前は必ずタリビット軟膏を塗る習慣を身につけます。

瞬きが回復するまでの長期戦になりますが、大切な目を守るためですので頑張ることです。

眼科医師の説明では眼帯は良くないとのことで、ゴーグルがお勧めです。

ゴーグルは、退院後の使用が長いのでデザインの選択も重要かと、思います。

コロナ感染対策で飛沫感染防止ゴーグルがアマゾンで販売されています。

デザインを含めマスクでも曇らないタイプ、メガネの上から着用等、商品選択の

範囲が広がりました。

透明の商品もありますので好みで選択できます。

白内障用のゴーグルは、少しやぼったいので、モデルの影響もあり、このタイプにしました。

(何年たっても外出時は、ゴーグルをつけていますが、コロナ禍で目立たなくなりました)

※担当医師の気配りが良ければ問題ないと考えられますが、気配りの無いことを前提に

記事を書いています。

コメント

三つ子の魂、百まで

2020年09月12日 | 未分類

<日経サイエンスの記事から> 

うつ病は、全ての人が同様にうつ病になり易いのではないことを、マウスの

観察から捉えることができた。

♂のマウスに“同程度”の社会的敗北ストレスを毎日、与えても3分の1は

うつ状態にならないのである。

同じ過酷なストレスを受け続けたにも拘らず他のマウスと違って引きこもりや

無気力になったりはしなかった。

ストレス抵抗性のあるマウスには遺伝子レベルの違いがあった。

ストレスに弱いマウスに見られたエピジェネック(epigenetic)な変化は抵抗性の

あるマウスでは見られなかった。

ストレス抵抗性のあるマウスの報酬系では遺伝子群にうつ状態のマウスと異なる

エピジェネックな変化が起きていた。

この発見は、別の修飾パターンに保護的な働きがあることを示している。

単にストレスに対する弱さが無いからストレス抵抗性になるのではなく、

慢性ストレスの作用と戦うためのエピジェネックなプログラムが起動するのだ。

これらエピジェネックな修飾によって保護的に働いた遺伝子の多くが、うつ状態の

マウスにイミプラミンを投与したとき活性化が正常に戻る遺伝子と同じである

ことを発見した。

それらの遺伝子の一部は脳の報酬系を活性化し、うつ状態を防ぐことが知られている。

抗うつ薬が、保護的なエピジェネック・プログラムを活性化することによって

効果を発揮している可能性があると考察できる。

慢性的ストレスの悪影響を防ぐだけでなく、脳が自然に備えている

抵抗メカニズムを強める新しい薬の開発のヒントを与えてくれている。

一方、カナダのマギル大学の研究でエピジェネックな修飾がもたらす行動様式の

変化が一生続くこともあることをラットの飼育で観察された。

母親の養育行動がエピジェネックな修飾とそれに伴う行動変化に現れる傾向が

確認された。

熱心に子供を舐めたり、毛繕いをする母親と、そうでない母親ではその子供の

ストレスに対抗する力が異なる。

熱心な母親に育てられた子供はストレスにさらされても不安も少なく

ストレスホルモン(コルチゾール)の産生も少なく、成長し母親になっても

子供の養育で熱心に舐めたり、毛繕いを行うことが観察されている。

「三つ子の魂、百までも」のことわざを連想しました。

<参考文献日経サイエンス2012.3脳と心のスイッチ>Eric J.Nestler

 

コメント

奇麗な花には棘がある

2020年09月09日 | 植物観察

 <奇麗な花には棘があり、可愛い花には毒がある>

棘のある奇麗な花の代表がバラと思われます。

この写真の桜キリンもうかつに手を出しますと、隠れている棘にやられます。

下の写真の花は可愛いのですが、毒草です。

ニラと間違えて食べて中毒症状になる人がいますので畑には植えないことです。

この黄色い花は姫アラマンダと、いうそうですが毒があります。

素手で手折ると、白い乳白色の汁が出てきますが、肌の弱い方はカブレます。

また、口に入れますと中毒症状が現れるとのこてす。

道端でよく見かける日々草は、キョウチクトウ科の毒草です。

毒草は天敵がないせいか繁殖力があり、何処でも見掛ける傾向にありそうです。

コメント

ベル麻痺-7

2020年09月04日 | ベル麻痺

 ブログの操作にも慣れてきましたのでカテゴリに「ベル麻痺」を追加しました。

ベル麻痺の後遺症は長引く場合があるようですが、私の場合は初期のリハビリを

放置した結果であり、自業自得の感があると思います。

しかし、真面目に取り組んでも軽度の後遺症が残る方もあるようです。

例え軽度であっても完全に元の状態に戻ることが理想ですね。

さて、ベル麻痺の後遺症軽減法の一つに効果的な方法を発見しましたので更新します。

まず、足の小指と薬指の間のくぼみをマッサージ用の「足棒・官足棒」で3秒間

強く押し込みます。下の官足棒の細い方が効果的であり、更に細い物のがあり、

より効果的と考えられますが、このサイズでも十分です。

激痛を感じる場合もありますが、我慢できる範囲でワン、ツウ、スリーと気合を

掛けて押し込みます。少なくとも3秒間を3回は繰り返します。

足の左右と、顔面の左右は首の後ろで交差しますので、右足は、左耳となります。

必ず左右の足について押し込みを行うことが大切です。

コメント