ギフト

大切なことを書きます。

日本は過去にODAでアジア中のインフラ整備をしました。

2016-07-14 23:52:58 | Weblog

このインフラ整備が、発展途上国の自然を破壊した上に災害を助長したと

言われています。

中国やタイ、フィリピンなど、発展途上国のダムや橋は日本のODAで作られました。

日本人は「日本人すごいですね!」「日本人のおかげです」と言われるのが

大好きですし、最近はそういう番組がとても多いですね。

でも、都合の悪い問題もきちんと見つめなくては。

そして今後どのようにしたら良いか、甚大な災害の原因を作り出してしまった

責任を技術でお返しする必要があると思うのです。

 

2011年、東日本大震災の起きた年。

タイのチャオプラヤ川では甚大な洪水が起き、多くの人命が失われました。

日系企業をはじめ各国企業の工場も被災して多額の経済損失を生みました。

山岳部のダム群が限界を越えてしまったために、ほぼ同時にフルパワー放流したの

です。

タイは平野部の河川の流下能力が低く、放水路や堤防もちゃちかったゆえに

長期にわたって水が引きませんでした。

チャオプラヤ川上流のダム群は、日本のODAで作られました。

ダムを作ったら、ダムの放流量も計算に入れて治水計画をしなくてはいけなかった。

ハンパな仕事をしたのです。

 

 

日本でもできていないものが、タイでできるわけがない。

日本ではダムのせいで洪水が起きてもずっと隠蔽してきました。

先進国や韓国では新規のダム建設がほぼないのに、まだまだ積極的に

ダムの建設しようとしてるのは日本と中国ぐらいです。

大地震のあった、熊本県にもダムの建設計画があります。

その河川の洪水を抑えるのには何が最も有効なのか、よく考えてほしい。

 

 

 

日本の和歌山県にある日高川のダムは、放流で多数の人命を失ったあとは

比較的まともな対応を取っていたので、多少は日本も良い方向へ変わっていくのでは

ないかと信じています。

 

 

 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今日は関東地方で激しい豪雨... | トップ | 取り返しがきかない 日本の性... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あがき! (清水)
2016-07-25 13:20:38
 こんにちは。

 この前お招き頂いたので投稿しようと、ブックマークのあなたのブログをクリックしたらプログラム上のエラーだと思うのですが「*記事がありません」というコメントが現れました。
 
 しばらくしてから再トライすると「*記事がありません」10秒後に装いが前とまったく違うブログが登場したので驚きました。(笑

 まあ、あなたの記事から始まった思考の旅により今思うのは、何と言うか、誰がどうあがこうが、社会というものが、

 「所詮人類のポテンシャルを凌駕することはあり得ない!」

 のかも知れないということ。

 そして、誠に残念で悲しいことではありますが、日本も含む先進国と言われる国々は、すでに人類のポテンシャルの限界を迎えた社会にも観えます。

 以下の社会的地位の高い人間の行動を観れば、そのことがよく解ると存じます。

ブログ:【嘘つき反社会性人格障害 仁坂知事殿『大虐殺テロ攻撃計画』強行!】
http://blog.livedoor.jp/s8753/ 

 しかしながら、もう少しあがいてみようと思います。(笑

 とりあえず、大局的なお話しをさせて頂きました、失礼します m(_ _)m。
清水さん、コメントありがとうございます (ゆっくりしたよめ)
2016-07-30 20:56:08
私が前ブログを書いた理由は、本当はただ一つ
八ッ場ダムの建設を中止させるためでした。
様々な環境問題を取り上げましたが、
全てはたった一つのダム建設を阻止するためでした。

正直、別のダムのことはどうでもよかったのです。
悲劇を防ぎたかっただけでした。
2010年の年末、八ッ場ダムの建設中止の白紙撤回が決まってからはどう仕様もないものがございました。

因果応報の予定調和だよと、ある方に慰められましたが
ならば因果応報の法則を世に広めて、この先の悲劇を
防ぎたいと思うようになり、
地球環境も含めて様々な法則を、微力ながら配信
し続けようと決意いたしました。
私も最後まであがきます。




コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事