ギフト

大切なことを書きます。

死にたい死にたい、は、助けて助けてと同義

2017-11-08 08:55:33 | Weblog
以前、悩み相談掲示板に悩み相談を書きに行ったんです。

そしたらそこは、死にたい人の溜まり場。

死にたい死にたいしかみんな言わないんです。

でも、一人一人の悩みをよく読んでみると死にたくなった理由は様々。

親から虐待を受けて育っていたり、

障害を理由に親に愛されなかったり、学校で陰湿ないじめにあって精神のバランスを崩してから

死にたい死にたいと書き込むようになった、などなどで、圧倒的にいじめの後遺症が多いです。




心に残る書き込みは、高校生になって陰湿すぎるいじめに巻き込まれた女性の書き込みでした。

徒党を組んだ女子高生の陰湿ないじめにあって、成績優秀だった女性はどんどん成績が落ちていって

大学受験に失敗。

ちなみに陰湿ないじめをした女子高生は有名大学に進学。

いじめられて精神崩壊している旨を親に話せず、予備校に通う毎日だけど、夜になるといじめの

フラッシュバックがあってこんな自分は消えてしまいたいと泣いて、夜中に掲示板に死にたいと

書き込むと、すっきりしてなんとか眠れる。

成績も上がるはずはなく、(だってフラッシュバックのせいで睡眠不足なんだもの)

いじめた側は幸せに過ごしているのに、自分はどうして…と苦しんでいる様子を事細かに

書き込んでいました。



死にたいというのは、いじめや虐待などで心に埋め込まれた悪意の傷のせいで苦しくて

誰か助けてほしい、と書いているのと同じこと。(借金から逃げたいのはまた別)



日本のいじめは海外の人が見ても陰湿でひどすぎることで大変有名ですが、

他者をディスる文化や、いじめでストレス発散をする子供達を見て見ぬふりをする大人たち、

いじめる側が100パーセント悪いことを子供に教えない社会が本当に悪いです。

他の国で生まれていたならこんないじめにあわずに、精神に後天的な障害を持たないで過ごせる

人がたくさんいるのです。


親に言えなくても、気軽に心の悩みを相談できる人がもっともっと必要です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性は無能か | トップ | 引きこもりの人の4割が小中学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事