私魚人(あいうおんちゅ)~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

カスマグサ:エンドウ属次男坊の悲哀

2021-04-21 10:32:15 | 植物
2021年4月21日(水)

カスマグサ

近年、そこらを散歩しててもなかなか出会えなくなった。

同じエンドウ属のカラスノエンドウ(カスマグサよりずっと大きな花)や


同じエンドウ属のスズメノエンドウ(カスマグサより少し小さな花)が


どちらも空き地いっぱいに仲良く広がってて


カスマグサなんてのは山あいで「すみっこぐらし」をしている気がする。
同じエンドウ属3兄弟の次男坊は、細々と地味に暮らしてるのである。

カスマグサという名も哀しい。
カラスノエンドウの『カ』と
スズメノエンドウの『ス』の『間(マ)』の花のサイズだから
カとスの間→「カスマグサ」と名付けられてるからなあ。

それも、カラスノエンドウとスズメノエンドウが先に世に知られたからだよね。
目立たないからだよね。哀しいね。

コイツだけ「~エンドウ」とつかないまま「~クサ」とエンドウ一族から破門され、やっかい者あつかいされてるのも哀しい。
命名者も、そのあたりは少し配慮して
「ツグミノエンドウ」とかつけてもらえんかったんかなあ・・・

もっと悲しいのは、カラスノエンドウは標準和名ではなく、いわゆるニックネーム。
標準和名だと「ヤハズエンドウ」なのよ。

するってえと、何かい?
「カスマグサ」という名も怪しいってことかい?
「ヤスマグサ」ってえことになるんじゃないかい?

私は、断固述べたい!
カスマグサを改名して「ツグミノエンドウ」と呼ぼうではないか!

エンドウ属3兄弟の次男坊カスマグサにスポットライトを当ててやろうではないかっ!

え? お前は何男だって?
もちろん!私は、男ばかりの3兄弟の次男坊である。

コメント   この記事についてブログを書く
« 美しいチビアメバチの仲間か... | トップ | イチゴハナゾウムシ:ノイバ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事