私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

アレも釣りたいコレも釣りたいの巻 アヤアナハゼorサラカジカ?

2017-04-18 19:41:13 | 海水魚
2017年4月18日 火曜日

再就職して3週目。
いやあ、疲れる。疲れる。
土日もなんやかんやと・・・・・・ね。
もうフラストレーションではちきれそうなのである。

4月も半ばを過ぎたこの時期は、ホントとっても楽しみなハズなのだ。

今、まさに干潟では干潮時にマコガレイ・イシガレイ、うまくいけばホシガレイの赤ちゃんがたまり、
漁港にはサヨリの赤ちゃんが満潮の潮にのってやってきているハズなのだ。

「あ~、アレも釣りたいコレも釣りたい」と思うのは自然の摂理なのである。
ま、なかなか行けないので、
今日は「コレが釣れたらうれしいな」と思ってる魚の紹介。

アヤアナハゼかサラサカジカである。たぶん。


尻ビレに数本の斜め線の模様がウッスラとあるからね。
ちなみにハゼという名になっているけど、ハゼではないぞ。
カジカに近い仲間なのである。

アサヒアナハゼなら釣った思い出もあるけど、
コイツは友と出かけた小さな河川の干潟のガサで1尾採ったきりなのである。
どっちが採ったのかも覚えとらんくらい昔の話なのである。

けれどもだ。
「出会えさえすれば釣れる」口の大きさをしとるではないか!

あ~、相棒という名のカミさんと釣りに行きたい!
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イソギンポを釣るの巻   ... | トップ | ホシガレイの赤ちゃんに会い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海水魚」カテゴリの最新記事