私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ベイカ(チイチイイカ)奮戦記 後編 : 釣査185種目達成!

2018-09-20 17:59:29 | 海釣り
2018年9月20日(木)

ベイカ(チイチイイカ)である。


タナゴ竿と手作り仕掛けで釣り上げた185種類目である。

普通のノベ竿夜釣りで確信を得た翌日(9月17日・月曜)
道具箱から長い間使ってないたなごスレバリを引っ張り出した。


5本ほど束ね
タナゴウキ用の浮き止めゴム代わりにしてる透明パイプ(普通は投げ釣りの枝針についてるヤツ)に通し


瞬間接着剤とかみつぶしで固定した。

これでベイカ用の超ミニ仕掛けの完成である。
エサのエビは、これまたタナゴ釣り用の板オモリでくくりつけることに。

ウキはいつものより浮力の大きいものを何種類か用意しておいた。

普段使ってるタナゴ竿にはすべていつもの仕掛けがつけられているので
仕舞い込んでた「180cm コブナ・タナゴ用」780円のお子様・ビギナー用の竿を使う。


桟橋には、若いカップルもいれば、幼い子を連れた家族もいた。


何度もアタリがある。(というかウキが動いたりゆっくり沈んだり・・・)

これがなかなか釣れんのんじゃ。
エサもかじってるし、水面まではついてくる。
だが、ハリがかりしない。 (ま、ハリが小さすぎるけんね)

若いカップルが楽しそうに次々とカタクチイワシを釣り上げてるなあ・・・と
よそ見をしてる時
「父さ~ん! 釣れたよおっ!」 と・・・かみさんの声。
またかいっ! またお前かいっ! 勝手に人の竿あげやがってからに・・・
ワシがずう~っとウキ見つめて上げ下げしちょったのに・・・なんでまた・・・


何とベイカの長い触腕にかろうじて引っかかってた。 
かみさんが奇跡を呼んだのかもしれない。 (行くまでは爆釣と思ってたケドね)

タナゴ竿・仕掛けでたった1匹、されど1匹なのである。

ま、このパターンにも慣れた。
ゆっくり撮影しようやないの。


撮影ケースをあっちへスイ~ッ、ぶつかってこっちへスイ~ッ。


撮影もまあまあうまくいってるし・・・

「あの~・・・イカ・・・見せてください」 男の子がやってきた。
「ええよ。どうぞどうぞ。カワイイじゃろ~っ」

子どもの好奇心と触れ合えるこんな時間が大好きだ。

だから、水の生き物に撮影ケースはやっぱり欠かせない。

ベイカの生態や考察は、次の機会に・・・







コメント