雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

菅さん、小沢さん、どちらなんだろう

2010-08-27 04:43:31 | 政治
★今回はあくまでも民主党内の代表を選ぶ選挙である。
われわれは、1票を投じることもできないしタダ黙って見ているだけの選挙である。

自民党時代にも、何度もそれはあったし、われわれは見つめるだけだったが、誰になっても自民党自体は何も分裂したりはしない。
形の上では挙党一致の体制でまた自民党時代が安泰に続いてきたのである。

今回は果たしてどうなるのだろうか?

今回は、小沢さんが勝った場合はともかく、もし菅さんが勝ったら無事に挙党態勢で収まりそうにない雰囲気に見てとれる。
どうも民主党1党の中の、単なる代表選ではないような雰囲気を感じてしまうのである。

鳩山内閣が辞職して、菅さんの内閣になってからの対応が、どうも民主党と言う1党の中で行われるにしては、ちょっと小沢外しが露骨であり過ぎたような気がする。
それなのに、そんな菅体制で戦った参院選は負けてしまった。
これはすべて、菅さんの責任でもないだろうが、何の責任も取らなかったので、そのしこりみたいなものが今回の代表選に持ち込まれてしまっている。
これは形の上だけでもケジメをつけるべきであった。
枝野さんが100%悪かったわけではないが、残した枝野さんは完全に死に体になってしまった。


★国会議員もともかく、地方の民主党党員の票の行方も微妙である。

小沢さんの金の問題なども引きずってはいるが、
今は、それよりも円高や、株安の具体的な対策に、どうも菅内閣はうまく対応できていない。
『適切に対応します』と口では言うが、間違いなく適切な対応とはみんな思っていないのである。

何か素人で頼りないなと思いだけが残ってしまうのである。
代表選の対応もあるだろうが、むしろこの対応を政府として早くやらないと、
菅さんの地方票は、雪崩を打って小沢さんに流れるのではないかなとも思ったりする。


★今回は、自民党時代の代表選と違って、その結果に非常に興味がある。
マーケッテングのようなオモシロさがあるのである。
私がもし民主党党員で1票を持っていたら、果たしてどうするだろう?
どちらかと言えば、小沢さんに投じるのかも知れない。
勝てばそれはそれでいいし、
負ければ、民主党を割って政界再編の道を選ぶ新しい政局があるかも解らない。
本当は、日本にとってそれが一番いいのかもっ知れない。

どうも今の菅政権が続いても、あの弱腰ではねじれ国会など乗り切れないのではないか?

★それはともかく、
世界各国の首脳に比べて、日本の首相はいかにも存在感がない。
任期が短いと言うこともあるが、リーダーとして小粒すぎるのである
少々アクがあろうが、リーダーらしいリーダーであって欲しいと思うのである。

もう少しの間でそれは決まる。
何をすることもできないのだが、注意深く行方を見つめたいと思っている。
なかなか、面白い代表選ではある。


今朝のムネオ日記 ご参考までに
こんなに明確ではないが、これに近い感想を持っている。
コメント   この記事についてブログを書く
« 二つの嬉しいコメント | トップ | 私と野球 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事