雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

切り絵の世界

2011-05-21 05:34:21 | 日常生活、園芸、バラ

 

★ 昨日は、ちょっと時間があって三木の図書館に館長さんを訪ねたのだが、ちょうどお休みだったので、

直ぐ隣にある、『堀光美術館』を覗いてみた。

確か、何か『切り絵の展示』がされていると、 kwakkyさんのブログで読んだのがアタマをよぎったのである。

『成田一徹』という方の切り絵であった。

 

 これは私のスナップだが、

ちゃんとした写真なら、こちらのkwakkyさんのブログの写真をご覧になればいい。

ちゃんと撮ろうと言う心構えが、私のようなスナップとは、全然違うのである。

 

★そのブログの中には、本も並んでいたし、『成田一徹』さんは有名人に違いないと思って、

帰宅していろいろ検索してみた。

こんな、ご本人のホームページにも出会った。

 

『TO THE BAR 東京シェリエット』 ジャズも、切り絵も流れる、カッコいいホームページである。 

是非、3分間立ち寄って見られることをお勧めする。

 

こんなファンの方の 、『成田一徹』 を纏めたサイトもあった

 

★ この二つの切り絵は、成田一徹のものではない。

私の亡くなった義弟の作品である。

生前の彼のこんなサイトを、

いつか機会があれば紹介しようと、『プライベート』の中に保管しておいたものである。

水井 允彦  「切り絵」シリーズ』 の中に纏められている

そして、その文章の中に、こんな一節があった。

 全て我流で先生についた事はないが、強いて言えば 『だれでもできる最新・切り絵教室』(成田一徹著) の一冊が “我が大師匠” である。

 

★そんなご縁があった、『成田一徹』さんを観たので、

切り絵についてはよく解らぬが、義弟のことも紹介出来て、少しでも供養ができてよかったなと思っている。

今日、切り絵 を見なかったら、 多分こんなブログを書いたりしてはいない。

いろんなご縁があるものである。

 

堀光美術館の方に、

『本来は入場料が要るのですが、取材の方ならOKです』 と言って貰って無料で観せて頂いたので、

決して取材ではないのだが、少しはお役に立ちたいとも思っているのである。

 

 

★NPO  The Good Times のホ―ムページです。(会員さんの のブログもツイッターもFacebookも見られます)

★Facebookのファンページです。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 昭和52年(1977)43歳... | トップ | ミニ鉄道フェスタ in メリケ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常生活、園芸、バラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事