雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

高齢者は太った方が長生きする

2019-12-14 05:37:18 | 私の生き方、考え方&意見

★ 『日本の高齢者は「やせ過ぎ」体重を戻せば死亡リスクは半分以下に
 
 というこんな記事が出ていた。








 『我が意を得たり』である。
 いつも掛かりつけの医者に『体重を落とすように』と言われるので、
そう言われるけどみんな死ぬときは、やせ細って死ぬ』ではないですか、
といつも反論していた。
 
 ただ、先生が言われるには 『古谷さんは、メタボではない』と言われるので、
 『なぜか?』と聞いたら、『メタボ』とは体重も多く、血液検査の血糖値が高い人たちのことを言うので、血液検査の結果は、すべての項目が正常である私の場合は、当てはまらないと仰るのである。



★この記事にはいろいろと書かれているが、


 抜粋して、ご紹介すると


身長と体重から算出されるBMI数字は、一般的には「22」が標準、「25」を超えると肥満、「18.5」を下回るとやせとされていますが、高齢者の場合、女性は軽度肥満(BMI 23~24.9)、男性は中等度肥満(同27~29.9)の人がもっとも死亡のリスクが低く高齢者の場合、女性は軽度肥満(BMI 23~24.9)、男性は中等度肥満(同27~29.9)の人がもっとも死亡のリスクが低くなります。

つまり、高齢者は年齢とともに少しずつ太っていくのが安全な年の取り方、ということがわかってきているのですが、日本では全く逆のトレンドがあります。高齢者は年齢とともにどんどんやていくのです。日本の在宅高齢者の実に6割は、BMI「18.5未満」の、やせすぎの状態なのです。
 
どんな名医にかかっても、どんなに高級な薬を飲んでも、実は死亡のリスクはたいして変わりません。でも、やせている人はしっかり食べて体重を取り戻すだけで、死亡のリスクが半分以下に下がるということです。
 特に高齢者の場合、まずはしっかりと食べて体重と筋肉を守ることが、より効果的な健康管理の方法だと断言できます
。』

 
と書かれていて、『私の持論』通りのことが言われているのである。

私自身は今のところ、全く健康には問題はないのだが、人間の寿命などは、決まっていて、好きなように生きていけばいいと思っている。
 私自身は人生で2度ほど『死にかけた』が2度とも運よく切り抜けられている。
運がよかった』のか『そんな運を持っていたのか』と言えば、後者だと思っている。


★因みに、私の身長は168cm。 
体重は80~82kg で82は少々身体が重たいので80Kgぐらいにしたいと思っているのだが、    81Kgの場合の『BMIは、28.7』なのである。


 12月に孫が写してくれた写真だが、こんな体型である。


           


そしてBMI28.7
高齢者の場合、男性は中等度肥満(同27~29.9)の人がもっとも死亡のリスクが低くなります
という一番長生きする値のところに入っている。


この2年間、ジムに行ってトレーニングを続けているが、
筋肉は増え、脂肪率下がったのだが、
体重は一向に減らないので、半ば諦めていたのだが、
今の体重が高齢者にとっては『最高にいい値』だというので、この記事には大いに気分を良くしている。

ホントにこの記事が正しいのであれば、大いに自信を持って、
今の生活態度のまま、人生を楽しく生きたいなと思っている。

 皆さんは、どちらが正しいと思われますか?





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 防災公園に2度行ってきた | トップ | 大槻幸雄さんのこと いろいろ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (196197rieko)
2019-12-14 07:39:15
案山子🗽



少しずつ 太った方が


健康長寿ニッ(^^) 賛成 ✨


以前 徹子の部屋で


松坂慶子さんが 加齢に合わせて


太って行くと 皺が出ないし


健康も保てると おっしゃってました(^^)


私も そう思って 自然体です(笑)


🍀
Unknown (rfuruya)
2019-12-14 09:13:19
そうですね。ふっくらとしてた方が、健康的でいいような気がします。
なぜ、女性は細くなりたいんでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私の生き方、考え方&意見」カテゴリの最新記事