雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

名門『神戸木ノ実レ―シング50周年を祝う会』

2011-01-30 12:22:29 | M/Cレース

★土曜日に『神戸木ノ実レ―シング50周年を祝う会』がグリーンピア三木で行われたので出席した。

50周年と聞いてちょっと意外であったと言うのが実感なのである。

もっと旧いと思っていた。

昨日『青野ケ原モトクロス』のことを書いたのだが、

カワサキのレースのスタートとなった青野ケ原もほぼ神戸木ノ実のスタートと同じ時期だったのだと言うのは新たな発見だったのである。

 

50年前の日本のレース界、特にモトクロス関係は、MCFAJという全国のレーシングクラブからなるクラブ連盟の方がMFJよりもむしろ主力であった。

カワサキがレースを始めたころは、カワサキの契約ライダーのクラブは存在していなくて、

このあたりは推測だが、当時のカワサキ自販の小野田滋郎さんなどの手によって、厚木に三橋実が設立した『カワサキコンバット』というクラブがファクトリークラブであったのだろう。

三橋実と厚木周辺の岡部能夫、梅津次郎、加藤清丸などがメンバーでスタートした。

関西にはメーカー直属のクラブはなくて、片山義美さんが主宰する、神戸木ノ実レーシングの歳森康師、山本隆と個人的なライダー契約を結んでスタートしたのである。

 

★当時のモトクロスは、2サイクル車をもたないホンダはファクトリーチームは持っていなかった、CLなどの4サイクル車でのアマチュアの個人参加がちょっとあったくらいである。

ヤマハは、野口種晴のスポーツライダースというクラブでファクトリーライダーを集めていたし、

スズキは、東京の城北ライダース、関西は京都の小島松久のマウンテンライダースなどのクラブがファクトリー契約をしたライダーたちを擁していた。

そんな中で、神戸木ノ実レーシングは、御大の片山義美は二輪はスズキと7、四輪はマツダと契約し、当初そのクラブ員はカワサキやヤマハやBSなどとも契約すると言う独特のスタイルを持つレーシング倶楽部だったのである。

 

カワサキにとっては、歳森康師、山本隆に続いて、ロードレースで金谷秀夫、さらに村上力などとも契約を結んだし、片山の義弟の従野孝司なども一時カワサキの社員だった時期もありその後カワサキの契約ライダーになったりして、カワサキとの関係は非常に強くなっていったのである。

関東のカワサキコンバットが三橋や岡部、梅津などとの契約が切れて事実上倶楽部が解散してからは、

星野一義や清原明彦さらには和田将宏などカワサキの契約ライダーたちがその籍を置いてカワサキ色が強くなった時期はあるが、マツダとも、ヤマハ、スズキやホンダとの契約のあるライダーを有する非常に特色のあるレーシング倶楽部だったのである。

そういう意味では、名実ともに日本最大の名門レーシングクラブだと言っていいだろう。

一昨日はその50周年を祝う会がグリーンピア三木で行われた。

1960年代、70年代、80年代とこんなに大勢のライダーたちが集まった。

50周年だが、60年代の選手たちは、仲間と呼べる人たちばかりで、非常に楽しいミーテイングとなったのである。

既に昨日こちらのブログや、司会を務めたthiraiさんがそのブログTeam Green でアップしている。

そのほかにもこんな写真もあるのでご紹介してみよう。

御大片山夫妻への花束贈呈から始まった。贈呈者は愛弟子金谷秀夫と和田将宏夫人である。

当時の10数段ミションのスズキ50に乗る片山義美の写真を持つのはキヨさん清原明彦。

 

片山義美が加古川まで勧誘に来たと言うのが自慢の山本隆。二人ともご機嫌である。

会場には何故かカワサキKR500のファクトリーマシンも飾られた。

 『これが私』とこれはモトクロスならぬトライアルの山本隆である。

 

メインテーブルに座ったメンバー、前列左から

山本隆、片山義美、清原明彦、  後列左から私、金谷秀夫、和田将宏、村上力。

他にも毛利良一、杉尾良文、近藤博志、など全日本チャンピオンたちも出席していたので、まあ年寄りの特権ということか。

敢えて継承抜きで説明しているが、スターは一般に敬称抜きで呼ばれるものなので、それに従っている。

 

気がついてみると、片山義美以外は、全員がカワサキに関係があったのである。

スズキの契約であった片山義美もしょっちゅうカワサキに出入りしていて、貴重な意見をくれていた。

 

★このパ―テ―の最後に挨拶に立った片山義美さんが、

『神戸木ノ実レ―シングは本日の会合でその歴史を閉じたい。今後は神戸木ノ実クラブとして親睦会として継続したい。』と述べて50年の歴史の幕を閉じたのである。

この会には出席できなかった歳森康師、星野一義や片山敬済など、錚々たるメンバーが名を連ねたのである。

二輪ロード、モトクロス、トライアルさらには、四輪分野も有した、日本最大の名門レーシングクラブだったのである。

 

約1カ月後の3月4日には、この会の司会役を務めた平井さんが主宰する

参加者全員がNPO The Good Times の会員であることがMUST条件の

カワサキの想い出そして未来』で、また多くのメンバーや雑誌記者さんともお会い出来るのは楽しみなことである。

 

 

★私は三木に住んでいる。 

片山義美さんも、三木にお住まいなのである。

 

最後のこの一枚は、一昨日ではない。

道の駅みきで行われた西日本』最大のイベントBUG IN MIKI にメインゲストとして呼ばれた片山義美さん、お隣は二人とも、三木ではなかなかの有名人である。

ちなみにいえば3人ともNPO The Good Times のメンバーである。

 

私の仲間たちはみな、NPO The Good Times で繋がっている。

 

 

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 青野ケ原のモトクロス | トップ | 1月は上手くスタート出来た »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (60おじさん!)
2011-02-01 19:20:21
私も投稿しましたが、何れの写真をとっても皆素晴らしい笑顔ばかりです!
本当に素晴らしいパーティーでした。
ホントに (rfuruya)
2011-02-01 21:12:06
ホントに素晴らしかったと思います。
あなたのブログもよかったです。鏡割りの写真もよかったのですが、抜き取れません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

M/Cレース」カテゴリの最新記事

トラックバック

神戸木の実レーシング50周年記念祝賀会 (二輪ライフ)
バタバタしてたら 記事アップするの忘れてました。。。神戸木の実レーシング50周年