雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

綾部プロジェクト スタート

2019-12-04 07:45:18 | カワサキワールド

★カワサキバイクマガジンの今月号に『Z1 開発者大槻幸雄さんの「殿堂入り」』
   というニュースが流れた。

カワサキの二輪事業に同じ時期一緒に関わったものとして,
ホントにご同慶の至りなのである。

 
    


 大槻幸雄さんとは、カワサキの創生期レース仲間として、ご一緒させて頂いたこともあって、今でもゴルフコンペZ1会でもご一緒させて頂いているし、Facebook でもトモダチで繋がっていて、コメントなども頂いている。
 
その大槻幸雄さんも会員の一人になっておられるKAWASAKI Z1 FAN CLUB の来年度のイベントが4月18日に京都・綾部市で開催することになっていたのだが、実は綾部市は大槻さんのご出身地なのでもある。

 そんなことで未だ半年も先の話なのだが、
是非大槻幸雄さんをお招きして、Z1のファンたちでお祝いをしたいということで、大槻さんにご出席を依頼したら『快諾』を頂いたので、
急遽『綾部プロジェクト』が動き始めたのである。

 いつもは40人前後のこじんまりとした会合なのだが、
大槻幸雄さんがご出席』ということになると、人数も増えるかもと、異例のことなのだが半年前にその予約を開始したら、申し込みが殺到して即満杯になってしまったので、当初予約しようとしたところの他に、隣の宿泊施設の温泉ホテルも全館予約し、対応しようとしているのである。

このZのユーザーたちの一泊『ツーリング・プロジェクト』は
今回は登山道夫さんのご担当なのだが、
大槻さんがご出席となると、一緒にお祝いをというカワサキの関係者も増えそうなので、私もお手伝いをすることにしたのである。


★そんなこともあって、昨日は登山さんと二人で、現地の当初の宿舎とすぐ隣の温泉ホテルの概要を視察に行ってきた。

綾部市は、初めてだったが福知山の隣のこんな静かな環境で山々に囲まれ紅葉が見事だった。
三木から綾部まで往路は高速に乗らずに立杭などを通って、地道を走ったのだが、二輪のツーリングには最高の山道・田舎道の連続だった。三木を8時に出発して、10時20分に現地に到着したから2時間20分の行程だった。

  
   
 
 人口3万5000人という綾部市は、福知山のすぐ隣で、こんな山々の自然に囲まれたいい環境で、今回の場所は綾部市の北東部あたりの静かな環境なのである。
  





こんな環境の中に当初からの予定の施設があり、
どうも人数が増えそうなので、そのすぐ隣のホテルを全館を借り切ったのだが、
そのホテルは温泉付きで、両施設は同じ経営者だから、当日は温泉も借り切りみたいなことになるのだろう。
 

 
どんな内容にするのかはまだ決まっていないのだが、
昨日見てきた限りでは、100名ぐらいまでは大丈夫なようだし、
施設も想像以上に立派なのである。


  





その具体的な内容については、登山さんから更にいろいろと会員方々に連絡されるのだと思うが、
その状況によって具体的な対応内容が決まっていくものと思われる。

1泊どまりのイベントなので、時間も充分あるし、
大槻さんをはじめNPO The Good  Times 関係のカワサキの人たちも、
山本隆さんなど有名人が、既に何人も決まっているし、
大槻さんのお話をはじめ、結構オモシロいイベントになる可能性を秘めている。

私自身も現役時代から、数多くのイベントを手掛けてきたので、頑張りたいし、
大槻幸雄さんの殿堂入り』の祝賀イベントだから、それに見合うものにしたいと思っている。
 
その舞台になる施設は『大丈夫なのか?』を観てきたのだが、
これは間違いなく大丈夫なので、
このプロジェクトは、今後ますますオモシロく楽しく、
 
 Kawasaki. Let the Good Times roll !! 
  というカワサキの基本コンセプト通りに、
  Kawasaki  に出会う人たちがグッドタイムになるような展開を、
 当日、大槻さんに出会う方たちがハッピーになるような展開を
 心がけて、今から立案しようと思っている。
 
時期的にはまだまだ余裕があるのだが、
年が明ける頃から登山さんが具体的に動き始められることになりそうなのである。




コメント   この記事についてブログを書く
« 関初太郎 さんのこと | トップ | ずっと昔、Team Green にいた... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カワサキワールド」カテゴリの最新記事