雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

即位礼正殿の儀

2019-10-24 07:01:00 | 発想$感想

★ 『即位礼正殿の儀』が行われた。

    いろんな考え方はあるとは思うが、
 『万世一系の天皇』がおられる日本の歴史は素晴らしいし、
 世界に誇れるものだと思っている。


   


 終日ニュースがいろんな形で伝えた。
 その中からの抜粋である。
                         

ことし5月の皇位継承に伴って、新たに即位した天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」が皇居・宮殿で行われました。天皇陛下は「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられました。          


               
   



「即位礼正殿の儀」は国事行為として行われる「即位の礼」の中心となる儀式で、天皇陛下は皇居・宮殿の「松の間」で皇后さまとともに臨まれました。  

  

                          
 
儀式には秋篠宮ご夫妻をはじめ、11人の皇族方が参列されたほか、外国の元首や王族、それに内閣総理大臣など三権の長や各界の代表など、およそ2000人が参列しました。        

 この中で天皇陛下は「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします」と述べられました。                         
                         
    


  続いて安倍総理大臣が天皇陛下の前で「寿詞(よごと)」というお祝いの言葉を述べました。                            
そして安倍総理大臣の発声で参列者が万歳を三唱し、これに合わせて皇居外苑の北の丸公園で自衛隊が21発の礼砲を打ち鳴らしました。   

    

  
                        
         
     
夜は    『 饗宴の儀』 で締めくくられた。

   
                     



★この儀式に寄せられたコメント、一般国民の感想の幾つかである。


これだけの国賓がお祝いに訪れるなんてすごい
改めて世界最古の王朝の威厳を感じますね  
』                   




昼間の儀式で全て今日の行いは終わったと思ったのですが、まだ饗宴の儀があって、おもてなし的に最後の最後まで、日付変わるまで続くのでしょうね。体力があっても大変だと思える行事が続きますね。
メニューは思ったほど豪華でもなく、むしろ質素な感じですね。これじゃ一日の体力取り戻せなさそう。
何より最後まで無事に終わりますように。  』         



            

各国元首は日本から贈られた勲章を着けて参加するのだけど、これだけ多くの大勲位菊花章頸飾が一堂に会するのもスゴイ 』      


   


            
           
『今日の皇后さまは、朝のお出かけから笑顔でお手振りをされ、
夜は饗宴の儀でも笑顔でした。お元気そうで安心しました。
パレードが日延べになって、返って良かったかもと思う。
一日中の緊張感が少しは楽になる。
しかし、両陛下の存在感は凄いと改めて思った。  』


                   
             

『雅子様、素敵すぎる。
皇室の誇りです。
芯が強い方。
庶民の私だけど…
頑張っていこう!          』           


『雅子さま凄くお美しい。皇室外交でご活躍されることと思います。令和の新時代にふさわしい両陛下ですね。    』                 


★ 無事終わって、何かホッとした感じである。

 台風の被害があって、パレードは後日に延期されたが、また『素晴らしい1日』になるのだろう。

 『日本・万歳!』 である。


 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  閑な時には、こんなことし... | トップ | プロ野球・日本シリーズ  ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
反対ではありませんが (さすらい日乗)
2019-10-26 08:31:30
私は、天皇制に反対ではありませんが、万世一系を誇ることには賛成できません。それは側室がいたからにすぎません。
欧州の王室は、キリスト教によって側室を認めなかったので、王室が何度も交代しました。

今後、日本でも、女性天皇を認めるか、側室を復活させるしか方法はないと私は思いますが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

発想$感想」カテゴリの最新記事