雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

ブログの評価   雑感

2019-11-17 17:14:13 | 発想$感想


★ gooのブログに、ごく最近からこんな評価が出るようになった。

その評価は『いいね・応援・続き希望・役立った』の四つなのだが。
いいね』は兎も角、 『役立った』と評価してもらえるのは気分のいいものである。





 
gooのブログを開くと『あなたのブログへのアクティビティ』として、
こんな風に表示される。





 

ブログに沢山の方から、アクセスがあるのも嬉しいのだが、
役だった』と言われると
更にいい内容のブログをアップしようと思うようになる。

上に例で挙げた時の『役だった』を頂いたブログは、
『「夫は外で働き、妻は家庭に専念」という考え方をどう思う?』というもので、
Yahooの意識調査から、いろんなゲーターを紹介し、アメリカの状況なども入れたので『物珍しかった』のかも知れない。







★ ブログに沢山の方が訪れて頂くのは嬉しいことで、
私のブログは大体1日に訪れる方は、
この1週間は900~1100人で3000~3500ページぐらいを見てくれて、
そのブログの順位は、280万人もいる中で300~400位だから十分満足なのである。



  

  

gooブログのトップの方は4万人もの読者が訪れるので、さぞかし沢山の評価かなと思って、チェックしてみたら、
不思議なことにコメントは170件も来ているのに、見事に0が並んでいて、
この評価とはちょっと違うのかなと思ったりしている。




 
 なかなか『評価』などはムツカシイものである。

 いろんな評価があって当然だが、
 私自身は 『役立った』 という評価は気に入っているので、
 幾らかでも多く『役立った』 を頂けるように努力したいなと思っている。
 
 
コメント

皇位継承式典 について

2019-11-17 09:38:40 | 発想$感想

★『皇位継承式典』というNHKの非常に詳細な記事がった。






 このように纏めてあるので、興味・関心のおありの方はご覧になればいい。



即位の礼は、憲法に定める5つの儀式だそうである。
5月に始まって、今回の11月で終わっている。

 
 




最後に行われた『大嘗祭』がよく解らなかったのだが、
大要このように説明されている。

新嘗祭(にいなめさい)と神嘗祭(かんなめさいについては、私が小学生の頃はそう呼ばれていたので何となく解っていて、
新嘗祭は今年出来たお米を『天皇陛下』が、神嘗祭は『神様が』と覚えていたが、
伊勢神宮で行われる儀式が神嘗祭なのだろう。
           
                                       
大嘗祭(だいじょうさい)」は、毎年11月に行われる「新嘗祭(にいなめさい)」を即位後、初めて大規模に行うもので、皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式とされています。天武天皇の時代から、歴代の天皇が即位後に「大嘗祭」を行うことが皇室の伝統となってきました。
大嘗宮の儀」は、天皇が新しく収穫された米などを皇室の祖先とされる「天照大神(あまてらすおおみかみ)」とすべての神々に供えたあと、みずからも口にして国と国民の安寧や五穀豊穣などを祈る儀式です。


と説明されている。







そのために新たに建物を建てて行われ、その費用も非常に大きいのだが、
                        
政府は、前回の平成の大嘗祭にあたっての見解を踏襲し、儀式の宗教性を踏まえ国事行為ではなく皇室行事として行う一方で、費用は皇室関連の公的な予算にあたる「宮廷費」から支出することにしています。
これについて、秋篠宮さまは、記者会見で、「宗教色が強いもので、国費で賄うことが適当かどうか」と天皇の生活費にあたる予算の「内廷費」から支出されるべきだという政府の決定とは異なる意見を述べられています。』

 

日本古来の伝統に基づく儀式だが、いろんな意見はあるようだが、
皇室に対する国民の意識は総じて『好意的』で、女性天皇についても賛成が多いのは、『皇室が続いて欲しい』という希望の表われなのだろう。


    

   



 


令和の時代になって今は『天皇と上皇』が同時に存在する時代になったのだが、

  

 
 今は天皇陛下は赤御用地にお住まいのようだが、


 


 この写真の説明にあるように、夫々入れ替わってお住まいになるようだが、
 一般の方の引っ越しとは違うので、なかなか時間もかかるようである。






 


東京は大都会なのに意外にあちこちに緑が残っているのだが、
この写真にある緑を見ても、皇室の長い歴史が感じられるのである。

 
 
コメント

Instagram 雑感

2019-11-17 06:17:52 | ネット、Twitter & Facebook、Instagram
 
★昨今のネット関連、Twitterも、Facebook も、Instagram も何かおかしいように思う。

★ Facebook は、毎日日本のどこかで私のFacebook に ログインがあり、下図のような画面が現れる。
いいえ』をクリックして、新しいパスワードをインプットするか、メールアドレスに送られてくる数字を入れると、ちゃんと使えるのだが、なぜこんなことになるのか?

ログインする人のログインする場所は、毎回変わるので、『何のために、誰がやってるのか』不思議に思っている。


   



★ Twitter はずっと以前は幾らでもフォローが出来て、そのフォロー返しでフォロワーはどんどん増えて一時は60万人までになったのだが、最近はなぜかどんどん減って今は 55万人まで減ってしまった。

     



何もしなくてもフォロワーの集まる有名人は別にして、一般の人たちで『フォロワーの多い方』はどなたも私と同じように『フォローをして、フォロワーを増やしている』のだが、こんな方たちの『フォロワー』も軒並み減ってしまっている。

 それでもこんな一般人の中での私の順位は全国の17番目ぐらいなのである。

 因みに、一般人のトップは『だからこそ@神戸』さんで、一番多い頃はフォロワーは110万人ぐらいまで行ってたのだが、いまは100万人を割ってしまった。

  
  

twitter は、『フォローする数』を制限していて、30人が限度かも知れぬが、多くフォローなどすると、器械的にブロックされてしまう。

ただ、Twitterの事務局などに『ヘルプ』で事情説明すると、メールアドレスに丁寧な回答が寄せられたりする。


★ 一番対応がよく解らないのが Instagram である。

 今、私のInstagram は、フォローしようとすると、こんな表示が出る。
『フォロー』しようとした人にブロックされているのではなくて、器械的にすべての方のフォローが出来ないのである。



 誠に不親切だと思うのは、『報告』とあるが、このページでは何も対応ができないので、あちこち探し回ったら、こんなページがあった。

 そこに説明せよとあるので、一通り説明はしたのだが、どこにどのように返事が来るのかもわからない。
 至って不親切なのである。





 私はこのほかに毎日gooのブログをパソコンでアップしてもう10年以上になるが、ネットの中では、gooは飛びぬけて対応がいいと思っている。

 ところでInstagram は、パソコンからの投稿が、出来るのか出来ないのか?
私のレベルでは、パソコンからの投稿は出来ないように思う。

 私はスマホは持っているが、電話では使わない。
スマホを持っているのは、Instagramに 投稿するためで、かっては孫の旧いスマホの電話機能のないものを利用していたのだが、それが壊れたので。Instagram のために新しいスマホを持っているのである。

★ Instagram とお付き合いを始めた経緯を言うと

 ● 最初はパソコンでできると思ってパソコンから『rfuruya 1』で登録した。
   今でも『rfuruya1』で検索するとこんなページが現われる。

     



●パソコンではできないことが解ったので、スマホの旧いのを孫に貰って、
『rfuruya2』でInstagramをはじめたのだが、この時期が一番ちゃんとやっていた。

 今でも『Instagram ・rfuruya2』で検索すると、こんなページが現われて、

 

 こんな画像が現われるのだが、この『rfuruya2』のInstagram は誰かに乗っ取られたのか、表示されなくなってしまって、



   

● 『rfuruya 3』でまた始めたのだが、これもおかしなことになって、

 今は『rfuruya 4』 でぼつぼつとやっていて、あまりやる気にもなっていないのに、 突然の『ブロック』なので、別にどちらでもいいぐらいの程度のInstagram だから、今回の対応次第では、止めてしまおうかと思っている。


 そんなことで『このブログ』を書いたのは、このブログのままInstagram のヘルプセンターに送ろうと思っているのである。

私のスマホにはこんな警告文のようなものが送られてきている。
 失礼も甚だしいと思っているのである。

あなたはフォロワーや「いいね!」の提供をうたうアプリとユーザーネームやパスワードを共有した可能性があります。コミユニテイガイドラインに違反しているため、そうしたアプリからのフォロワーの追加などのアクテイビテイは削除されます。アカウントが停止されないようパスワードを変更してください


★ 私自身がネットのシステムに弱いこともあるのだが、ネット、特にInstagram はなかなかややこしくて、このままだと続けてやる気にはなれないというのがホンネなのである。


この全文と、ブログのURLを Instagram のヘルプセンターに送ろうと、このブログをアップしているのである。

 

コメント