雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

ラグビー人気は 『にわか人気』か ??

2019-11-04 14:05:42 | 発想$感想


★ ワールドカップ・ラグビーで日本中が湧いたのは、つい先日のことである。

 『にわかファン』なる言葉も、このラグビーで生まれたのだが、実はそうでもなくて、
その底辺では、『ラグビー人気』が着実に盛り上がっているのかも知れない。

 昨日に続いて、今日も三木総合防災公園に走りに行ったのだが、いつも止める駐車場は、すべて満車で止めることが出来ないのである。

 しょっちゅう来ている公園だが、広い駐車場があちこちにいっぱいあるので、こんな状況に出会ったことは一度もないのである。


★何事なのかと思ったら、子どもたちの『兵庫県のラグビー大会』だというのである。

 『サッカー大会』はしょっちゅうあるのだが、こんなことになったことはない。
 写真を撮ってきたが、グランドも、芝生も大変な子どもたちなのである。

  


 



 
 こんな状況は、サッカー大会では『観たことがない
明らかに、サッカーとはちょっと体型の違う、子どもたちがいっぱいだし、
 






 あの『激しい』ラグビーを、『危ない』などと言わずに、小学生の頃から、させる『敢な親たち』も沢山いるのである。
 女の子たちもいたから、『ビックリ』である。
 
 そんな熱心な親たちもいっぱいいた。
 『日本のラグビー』も『にわかファン』だけではなくて、着実にその底辺は確実に育っているなと思ったのである。


    


 
 いつも止める駐車場は、こんな状態で満車だったので、

 こんなビーンズ・ドームのさらに奥にある駐車場に止めて、走ってきた。
  
  


三木総合防災公園は流石に『広い』この駐車場は、まだ余裕もあったのだが、初めての方には、なかなか見つけるのがムツカシイと思ったりした。

 

 
公園に行った目的が『走る』ことなので、少々駐車場が遠くても『ハラは立たない
今日も約6000歩走って、戻ってきたのである。

 
 


コメント

日本のサッカー その環境  雑感

2019-11-04 07:29:38 | 発想$感想


★ 昨今の日本のサッカーのレベルは男子も女子も世界的に相当なレベルにあるのだが、
そんなサッカー界を支えているのは、末端の底辺の広がりや、
その環境設備の充実が一役買っているのだろう。

 
毎週走りに行っている三木総合防災公園にも、
素晴らしい設備のサッカーコートが競技場の中央コートの他に5つもあって、
毎週週末にはいっぱいのサッカー選手たちで埋まるのである。


 昨日はこんな看板が出ていて『兵庫Uー9』の表示があったので、
兵庫県のU-9の優秀選手の強化練習かな?と思ったが
そうではなくて、兵庫県のU-9の底辺を広げるために、
参加する女の子たちを集めてのトレーニングだったのである。

ホントにサッカーを始めたばかりの女の子たちが、こんな立派なコートでサッカーができるのである。


 


ちょうど練習がスタートする前で、コーチからの注意事項などが伝えられていた。




 
11人のこんな組み分けで、レーニングが進むようである。
 サッカーに関する注意事項と共に
トイレには1人で行かないこと、必ず誰かと一緒に』などという注意もあって、
今の時代だな』と思ったりした。





大きなコートのほうでは、これも小学生のチームだが、
こんな本格的なコートでの試合が進められていた。







★ この三木総合防災公園兵庫県の施設だから、誰でも申し込めば使えるようになっているし、芝生も非常に綺麗に整備されていて、素晴らしい環境なのである。

息子もサッカーをしていたが、
その頃は兵庫県に『芝生のサッカーコート』と言えば『神戸中央のサッカー場』だけしかなくて、
よほど大会でないと使えなくて、
芝生のコート』でサッカーをすることは夢だったのだが、
時代は変わったものである。

 
三木総合防災公園は、日本ではなかなか見られない広さで、
こんなサッカー場の周りの周回路を走っているのである。

 


これはアメリカだからその広さが違うのだが、孫たちが練習しているIrvineのグレート・パークのサッカー場で、まさにアメリカの広さである。
このサッカーコートが毎日、昼からよる9時ごろまで、こどもたちで埋まるほどアメリカのサッカーは盛んなのである。女子がずっと世界一なので、女の子もいっぱである。
そのコートの数を見てもアメリカの広さが解るだろう。
 空軍の飛行場の後を、文字通りの『Great Park』にしようとしていて、進行中なのである。

  
  
 
 その広さに於いては、太刀打ちできないが、
 日本の環境もその質においては負けないレベルになってきた。
 
 いつの日にか、
 サッカーワールドカップで、
 世界一を狙える日が来ることを祈りたいものである。


 
 
コメント