雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

Shinya Kadono

2019-07-29 06:08:54 | 発想$感想

★ 孫・Shinya Kadono(門野真也)は、今春夢だったプロ入りを果たしたのだが、すぐにトップチームで通用するほどプロの世界は甘くない。


どうするのかな?と思っていたら、
ジョージア州のTormenta FCというチームから3ヶ月のローンオファーがあって、そのチームでやってみることにしたらしい。

 自分のFacebook にこんな決意を語っていた。
 Facebook に自ら書き込むことは珍しいことなのである。
それは英文で書かれていて、アメリカの友達たちから沢山の『いいね』を貰っていた。 (下の日本文は自動翻訳である。)






★新しい旅は始まったばかりだが、Torment FCのホームページでは、こんなに大きく扱ってもらっている。



  


 このチームは一つ下のリーグだが、今2位を走っているらしい。
その優勝を目指しての補強なのである。
 早速、移籍直後の試合に後半の最後のほうから登場して、こんなムツカシイ状況から、同点シュートを決めることが出来たようで、1-1の引き分けに終わったようである。

 



 そのシュートの場面の動画を娘が送ってくれたのを観たのだが、なかなかのナイスゴールだった。



 Shinya のいいところは、小さいけど体は強く競り負けない、ゴール前でも決して慌てたり焦ったりはしない冷静なところがいい。

 このシュートも左のウイングから来たパスを二人に囲まれながら、そのまま左足でゴールの右隅に流し込んだもので、蹴る前か、蹴った直後の映像だろう。
 動画で見ると見事である。

 さて、3ヶ月のレンタル期間でどんな活躍をするのだろう?
 そのあと、またどんなことになるのだろう?

 いずれにしても、プロの世界なのだから、学生時代とは全く違う『実力の世界』なのである。
 期待して招いてくれたチームの期待に応えて、負け試合を引き分けに持ち込めたのは、『ある意味真也の持っている運』なのだろう。
 
なぜかアメリカのテレビ放送では、真也のことを
Shinya Kadoーno』とどのアナウンサーもフルネームで叫んでくれるのである。

 今後も沢山の『Shinya Kado-no』を聞きたいものである。

 
コメント