雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

しもじも日記 と とのさま日記なるもの

2015-03-09 11:00:44 | 発想$感想

★ ブログとか日記とかは、1日で実にに一つ書くものだと勝手にそう思い込んでいた。

つい先ごろ、お二人の女性にブログを薦めたら、直ぐスタートされたのが、

しもじも日記 と とのさま日記なるもの』  なのである。

 

    http://blog.goo.ne.jp/hayatakayuhi

 

    http://blog.goo.ne.jp/mikisanro-do0501

 

 そのどちらも、1日に何回も記事がアップされるので、ビックリしている。

どちらも2月25日にスタートして、今日で13日目なのだが、

『しもじも日記』延べ32回だから、1日に3回

『とのさま日記なるもの』に至っては、延べ63回で、実に1日5回もの書き込みなのである。

 

     

 

  しもじも日記の著者は、藤本喜子さん。

 

 

      

 

 そして、 とのさま日記なるもの  の著者は、殿界寿子さん。

 どちらも、  燦々SunSun  http://www.thegoodtimes.jp/sunsun/ のキーパーソンで、 

この写真は 6日の日に行われた、「燦々を愛する人のカイ 第1回」の中からです。

 

  この動画で、大体の雰囲気お解り頂けると思います。

 殿界さんが、私が喋ってるところを主に撮ってくれています。

  https://www.facebook.com/video.php?v=231348947040250&set=vb.100004954393637&type=2&theater

 

  こんな調子で、 燦々SunSun の情報発信力は、どんどん上がって行くと思っています

コメント

強力なハブリーダー松本茂樹先生

2015-03-09 06:56:41 |  燦々 Sun Sun

燦々SunSun の世話人代表をして貰ってる 関西国際大学の松本茂樹先生

初めてお会いしたのは2012年4月、『粟生線の未来を考える市民の会の第1回総会』のあった時である。

 

 

    

 

http://blog.goo.ne.jp/rfuruya1/e/dfdd8ffe4ef5f5230b12ef1aaa52cab2

その時、アップしたブログだが、その中にこんな写真が載っている。

粟生から帰りの電車の中、別に意識した訳ではないのだが、その一番右前に松本先生写っているし、その横は山本篤先生、左のシートには井上章二さんもいる。

 『関西国際大学の松本茂樹先生も、昨日が初対面だがFacebookでは毎日お会いしている』 と 

ログに書かれているので、Facebook ではもっと前から繋がっていたのである。

 

★ そんな松本茂樹先生と、昨秋以来、非常に密接に繋がった。

先生が主宰されている『神戸ベンチャー研究会』でのスピーカーを突然頼まれたのである。

 

   

 

10月11日のことだった。  

ものごと何でもきっかけがある。 小さなことだが、それを見逃すとものごとは大きく育たない。

10月25日は、午前中NPO The Good Times の理事会だったのだが、それからでも間に合うようならとお引き受けをした。

それからちょうど半年になろうとしているが、この松本茂樹先生の依頼から、何かものごとはどんどん動きだしたのである

 

● 同じ10月のはじめごろ  殿界寿子さんに出会っている。 

Facebook のサンロード商店街の記事がオモシロかったので、どんな人が書いてるのだろうと、事務局を訪ねてみたのである

今年になって、順調に育っている、地域活動まちおこしを目標にしている

燦々SunSun  のキーパーソンが、強力なハブリーダー松本茂樹先生と殿界寿子さん であることは間違いない。

 

松本先生も、殿界さんも、お二人ともめちゃ活動的だし、Facebookなどへの取り組み方も、半端ではナイ。

なぜかお二人とも 熱心な鉄ちゃん で 今日の鉄ちゃんというグループを創られていて、

私などもメンバーには入れて頂いてはいるのだが、とてもついてはイケナイ プロレベルなのである。

 

 

    

 

   これは松本先生の公開講座で、発表された世の中の人の繋がりの、ハブ&スポーク、クラスター、ネットワーク の図表だが、

松本先生も、殿界さんも

そして、今 燦々SunSun に集まっておられる人たちはみんな、こんなキーパーソンたちばかりなのである。

 

     

 

 松本先生は 『地域活性化プロデユーサ―を創ることが明確な目的だ』 と仰っています。

そんな松本先生のお話と もう一人の個性豊かな 殿界さんのスピーチ、 ぜひ聞いてみてください。

 

     

 

 

 燦々SunSun はこんな強力なハブリーダーの下に、間違いなく、確実に前進する ことが、お解り頂けると思います。

 

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 English Version です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

三木緑が丘を愛する人とのカイ

2015-03-09 06:38:20 |  燦々 Sun Sun

★ 今年の1月には 燦々SunSun が立ち上がった。

      

 その原動力になってる人が 殿界寿子さん である。

 

つい先日、ちょっと勧めたら、 ツイッターも始めたし、https://twitter.com/KotoKing0205 

ごく最近はブログも立ち上げた。  http://blog.goo.ne.jp/mikisanro-do0501

そのブログが、またユニークで、本音で書かれているのがいい。

 

兎に角、その行動力とスピード何でも直ぐ実行 なのである

 

      

★燦々SunSunノ団体会員として立ち上げた

 三木緑が丘を愛する人とのカイ 

ちゃんと 『殿界 トノカイ』 がそのネーミングの中に隠されている。

 

Facebook には、こんなコメントが流れた。

     

         https://www.facebook.com/snuroad.miki

 

今後の展開をどのようになるのだろうか?

絶好のタイミングなのである。

これはなかなかオモシロそうなので、本気で手伝ってみようかと思ったりしている。

先日、サンロード商店街の田原理事長に頂いた『サンロード商店街情報発信元気アップ事業』の基本コンセプトには、

商店街としての情報化への取り組みは喫緊の課題  と謳われているし、

燦々SunSun の町おこしプロジェクトとの協働に期待 と明確に書かれている。

 

   

 

 設立以来、6年を経過し、そのベースとなるトータル基本システムは、100%完成 している

今後の課題は、より末端の、グループや商店などを視野に入れた より現実的な仕組みの構築  にチャレンジすることである

 

異種、異質、異地域が どんどん繋がるからオモシロイのである。

● 関西国際大学の松本茂樹先生のグループ

● 神戸ベンチャー研究会グループ

● 粟生線の未来を考える市民の会 の山本篤先生のグループ

● NPO The Good Times の世界に展開しているいろんな人たち

そんな人たちの共感、協働を得ながら、

● 三木緑が丘のサンロード商店街の田原理事長のグループ も巻き込んでの、

そんな異種、異質、異地域の協働がスムースに図れる  共感ネットワーキング が出来ればいいな と思っている。

 

その核になる人、 それが殿界寿子 さんだと思っている

 

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 English Version です

 

 

 

 

 

 

コメント