雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

信州・群馬への2泊3日の旅

2019-05-20 09:21:56 | World Good Riders Association

★この週末は『信州・群馬への2泊3日の旅』でした。

最高の仲間たちと一緒の楽しい旅でしたが、ムツカシク言うとNPO The Good Timesとしての公式行事の一環だったので、山本隆理事長も登山道夫事務局長も参加されましたし、私も参加することになったのです。

 安中市の交通安全週間の行事に参加して、警察署長さんからこんな感謝状を頂いたりしました。

 

    

 

 全国二輪文化協会吉田純一会長も参加されましたし、一連のイベントの主催者は金井紫朗さんです。

 

    

 

 茂木英子安中市長も参加され、サイドカーに乗られての市内パレードにも参加されたのです。

    

    

 

 私もそのパレードにはカワサキのサイドカーに乗せて頂いての参加だったのです。

 

    

 

 

    

 

 『自動二輪交友会』の方たちのいろんなバイクに加えてKGRA(KAWASAKI  GOOD RIDERS ASSOCIATION) のこんなメンバーたちが、この安中市の行事に参加したので、感謝状を頂いたりしたのです。

 いろいろとご配慮いただいてバイクの先頭を走ったのがカワサキでしたし、その一番前を全国二輪文化協会でもご活躍の川崎由美子さんが走られたのです。

 

    

 

 そしてこの一連の行事の主催者の金井紫朗さんがNPO The Good Times の二輪関連部門 WGRAの団体会員に参加されて,この行事に参加された500名に近いメンバーを『浅間GOOD RIDERS CLUB』会員として認定されたのです。

 

 これは私に頂いた会員カードです。

 

    

 

 今回の行事をスタートとして、今後どのような展開になるのかが楽しみです。

 

★ 5月17日の朝9時に三木のGOOD TIMES PLAZAをレンタカーでスタートしてこんなルートで軽井沢まで。

 

  

 

   途中三好礼子さんのお店に寄ったりして、

 

    

 

 1日目は軽井沢のケン鈴木ご夫妻経営のシルバーストーンで本当に楽しい一夜を過ごせました。

 

    

 

 ケン鈴木さん、トーハツをスタートに、BS でもレースチームに関係されて、最後はカワサキのヨーロッパでのGPチーム運営を担当されました。

 当時カワサキでUKやレースを担当されたのは、メグロからカワサキに来られた故内田道夫さんです。私は特に内田さんとは親しかったし、密接な関係もありましたので、ケン鈴木さんとはそんな昔話に華が咲いたりしました。

 

 ケン・鈴木さんとも、今回の主催者のイベントの主催者の金井紫朗さんと、今回参加のメンバーたちが初めてお会いしたのは、2011年3月に明石で開催された『カワサキの想い出そして未来』なのです。

 このイベントを主宰された平井稔男さんは今回は参加されなかったのですが、そんなイベントがきっかけで、いろいろと発展するものだとホントに感慨もひとしおです。

 私がいまFacebook  のトップページに使っているこの写真がその『カワサキの想い出そして未来』の中で撮ったものです。

 

   

 

この写真のメンバーたちは、カワサキに関係があった方たちの他、ホンダ・スズキ・ヤマハ・ブリジストンなどメーカーを越えた集まりになっていて、田中隆三さんはこの会でBS当時関係のあったケン・鈴木ご夫妻とも会われているのです。

 この会に今回の主催者、金井紫朗さんも来られていたとは、実は今回の旅で初めて知ったのです。

 NPO The Good Times の基本コンセプト『異種・異質・異地域をみんな繋いでいい時を過ごそう』の通りの展開となっています。

 

 今回の2泊3日の旅の詳細は、また別途纏めますが、こんなことで私もこんな公式行事もあるイベントに参加できて本当に喜んでいるのです。

 金井紫朗さん、本当にありがとうございました。

 

 

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★ Instagram です

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★50万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

 

 

  

 

    

 

   

 

コメント

5月18日にある こんな二輪イベント

2019-02-05 06:57:48 | World Good Riders Association

★ 先週の日曜日午後、こんなメンバーが集まった。

 Facebook にはNPO The Good Times の事務局長の登山道夫さんがその日のうちにアップされている。

 

 昨年から、群馬の金井紫朗さんが登山さんを訪ねてお越しになるので、私にもとお声が掛かっていて、3人でのご相談の予定だったのだが、Facebook のコメント欄に吉田純一さんがこんなコメントを寄せられて『お見えになる』というものだから、一挙に吉田純ちゃんのカワサキの同期の柏原久さん、一期上の渡部達ちゃん、純ちゃんの神戸営業所時代の上司平井稔男さんなど、かっての『カワサキメンバー』が集まって、こんな賑やかな会合になったのである。

 

      

 このコメントは以下省略してあるが、登山道夫さんも加わって、延々と続いているのである。

 この辺りが、今の『ネット社会』のオモシロさなのである。

 久しぶりにかってのメンバーが顔を揃えたので、昔話も含めて賑やかだったのだが、金井紫朗さんが持ってこられた『イベント話』についてはホントに真面目に、熱心な討議がなされたのである。

 メンバーがよかったので、30年前の ケイ・スポーツ・システムの時代に戻ったような『格調高い遊びの話』になったのである。

 

  

 

    

 

  登山さんがシャッタ―を押して頂いているのだが、金井紫朗・神谷武始・菅野嘉之さんを入れての9名での熱っぽい3時間だったのである。

 

      

 

 ★金井さんがお持ちになった話は、旧い歴史をお持ちの『全国自動二輪交友会』の第54回のイベントを群馬県安中市の市長さんや警察機動隊なども協力してもらい、開催日が交通安全週間でもあることから、『交通安全活動の一環』として金井紫朗さんが主催で旗を振られることになっているのである。

 歴史のある『全国自動二輪交友会』の催しで、私も何十年か前だが、兵庫メグロの西海社長が関係された時は、有馬温泉の会に出席したこともあるのだが、今回は金井さんが、ユニークな形でのイベントに仕上げようとされていて、吉田純一さんがいろいろと関わっておられる組織や、NPO The Good Times としても、お手伝いをしようということになっているのである。

 自動二輪だけに拘らない、もっと巾を広げ日本の4メーカーなども、こんな真面目なイベントに積極的に参加・応援などすれば、二輪の業界がもっと楽しく、より社会と共存する方向になるのではと思っているのである。

 金井さんは、この春のイベントだけにとどまらず、秋にもまたやりたいと言われているし、日本二輪のレース発祥の地とも言われている浅間の近くだし、女性ライダーなどにも声を掛けての和やかなイベントになればいいなと思っているのである。

 イベント開催日の5月18日までには未だ時間もあるので、関東の『二輪文化を伝える会』(村島邦彦・松島裕さん)なども是非ご協力をと思っているのである。https://2rin-tsutaeru.net/

銘柄・メーカーなどの枠を超えた日本独特の二輪文化に育ったらいいなと思っている。

 昨年だったか、ちょっと田崎雅元さんに話したら「一緒に行こうか」とも言われているのだが、メーカーの枠を超えて、日本の二輪業界が横に、それも末端のユーザーが先頭で『繋がる』独特のものに育てばいいなと思っているのである。

 何よりもその『可能性』を感じるのは、金井紫朗さんの熱っぽさなのである

 群馬からこんな自家製の『お土産』をお持ちで、三木まで来られてるのである。

 

      

 

 今回は吉田純一さんが、絡んで頂くことになたので、ヨコへの広がりは大いに期待できるのである。

異種・異質・異地域をみんな繋いでいい時を過ごそう』という 基本コンセプトにもピッタリなので、NPO法人The Good Times としても、いろんな形でのご協力をと思っているのである。

  

  こちらが、昨日金井さんが持ってこられた、イベントの趣意書なのである。

     

 

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★ 今年4月に始めた Instagram です

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★60万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

     

     

コメント

 Good Times Plaza での グッドタイムなひと時

2017-03-23 07:24:27 | World Good Riders Association

★ 3月も彼岸も過ぎて、『暑さ寒さも彼岸まで』東京では桜が咲いたとか。  もう春もそこまで来ている。

 

一発勝負は、ホントにムツカシイ。

WBC 野球の最強国のアメリカとの準決勝、残念ながら2-1と敗退だが、小久保・侍ジャパンはよくやったと思う。

 アメリカの監督からも菅野に賛辞である。

 

  

 

 

    小久保監督、勝負の世界だから仕方がないが、素晴らしい監督だったと、私は思う。

 

 

    

 

   

 

 ★ そんな WBCの野球を観ていた半日だったが、

 

  午後からは、大槻幸雄さんと山本信行さんたちと Good Times Plaza で『バイクの世界の話』が楽しかった。

 

  そんな話の合間に、 登山道夫さんが こんな写真を持ち出してお二人にサインをお願いしたのである

 

    

 

 この写真、そのモノは1971年当時 Z1のアメリカでのテスト段階 の写真だそうである。

 まだ、マル秘段階なので、タンクマークの文字は HONDAと言うマークが貼られている。

 

   先日この当時のことを、当時の開発テストを担当していた 百合草三佐雄さんが、Facebook の私の問いかけに、このように応えてくれているのだが、

 

Misao Yurikusa
 
1971年はZ1のの開発でメーちゃん(山本さん)と一緒にアメリカでテストしたり、Z1が社運をかけた機種だけに設計の稲村さん、糠谷さん、富樫さんと清原さんも一緒に激論を交わしていました。
 
 
この写真の 後ろ向きの『黄色いつなぎ』 (なぜかつなぎには見えないが、クシタニ特製の皮つなぎ だそうである。)
 
そのつなぎの主が メーちゃんこと 山本信行 さんなのである。
この写真談義 だけでも結構長く続いた。
 
 
 
★こんな写真に、サインを頂いたのは まず カワサキのZ1の開発責任者 大槻幸雄さん

  Mr. Horse Power と呼ばれてるので、 HP Ohtuki  とある。

 
 
もう一つのバイクのように見えるのが、これがメーちゃんのサインで、『山本信行』と書かれているそうだが、
ちょっと読むのが大変なので、その横に 漢字で書いてもらったのである。
 
 
こんな貴重な写真の持ち主は、Zのことを語らせたら1日でも喋っている KAWASAKI Z1 FAN CLUB   http://z1fc.com/  の 事務局長、登山道夫さんである。
 
 
 
     
 
 
    
 
 
 
    発売45周年を迎えようとする カワサキZだが、三木の Good Times Plaza には、こんなZの真打たちも、
 
    その開発の 原点の 『大槻さんもメ―ちゃん』もやってくるなど  『世界のZのへそ』的存在になりつつある
 
    この お二人の『サイン入り写真』 もまた 登山さんの宝物になるだろう。
 
 
    野球は負けて残念だったが、 午後からの半日はなかなかの  Good Time な ひと時だったのである。
 
 
 
 
 
コメント

豊岡からやってきた青木隆さんと

2016-10-09 06:54:36 | World Good Riders Association

★『アメリカから帰られたら遊びに行きますね』とは Facebookでコメントを頂いてはいたのだが、昨日昼、登山さんから『青木さんが来られてますよ』と呼び出しの電話があったので、すぐにGood Times Plaza に出向いて、4時過ぎまで喋っていた。

アメリカ帰りなので、『アメリカでの話』もちょっとはあったのだがここに集まる人たちの主たる話題は、私は殆ど理解のできないバイクの高度な話が延々と続くのである。

  

  

 

 これはこのShop の主、登山道夫さんが撮ってくれたのだが、左から長谷川さん、私、青木さんに美樹さんである

みんな不思議なご縁で、長谷川さんは、生前母がお世話になっていた特養『りんどうの里』にお勤めなのである。いつもりんどうの里に行くと、綺麗なZが置いてあったのだが、その頃は面識がなくて、このGood Times Plaza で初めてお会いしたのである。

青木隆さんも、今日乗ってこられたバイクを加古川の山本隆さんのところで買われて、その帰りにここにお寄りになったご縁からのお付き合いなのである。 Facebook では毎日お会いしている。

そして美樹さんも、かって川崎重工業の単車の試作におられたバイクマニアなのである。その当時は全然面識はなかったのだが、ここでお会いして繋がった。

こんな人たちが集まるとみんなバイクマニアだから、私は殆ど解らないバイクの話が、いつ果てるとなく延々と続くのである。

 

そんな動画を撮ってきた。

 

こんな話の仲間に、いつも誘って頂いて幸せである。

 

ここにはいろんな 有名人が何となくやってくる。

ごく最近では 武石 伸也 くんがやってきたらしい。武石君は現役のころから面識がある。何故か登山道夫さんと繋がっているらしい。

店のいろんな飾りには、ここを訪れた有名人のサインがいっぱいである。

 
      

 

 日本からだけではなくて、世界からやってくる。

 この額の一番上にサインしてるのは、ニュージーランドのクロスビーや、ドイツのミッキー・ヘッセさんだったりする。

 

★こんなこと書いてると、青木隆さんからこんな写真と共にFacebook でお礼のコメントが送られてきた。

バイクは早いね。もう豊岡まで戻っている。

 

  

 

 いっぱいの『グリーン』である。

 『バイクが繋いだ縁をこれからも楽しみたいと思っております。機会を見つけて是非お越しください』と書かれていた。

 

 確かに、『バイクが繋いだ仲間』はいいものである。

 

 

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★三木 緑が丘 サンロードを愛する人のカイ!のホームページです

★燦々Sun Sun です。

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★55万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

コメント

zed-cafe と向笠暁彦さん

2015-06-17 08:41:13 | World Good Riders Association
 
 
 
 
 
 
はじめてお会いしたには、いつだったのだろう?
いろんなところで、ご一緒している。
バイクがあるところには、どこでも現れる、そんな感じである。
 
バイクに乗るだけではない。文章も書かれて、雑誌に投稿もされる。
写真は、完全にアマチュアのレベルを超えている。
 
NPO The Good Times 関係で、いろんなところでお世話になっている。
 
World  Good Riders Association 関東支部では発起人に当たる世話人にもなって頂いているし、
地域活性化のプロジェクト、燦々SunSun http://www.thegoodtimes.jp/sunsun/  のプロジェクトリーダーもお願いしている。
 
 
そんな向笠暁彦さんが、今回 Facebookの中に 『zed-cafe』
https://www.facebook.com/groups/865386833510390/?fref=ts    というグループを立ち上げられた。
 
何かの、お手伝いでもできるかなと、仲間に入れて頂いた。
 
そのページに書かれている、基本的なコンセプトと、ちょっとした取り決めのようなものだが、ご紹介しておきたい。
 
その中に出てくる『サイバースペース』とは
 
サイバースペース (英:Cyber-space) は、コンピュータネットワークの中に広がるデータ領域を、多数の利用者が自由に情報を流したり情報を得たりすることが出来る仮想的な空間のことを指す。
 
 
 
 
 
 
 
バイク旅やキャンプ、そして写真のことをちょっと深く語り合ってみませんか?
zed-cafeはサイバースペース上の談話室。行きつけのカフェでゆったり歓談するイメージで旅気分に浸ったり、旅情報や写...真のあれこれで盛り上がりましょう。
素敵な旅話や写真をお持ちの方はぜひご披露ください。

★Menu★
・ツーリング(ロング、ショート)
・キャンプ
・旅の記録法
・旅の思い出
・旅の道具
・各地の祭り、名所旧跡、グルメ、ロケ地巡り、街道・廃道・鉄道
・写真の基本
など

zed-cafeは WGRA(*1)傘下のグループで運営方針や規約等はWGRAに準じますが、参加者が皆気持ちよく過ごせるよう以下の規約を設けます。
また、他のWGRAグループと同様に会員カードを導入しますが加入は任意とします。zed-cafeを気に入っていただけたら、ぜひご加入ください。

★zed-cafeご利用の規約★
1.旅も写真も個人的なもの、絶対ということはありません。お互いの意思や経験を尊重し誹謗中傷は禁止です。
2.各地のイベントやお買い得情報等の投稿を歓迎しますが、特定の個人や企業の商行為、宣伝につながる投稿はご遠慮ください。zed-cafe法人会員はこの限りではありません。
3.フェイスブックの投稿はすぐに流れてしまいますので、有用な情報はzed-cafeのブログに転載いたします。また、投稿写真をアルバムに編纂する場合があります。
4.当グループの運営方針、公序良俗にそぐわない投稿はグループ管理者の判断で削除する場合があります。
5.本規約は修正する場合があります。

*1 WORLD GOODRIDERS ASSOCIATIONは NPO法人The Good Times(http://www.thegoodtimes.jp/)を母体とし、バイクを楽しみ世間での地位向上、すなわち一般社会からの好感度認知を高めることを目的としたグループです。
 
“Let the good times roll”の考え方を世界で展開していきます!
 
 
出来たばかりで、今後どのような展開になるのか解りませんが、応援したいと思っています。
Good Riderの皆さん、バイクに少しでも関心のある皆さんが、応援して下さることを祈念します。
 
向笠暁彦さんが、主宰をされますので、間違いなくいい方向に グッドタイムな世界に向かうものと思っています。

 

 
コメント

警視庁主催の「女性ライダーによる交通事故防止ツーリング出発式

2015-05-15 06:45:42 | World Good Riders Association

 

    

 

コレなんだと思います?

 

   

 

 

 

 ★昨日の夕方、Facebook の 「二輪文化を語る会」 にこんな投稿がありました。

 

来る5月17日(日曜日)警視庁主催の「女性ライダーによる交通事故防止ツーリング出発式」として、54名の女性ライダーが警視庁本庁舎正面玄関前から皇居を一周して小鹿野までツーリングするというイベントが行われます。

僭越ながらが そのツーリングの総まとめを担当させていただきまして、尚且つ安全運転宣言も致します
当日は、映画で話題になた「パトレイバー」が最後の任務として警視庁前に登場し、私たちをお見送りするという設定でイベントが行われます。
TV報道や新聞社、一般雑誌やバイク雑誌関係など相当数のメディアがいらっしゃるとのことで、ちょっと私も慌てています。

...

いまから美容院に行ってきます!(あれ?)

当日は見学も大歓迎とのことですので、とっても朝早いのですが、もしお時間がございましたら桜田門にて女性ライダーたちを応援していただければ嬉しいです
また交通安全教育は幼児教育からと考えている私にとっては、こういう時こそお子様と一緒にいらしていただければ、お子様もより一層安全への意識が高まるのではないかと自負している次第です。

ながっくなってしまいました。 それでは・・・桜田門でお待ちしております!

 

この筆者、は、 World Good Riders Association の関東支部 の世話人を務めておられる

川崎由美子 さん なのです。

 

      

 

   Facebook で川崎さんにこんなお約束をしたので、ブログ アップしています。

 

    

 

  川崎さんのコメントにもある ツーリングの終着点は、バイクで町おこしで有名な小鹿野町 です。

 

    

 

    

 

こんな下見までされて準備万端です。

関東のバイクファンの皆さん。ぜひ応援してあげてください。

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★48万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

コメント

但馬空港のイベントに参加

2015-04-27 06:11:12 | World Good Riders Association

★昨日は、但馬空港で行われたこんな二輪のイベントに
NPO The Good Times 理事長の山本隆さんと車で参加しました。

三木から約100キロ往復の車中を含めて、山本隆君と久々に楽しい会話を交わせたのがまずよかったと思います。

イベントが行われた但馬空港という舞台がまた最高でした。

こんな舞台でのイベントは、東京や大阪などの都会では夢のまた夢、とても実現はしないでしょう。

 

   

 

 朝から、出石でのそばの昼食で解散まで時系列に動画で追っかけています。

ご覧になれば、ほとんど説明は不要かと思います。

 

 

 

   

 

 こんな集合写真、まさにGood Rider たちがあちこちから集まりました。

 

   

 

 出石名物 皿そばでの昼食も最高でした。

 Facebook には、すでに沢山の写真がアップされています。

 チラシ1枚も作らずに、

Kawasaki Lime Green Fan Club の主宰者 青木隆さんがFacebook  にイベント案内を出しただけなのに、

東京からも、宮崎からも、そして四国からもグッドライダーたちが自然に集まりました。

 

初対面の方もいっぱいでしたが、宮崎から来られた方は、宮崎出身の田崎雅元さんのことを私がブログにアップしたので・・・などと思わぬことも仰ってました。

青木隆さんのブログを見て、とおっしゃてた方もおられました。そんな出会いを大事にしたいと思っています。

三木からは片道100キロちょっとのドライブでしたが、なかなか気分よく運転できるいいコースでした。

但馬空港などこんなイベントがなければ、決して来ることもなかったのだと思います。

お会いできた皆さんに感謝です。

グッドタイムでした。

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

 

コメント

WGRA関東支部立ち上げの懇親会

2015-04-23 18:48:32 | World Good Riders Association

4月18、19日の2日間、WGRA関東支部立ち上げの懇親会などで、NPO The Good Times の事務局長の登山さんと、

この催しの実質的な発起人湊さんと3人で車で東京まで行ってきました。

その感想を登山道夫さんが書いておられます。

こんな登山さんと一緒にNPO The Good Times の創立期から一緒に6年間やってきました。

7年目にして、ようやく末端の本格的な動きに入ることができました。

そういう意味で、非常に意義ある2日間ではありました。

 

  

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=796718487073307&set=a.103381079740388.4722.100002054891032&type=1&comment_id=796769513734871¬if_t=photo_comment_tagged

先週末のWGRA関東立ち上げの懇親会への東京行き~愛犬の見送り等、嵐の様な日々から、やっと落ち着いてきました。怒涛の2日間を振り返って「東京へ行って良かった♪」と正直強く思いました。理由は色々有りますが、土曜日夜の懇親会!やはり自分の人生の中で楽しい時を共有した友人達と再会出来て、笑顔で昔話が出来た事は、とても嬉しかったですね。Z1FCの仲間達はモチロン、以前一緒にドイツスイスを珍道中したBG誌ナイスガイコンビ、20年ほど前に会社を興した際に広告でお世話になったBS誌のKさん、いつも浜松で大変お世話になってるWさん、Z1FC立ち上げの際に一緒に事務局で合宿し夢を語り合ったKさん、これまた創業時から部品でお世話になってるMさん、もう書き出したらキリが有りません...。翌日は、私が事務局をしているZ1FCと同じく「WGRA加盟団体」としてAさんが立ち上げられた「KAWASAKI LIME GREEN FAN CLUB」さんの関東初ミーティングにも立ち会わせて頂き、その記念すべき第一歩のGood Timeを共有させて頂きました。また以前からお会いしたか...ったCさん、久しぶりのTさん等ともサプライズ再会が叶いました♪ 東京や関東の皆様と会って、天下国家を語る訳で無く、本当にしょーもない話をして、お互いに笑い合う。私はソレ以上を望みませんし、ソレだけで大満足です。ホンマに幸せな事に、私の周りの方々は個性の強弱こそ在れど、ホンマに素敵なエエ人ばかりと、改めて天に、周りの皆様に感謝する二日間でした。

WGRAの加盟団体の中でも、Z1FCは最も旧く、ある意味モデルケースとして右往左往しながらも活動して参りました。まさに暗中模索と言う感じの日々でございました。立ち上げから3年近く経過して、やっと渡部代表の下で「出来る範囲の事を、出来る人が、出来る時に」をスローガンに、落ち着いて活動出来る様になりました。KAWASAKI Z1 FAN CLUBの事務局をお受けしているからと言って、私などの個のチカラはゼロに等しく、全国のお世話係(運営委員)の皆様や、クラブメンバーさん達のチカラをお借りしないと、何も出来ないのが実情でございます。今回も、本当に素敵な周りの皆様に感謝感謝の日々でございます。

最後に、KAWASAKI Z1 FAN CLUBと言うクラブは趣味の同志が集い、理念である「Z1やZ系モデルを通じて二輪文化の向上を目指し、異種・異質・異地域を結んでGood Timesを共有しよう!!」と言う、ある意味その理念を概念として共有する大人の趣味のクラブだと思います。決して強制する事も強制される事も無く、個性・思考の違いを指摘し糾弾し合う事も無く、縄張り意識や競争意識なんて・・とんでも無い話!、良い人的な繋がりに重きを置いてZ1を通じてのGood Timesの輪を拡げていけたらイイな♪と、常にそう強く願っております。東京で横浜でお会いした皆様、本当にお世話になりました。そしてありがとうございました。もし、私のFacebook友達の中で、未だKAWASAKI Z1 FAN CLUBの会員になっておられて無い方がいらっしゃったら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいね。もちろん、少人数だけど気の合った仲間達とグループを作って、我々と横並びに協力し合いながらGood Timesを共有したいな♪って方も大歓迎ですよ。そんな皆様はWGRAのグループ会員として、喜んでお迎え致しますよ♪ なんでもお気軽に聞いて下さいね♪♪

東京行きから帰って来て、そんなこんなを思うZ1FCヘッポコ事務局の私でした。

コメント

WGRA関東支部こんな懇親会でした

2015-04-20 04:16:46 | World Good Riders Association

★4月18、19日の両日、WGRA関東支部設立の懇親会やこれに関連する一連の行事が行われた。

二輪文化の創造は、末端の二輪のグッドライダーや、二輪に関心がある人たちの想いの実現こそがMUSTだと、私は現役当時からそう信じている。

ようやくそんな気運のようなものが感じられるこの時期に、日本の中心である首都圏での活動展開を図ろうと、WGRAの関東支部を設立したのである。

4月18、19日の両日は、まさに記念すべき1日になった

集まったメンバーは、カワサキに関連する人たちが多かったが、ホンダさんも、ヤマハ、スズキに関心のある方も、私自身初対面の方も多かったのだが、非常に感動的な2日間を過ごすことができたのである

東京まで、車で往復をしたのだが、帰宅早々、Facebook には、動画も写真も、このようにアップした

  https://www.facebook.com/rfuruya1

 

この2日間の動きを時系列に並べてみる。

 

●午後6時からは上野にこんなメンバーが集まった。

 

  

 

   

 挨拶するWGRA関東支部代表関初太郎世話人代表、その横はWGRA代表柏原久さん。

関東支部は、NPO The Good Times 関東地区総括の村島邦彦、プロショップ西郷の西郷善治さん、川崎由美子、向笠暁彦、松島裕さんを世話人としてその活動を開始する。

私はこれが軌道に乗るまで、その仕組みや企画全般に亘って応援したいと思っている。

今後はこれら世話人の方々を中枢として、その世話人たちが推薦するプロジェクトリーダーを核にその推進を図ることになるだろう。これと機を一にして関西支部も立ち上げる方向で検討中である。

 

   

 

 その世話人のおひとり川崎由美子さんを中心に関東地区でその推進を手伝ってもらえると期待できる女性群、

川崎さんの左(白い服)のAJ理事でもある山中君子さんには、大いに期待しているのである。

 

  

 

  

  その展開のベースは、NPO The Good Times の トータルシステム、

 その基本コンセプトは、『異種、異質、異地域のみんな繋いでいい時を過ごそう』 なのである。

 

 

翌日の様子はこちら

横浜大黒パーキングで、WGRAの一つ、Kawasaki Lime Green Fan Club のミーテングが開催された。  

   

 

   

 

 こんなメンバーが顔を揃えた。

 

    

 

   こんなバイクが集まった。

 

  大成功と云っていい、4月18日、19日の2日間だったのである。

  この催しのお手伝いをした関西からの湊二三夫、登山道夫さん、そして私の3人無事三木に戻ってきた。

 

     

 

  

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

 

 

 

 

コメント

4月18日 WGRA関東支部設立&懇親会

2015-04-18 03:57:22 | World Good Riders Association

 

 

★いよいよ、WGRAの関東支部今日スタートします。

これはなかなか記念すべき日になることは間違いありません。

 

       

 

実は今年の1月18日に、地域活性化を目標に燦々Sun Sun が正式にスタートしました。

それからちょうど3か月たちましたが、燦々は順調にどんどん進んで今こんな状態になりました。

 

       

 

燦々SunSun http://www.thegoodtimes.jp/sunsun/ も、

WGRA  http://www.thegoodtimes.jp/wgra/ 

いずれもNPO The Good Times の 『地域活性化』 と 『二輪分野』を纏める新しいプロジェクトです。

 その新しいシステムを今構築中で先行した燦々は極めて順調な出足を見せています。

 

3か月遅れてのスタートですが、東京を中心とする首都圏プロジェクトを統括する、関東支部がスタートすることは、今後に期待するところが非常に大きいと思っています。

 

今日は、昼の部でその基本コンセプト部分の打ち合わせをWGRAの中枢を担う関東、関西の主たるメンバーで行い、

6時からはその関東支部の懇親会を関東を中心に全国から集まった50名の仲間にご披露することになっているのです。

 

昨日は、そんな打ち合わせを

Good Times Plaza でこの3人で行いました。

    

                

 

 今朝4時半に、三木を出発して車で東京に向かいます

午後2時からの会議には、十分間に合うと思います。

朝早いのは、年寄ですからそんなに苦にもならないのですが、ちゃんとその時間に起きれるかというと自信がなくて、

昨日、目さまし時計を買ってきました。

 

                 

 

  

 時計は、なぜこんなに安いのでしょう。1000円でした。

 今, 3時50分に時間をセットしています。

果たして、目さまし時計はなるでしょうか?  それともその前に目が覚めるでしょうか?

なんとなく、後者のような気がします.

と書いていましたが、目さまし時計役にたちました。

 

 

4月18日、記念すべき、素晴らしい1日になることを期待して、もうすぐ三木を出発します

 

 

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

WGRA関東懇親会-2

2015-04-16 07:09:11 | World Good Riders Association

今回は WGRA に対する私自身の想いを纏めることにする。

 

★1990年代各メーカーともそれぞれユーザークラブを持って熱心に活動していた時期がある。

ホンダのHART、ヤマハのYESS 、スズキのじゃじゃ馬などがあって、カワサキはあとからKAZEを作って追っかける形を採ったのだが、株)ケイ・スポーツ・システムという遊び専門のソフト会社を作って本格的に取り組んだのである。20年経った現在残っているのはKASEだけで、 私は今も現役のKAZE会員なのである。

3年ほどでKAZE実質55000人の会員を有し、4メーカー合同のユーザーイベントなどでも他メーカーを圧倒していたのである。当時、自動車工業会の二輪部会の委員もしていて、ホンダさんから、このカワサキのユーザークラブの詳細説明などを頼まれて、ホンダの青山に何回も足を運んだことがる。

そして業界でのユーザー対策として組織化されたのが、当時に設立されたNMCA(日本モーターサイクルアソシエーション)なのである。ユーザーを頂点に、ユーザーを第一に視野に入れた組織をと、後、自動車工業会の会長までされたホンダの宗国さんなどと一緒に検討し、NMCAを立ち上げたのだが、そんなコンセプト通りには動かずに、今は普及協の中に吸収されてしまったのである

メーカーの人たちは、新車をいかに沢山売るかにばかりに熱心で、末端のユーザーにまで目が届いていないというのが実態だろう。 

そうした発想が逆に二輪業界を小さくしてしまっていると今でもそう思っている。

 

★6年前にThe Good Times というNPO法人を立ち上げたのだが、20年前に関わったカワサキのソフト会社 株)ケイ・スポーツ・システムソフト・ノウハウをベースに、ネットというシステムを徹底的に利用して展開しているのである。

異種、異質、異地域をみんな繋いでいい時を過ごそう』と参加されるグループや会員さんがハッピーになればいいと思っている。

自分がやりたいことができる=グッドタイム』なのだから、昨秋設立したWorld Good Riders Association もそれぞれの二輪のグループが、『それぞれやりたいこと』が自由にできるようにみんなで繋いで援け合おうという展開なのである。

 

今回その関東支部の設立が具体的に検討されることになった。

関初太郎代表を中心に村島邦彦、松島裕、西郷善治、向笠暁彦、川崎由美子さんなどを発起人というか世話人としてスタートする。

この世話人たちが、この趣旨に共感して頑張るという プロジェクトリーダーを推薦して具体的な展開を図ろうとしているのである。

 

   

 

 従来の独自の会員カード発行は、最低500人から5000人だったのだが、

We Like Nortorcycles のスタートを契機に、WGRAの基本カードにシールを貼ることによって

100人-50人ー30人ー10人 のグループでも独自の会員カードを発行できる 仕組みが新しくスタートした。

従って、全国の10人以上の会員のいるクラブは、それぞれ独自の会員カードを持ち、NPO The Good Times の仲間となって、そのすべての恩典も、規定による活動費の助成も享受できるようになった。

写真の中央の We Like Mortorcycles !  は、こんなシールを作って50名の会員募集からスタートしているのである。

 

★4月18日 昼のミーテングには、上記の世話人候補の人たちに加え、WGRAの本部代表柏原久さんや、関西からの湊、登山、青木さんなどのほか、西郷さんが推薦するプロジェクトリーダー候補の人たちなど、14人ものメンバーが集まって今後の方向を検討することになっている。

私自身も20年前のNMCAを創立したころを思いだして、この関東支部については全力投球でお手伝いをしたいと思っている。

 

夜のミーテングは、私が司会をすることにはなっているのだが、楽しいお酒の席でもあるし、どんなことになるかも予想もできないので、私の今のWGRAに対する想いの一端をここに纏めておきたいと思っているのである。

そういう意味では、当日ご出席になる皆様には、このような趣旨のトークを適宜ご披露したいと思っているのだが、出席できない方々のために、WGRAの基本のコンセプトと、今後の大体の方向をご紹介したのである。

 

NPO The Good Times は、全くの白紙からスタートして、この6年間で世界に1万人を超える仲間が集まったのである。

今年から本格的に活動を開始するWGRAは、全銘柄対象、世界を対象なので、5年後には10万人のグッドライダーが集うそんな形になればいいな と思っている。

東京を中心とする首都圏の支部の設立だから、 夢は大きく、82歳のおじんに負けないように頑張ってほしいと思っている。

 

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

 

コメント

WGRA関東懇親会-1

2015-04-15 08:11:10 | World Good Riders Association

 

 ★Facebook のイベント紹介欄に『WGRA関東懇親会』が4月18日に開催されると、さりげなくアップされたのはいつのことだったか、これ以外に何の広報なども行ったりはしていない。

その時はまだ日時だけで、会場も会費も未だ公示されていなかったのだが、それでも全国から相当数の参加申し込みがあったのである。

 

      

 

 WGRAは昨年秋にこんなコンセプトで静かに発足、世界のグッドライダーを集めて、新しい二輪文化の創造を目指している

  http://www.thegoodtimes.jp/wgra/

 

       

 

 今現在は、こんな4つのグループに平井稔男さんのKSSRが加わっていて、今回の会合もこんな5つのグループの会員さんが参加されることになっているのだが、この関東懇親会を中心になって企画されて推進されたのは、We Like Mortorcycle の湊さんでhttp://welikemotorcycles.web.fc2.com/  その趣旨に賛同して各グループの応援合同企画なのである。

 

    

 

 参加者は、こんなNPO The Good Times の会員カードをお持ちの会員さんが、関東を中心に参加されることになった。

予定通り50名の参加者が集まって、4月の初めに募集を打ち切り、この週末4月18日に開催される運びとなったのである。

場所は上野の 銀座ライオン ビール飲み放題の会費5000円で決まったようだが、これは単なる飲み会ではない。

非常に意義のある将来への展望が見込める会合になりそうなのである

http://ginzalion-uenohirokouji.com/

 

   

 

 

★ We Like Mortorcycles の湊さんと KAWASAKI Z1 FAN CLUB の登山さんに誘われて、NPO The Good Times の会員さんのイベントだし、まあ東京まで、車に乗せてくれるというから、ついて行くか ぐらいの軽い気持ちだったのだが、

途中から、俄然私自身がやる気になって、上の夜の部だけではなく、むしろ昼の部に大いに力が入っているのである。

 

今回は、関東でのWGRAの発足会ということではあった。 然し、従来のWGRAの動きは、関西中心で大東京も活動はあるのだが、もう一つ気合が入っていないのが、実状だったように私自身はそう思っていた。

ところが、この会が企画されてから、関東代表の関初太郎君が俄然やる気になったのである。

その一番の原因は、プロショップ西郷の西郷善治さんが、本気で手伝うと声をかけてくれたこと

川崎由美子さんも趣旨に賛同して参加Lime Green Fan Club の青木隆さんも兵庫県の豊岡から参加し、翌日19日には大黒で関東の仲間との集まりも企画されたりしたのである。 さらには西郷さんが誘われた関東の有力メンバーが昼の企画ミーテングにも15名も集まるというのである。

 

   

 

 昼の会議は、川崎由美子さんがこんないい場所を設定して頂いたのである。 

   http://www.cafesuns.jp/

 

 ★私は、現役のころから、東京とその周辺の関東が中心にならぬ限りホンモノにはならない と信じている。

今回その関東が、本気で動きそうなので、これは期待できると思っているのである。

昨秋、立ち上げたNPO The Good Times の7年目に入る第2期のプロジェクトとして、

● 地域活性化を目標にする 燦々SunSun を三木中心に

● 日本のお湯の文化をアメリカに『お湯を愛する Ui 』 をアーヴァインに

● そして WGRA も 今回関東支部が立ち上がるので、これを実質の本部に成長させたい

などと思っているのである。

 

従来のNPO The Good Times の基本システムに加えて、この3つのプロジェクトには、新しいシステムが採用されて、

従来の独自の会員カード発行は、最低500人から5000人だったのだが、

We Like Nortorcycles のスタートを契機に、100人-50人ー30人ー10人 のグループでも独自のの会員カードを発行できる仕組みになっている。

 

 今年の1月18日に正式発足した燦々SunSun だが、こんな新しい仕組みで参加しやすくなってすでにこんなに沢山の仲間ができている。   http://www.thegoodtimes.jp/sunsun/

 

  

 

WGRAの関東支部も、ぜひこのようなテンポで大躍進して欲しいと思っている。

今回参加されなかった、全国の二輪ファンの方たちも、WGRAの基本コンセプトに賛同されるグループは、是非仲間になって欲しいと思っているのである。

 

私自身のユーザークラブに賭ける想いについて WGRA関東懇親会-2 で明日纏めてみたいと思っている。

 

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

 

コメント

WGRA関東懇親会 中間報告

2015-03-26 07:23:06 | World Good Riders Association

   

WGRA 関東懇親会 が4月18日に東京上野で、開催されることになっている

これは、3月10日 Fumio Minato さんがこんなイベントを立ち上げたのが、そのスタートである。

その時点では、場所も会費も決まっていなかったのだがすぐに20人ぐらいが集まって、その後上野広小路の銀座ライオンで、5000円と決まったのである。

 

   

 

 

こんな写真が使われて、主催者: 古谷錬太郎 となっているが、ホントの主催者はほか6人の方たちで、当初は、私は湊さんの車に乗せて貰って、東京まで行けばいい。夜は、関東のみなさんとの飲み会があるのだが、昼ちょっと関東のメンバーにWGRAについての説明でもしてくれますか? ぐらいの軽い会合だったのである。

それから半月経って、いま、その内容はちょっと様変わりして私自身、今は大乗り気で、

ホントに主宰を引き受けてもいいぐらいに乗っている

 

WGRA (World Good Riders Association) は、ある意味私の夢みたいなものである

二輪を愛好する人たちで、『新しい二輪文化の創造を!』  そんな想いをこめて、WGRA は立ち上げられている。

     http://www.thegoodtimes.jp/wgra/

 

   

 

 

なんでも関東が引っ張らないと『ホンモノにはならない』と思っていて、WGRAも関東が動かぬ限り、ダメだなと思っていたのだが、今回ひょっとしたら、ひょっとするかも知れないのである

東京担当の関くんを援けて、西郷善治くんが川崎由美子さんも手を挙げてくれてNPO The Good Times の関東総括 の村島さんも、松島さんもその気になって、なかなかいい雰囲気なのである。

関西からも青木さんが参加だし、盛岡からも北澤さんが参加である。

私も初めてお会いする 方も沢山おられて、伊豆スカイラインの二輪事故ゼロ活動をやっておられる方や、 Facebook ではトモダチで繋がってるAJ理事の山中さんやら、NGOのAkinori Pjp Umeda さんなど、まさに異種、異質な多彩なメンバーでの楽しい会合になりそうである。

 不思議なもので、ちょっと流れができると、どんどん新しいメンバーが加わって、4月18日の昼の会議のメンバーだけでも15名にもなろうとしているのである。

 

★ 二輪文化を伝える会 の活動の中に こんな 二輪文化ラジオ があるのだが、

 

 

 今回、夜のイベント時に、このミニ版をやろうかという話がある。

この番組を主宰しているのは松島裕さんだが、出演者としては平井稔男さんや ホンダの渡辺一夫さんなどが候補に挙がっている。

本番の夜のメンバーは、多分50名を超えて賑やかになるだろう。

 

 

   

 

 3時間飲み放題 ということらしいから時間は 十分である。

まだまだ、今からびっくりするような、メンバーが参加されるかも知れないのだが、

一体、どんなパ―ティーになるのか?

湊さんが集められた、書き損じはがきの寄付金贈呈式も予定されていて、単なる飲み会でもないのである。

 

   

 

 

NPO The Good Times の特別プロジェクトのWGRAの催しだから、異種、異質、異地域からの参会者なのだが出席されたみなさんが、

それぞれグッドタイムないい時を過される、そんな雰囲気の会になればいいなと思っている

 

たまたま翌日は桶川でモトクロスのレースがあって、WGRA代表の柏原久くんも平井稔男さんも出席して、華を添えてくれるし、

WGRA関東支部 結成してスタートする、そんな お披露目パ―ティ になりそうである。

これを契機に、関西にも、九州にも、東北にも支部ができて、全国組織になればいいし、ネットをベースの展開だから、文字通りWorld 展開になればいいなと思っているのである。

 

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 English Version です

 

 

 

コメント

二輪文化ラジオ

2015-03-22 08:49:34 | World Good Riders Association

 

  

 

 

★『二輪文化ラジオ』というのがある。

 http://2rin-tsutaeru.net/radio/index.php

二輪文化を伝える会 という村島邦彦さんや松島裕さんが主宰をしている至極まじめな『二論文化を伝える会』という 地道な活動の中の一つなのである。

 

世の中にはいろんなイベントや催しなどの活動はあるのだが、そのほとんどがその1日だけのまさにイベントが多い中で、

二輪文化を伝える会』の活動は、3年前の7月にスタートして以来、その活動はいろいろと積み上がってここまで来た。

数ある二輪のイベントや催しの中でも異色の存在で、私自身はスタート以来、ずっと関心を持って見つめている。

そのホームページの冒頭、この会の説明はこのように始まっている。

松島裕さんによると『この二輪文化を伝える会』を30年かけて仕上げると最初から言われているので、

残念ながら応援者の私は、30年後の仕上がった姿はとても見ることができないのである。

 

  

 

 

★4月18日には、昨秋立ち上げたWorld Good Ridesrs Association に所属する各クラブの協催で、WGRA関東親睦会が開催され、関東支部がスタートする運びになっているのだが、

その催しの中で 『二輪文化ラジオ』形式で、松島裕さんがやって頂けることになっている

出演者のお一人はあの『平井稔男さん』ということになっているのだが、今の時点ご本人はまだご存じない。

そのお相手をどなたにするかは、今から松島裕さんが決めることになっている。

このアイディアを出されたのは、

この会の『言いだしべえ』のWe Like Mortorcycles! の湊さんだし、それを松島さんに伝えて『Yes』の回答をもらったのは昨夜のことで、このことは、私を含めてまだこの3人しかご存じないのかも知れない。

 こんな会合なのである。

https://www.facebook.com/events/1043106889037016/

Facebook にだけ広報していて、ここだけでも30名が出席をすでに決めている。

昼のミーテングにも中枢メンバーが15名ほど集まる。

 

そんな中で、二輪文化を伝える会の動きと、『二輪文化ラジオ』には大いに期待しているのである

 

コメント

グッドライダーミーテング

2015-03-19 09:27:25 | World Good Riders Association

★日本二輪車普及安全協会から年に何回かメールを頂く

今回は『グッドライダーミーテング』のお知らせだった。

 

 

 

現役の頃、お世話になった『二普協』の流れの団体で、そのホームページの沿革に、こんな記述がある。

 

 

 

ちょうど現役最後の頃で、ホンダサンなどと一緒になって、NMCA という団体を立ち上げている。ユーザーを視野に入れた『二輪車の環境整備、普及促進』をやろうという目的で、設立されたのである。

当時は、各メーカーがそれぞれのユーザーファンクラブを持っていたのだが、カワサキのKAZEの活動が際立っていた時期で、そんなノウハウ・ソフトも採り入れてのスタートだったのだが、私の現役最後の仕事だったこともあって、NMCAには特別の想いも持っているのである

ずっと以前に『NMCA』 についてこんなブログをアップしたりもしている。

すべての二輪ユーザーと二輪ファン、そして販売店、卸、メーカーがひとつとなる団体、それがNMCA日本二輪車協会です。

『すべての二輪ユーザーと二輪ファン』 とは、二輪に関心のある人はみんな というカワサキのKAZEの理念がそのまま持ち込まれているのである。

KAZE は Kawasaki Amuzing Zone for Everybody の頭文字をとったもので、その一番のキーワードは、 for EVerybody なのである。

 

★世間一般に関係のある身近な人たちばかりに力を入れるので、返って市場を小さくしてしまっていることに気付いていないように思っている。

二輪メーカーの場合も、直接売る新車ばかりに関心があるので、こんな追い風の吹いている世の中で、一向に市場が大きくならないのではないか?

今こそ活動の対象を Everybody にすれば、いい方向に流れが変わると、いつもそう思っているのである。 昔と違ってネットと言う無料でいくらでも使えるシステムがあるのに、その利用度は、まったくアマチュアのレベルにしか達していない。

『グッドライダーミーテング』 これは、本気でおやりになれば、いい方向だと思うのだが、その本気度がどれくらいなのか?

 

★よく似たネーミングだが、

昨年秋にWorld Good Riders Association (WGRA) を立ち上げて、この4月18日には、その関東支部も設立されそうな運びである。

末端の世間一般の二輪愛好者たちによる運営だが、結構ちゃんとおやりなのである。

 

 

 


このサイトでは、主催者に私の名前が出ているが、実際にはWGRAのメンバーたちが、いろいろと動いているのである。今回の催しの言いだしべーは、湊さん、昨日のFacebook にこんな文章で紹介したので、すでにご存じの方もおられるかも知れない。

https://www.facebook.com/events/1043106889037016/

 

WGRAの関東懇親会、4月18日に開催すると場所も会費も未定のまま、日時だけ発表したのだが、すでに30名近くが確定して、50名を超える勢いなのである。
今回、その場所が上野に決まったようである。今回はWGRAの関東支部も実質立ち上がるようなので、その披露パ―ティのような感じになるのかも・・・関初太郎世話人代表、西郷善治事務局長になるらしい。
WGRAは昨秋、柏原久代表で立ち上がったばかりだが、今回関東に支部ができる運びになって、今後の展開が楽しみである。...
平井、関、村島、登山、青木、松島さんたちが世話人で、湊、向笠、西郷、川崎(由美子)さんたちがプロジェクトリーダー候補に挙がっている。

WGRAは、NPO The Good Timesの特別プロジェクトだから、世話人代表はそんなプロジェクトをすでに立ち上げている人たちなのだが、プロジェクトリーダーはその人たちが推薦すれば即座に決まる。別に上下の関係ではなくて、ネットをベースの展開だから、『みんなヨコイッセン』なのである。熱心にやろうという人なら、何人いても大丈夫なのである。是非我と思わん人は手を挙げてみてください。

今回のプロジェクトは、We like Motorcycles! のMinatoさんが『言いだしべ』で、実質の推進者である。みんなが応援しているうちにこんな形になったのである。まだ当日までには1ヶ月もあるから、どんどん広がるかも解らない。
すでに兵庫県からも盛岡からも参加があって、当日も「いい時を過ごせる」であろうし、その後の展開にも繋がるだろう。
事実、翌日の19日には「大黒で10時から青木隆さんの催し」があるらしい。 https://www.facebook.com/takashi.aoki.5074?fref=ts
湊さん、登山さん、私の3人は車での移動だが、翌日その大黒のミーテングを見せてもらって、関西に帰ろうと思っている。

沢山のみなさんとお会いできるのが楽しみである。
ここに使っている写真は、昨秋、天空の城で有名な朝来でのWGRAのスタート一泊ツーリングの時である。まん中にいるのは多冶勝昭朝来市長さんである。なぜいるの? 多冶さんNPO The Good Times の会員さんだから参加なのである。』


★今はこんな状況だが、まだ開催までに1ヶ月もあるので、まだどんどん発展するかも解らない。

『やる気のある人たち』がやれば、別に放っておいてもどんどん進んでいくのである。

 

 

★燦々Sun Sun スタートしました。

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★47万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 English Version です

コメント