豊田竜神FC1977 【オールドサッカーファンのつぶやき】

豊田竜神FCは豊田市で活動する少年少女のサッカーチームです。これからも豊田竜神FC1977を宜しくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岡野氏の死を悼む

2017-03-10 15:32:31 | つぶやき
岡野俊一郎氏の思い出
2017,2,2 日本サッカー協会元会長の岡野俊一郎が亡くなられた。これでメキシコ五輪で日本代表を銅メダルに導いた指導者たち(長沼さん、岡野さん、平木さん、クラマーさん)がみんな天国へ行ってしまった。
自分にとっての岡野氏について少し触れておきたい。わたしにとっての岡野氏は、サッカーのコーチであり、スポーツ文化の伝道師であり、人生の師でもあった。
サッカーのコーチについていえば、サッカーマガジンで連載されていた「レベルアップ講座」をむさぼるように読んだ覚えがある。残念ながら自分に才能が足りなかったのでたいした選手にはならなかったが、上達したことは確かだ。
岡野氏の発言の中で「スポーツは人類が生み出した立派な文化の1つだ」というものがある。中高生だったわたしは、当時はその意味がよく分からなかった。しかし大学に進み「運動文化論」という文献に出合い、「ああ、岡野さんが言っていたのはこのことだったんだ」と思ったことを思い出す。
社会人になり、少年サッカーの指導者になった時に、刈谷で開催された指導者講習会で、再び岡野氏に出会った。その時の言葉は次のようなものだった。
「日本では根性の使い方が間違っている。プロ野球などでは、『彼は昨日徹夜で麻雀して今日ホームランを打ったのです。すごい根性ですね』と言います。しかもタバコを公然とふかして。そうじゃなくてスポーツ選手は寝ることも重要、タバコをやめることも当たり前です。麻雀を我慢すること、タバコをやめることに根性を使って下さい。」
ついでに言うと、その話を聞いていた隣の席の人が「よく言うよ。自分はヘビースモーカーのくせに」と教えてくれた。お医者さんが患者に禁煙を命じて、自分はケツから煙が出るほど喫煙している、という時代でしたから、これもご愛嬌か。
ちなみに、自分に長男が誕生した時に「俊」とつけるつもりだった。もちろん岡野俊一郎さんの俊だ。ところが近所にすでに俊ちゃんがいたので、やむなく「健」という名前にした。
日本サッカー界、スポーツ界の巨星がまたいなくなった。
時代がうつったといえばそれだけだが、本当にさみしい。ご冥福をお祈りします。
コメント

2月を振り返る(パリサン=ジェルマンにびっくり)

2017-02-24 15:11:30 | つぶやき
2017年蹴球日記(2月)
2月になりました。トップチームが豊田市民リーグを制覇しましたので過去の優勝も含めて星3つついた新ユニフォームを作成することにしました。「20着以上注文すると割引」の声に踊らされた面もありました。何人の選手から「買います」の声が上がるか心配していました。でもそれは杞憂に終わりました。チーム管理のユニフォーム3着を含めて26着の希望がありました。胸には先ほどかいた星3つとクラブのエンブレム、大きなRYUJINの文字と胸番号。背中には背番号と名前。ちなみにわたしの番号は036(おさむ)で、名前はAZECCHI(アゼッチ)である。そんな遊ぶ心も含んだユニフォーム作りとなりました。
豊田市民リーグ優勝のごほうびとして、豊田市代表して西三河都市対抗戦への出場も決まった。(3/5・12に開催)またまた選手集めに苦労しそうだが、それも含めて楽しみたいと考えている。
少年のことを一つ。わたしは現在小4年担当コーチが仕事で忙しいので、手伝いをしている。この学年は低学年の頃からなかなか勝てなくて、0-10くらいで大敗する試合も何度かあった。それでみんなサッカーが大好きで、練習にもほとんどの選手がやってくr。この子たちを何とか上手くしてあげたい。何とか勝たしてあげたい、そう思う日々が続いている。練習や試合に参加するようになると、選手個々のことがよく分かってくる。とりあえず技術向上のトレーニングメニューを考えた。基本の基本であるボールジャグリング(いわゆるリフティングである。ちなみにボールリフティングは和製英語だそうだ)とインサイドキックを繰り返し繰り返し、手を変え品をかえて、あきないように練習をさせた。がまんの日々が続いた。それでも半年ほどたつとボールジャグリングも100回を越える選手が次々に出てきた。インサイドキックもずいぶん上手くなった。とにかく小3・4年の段階である程度の技術をつけさせておかないと高学年になってからのチーム作りは厳しい。竜神FCの小4年をみていると、ギリギリで間に合ったのかなと思っている。これからも一筋縄では行かないが、自分自身がぶれずに将来を見すえて指導を続けていくつもりだ。
ヨーロッパチャンピオンズリーグRound16が始まった。自分は時間的には余裕があるので早起きしてパリサンジェルマンvバルセロナの試合をみた。パリサンジェルマンがこんなに素晴らしいサッカーをするとは思わなかった。画面をみていて、どちらがバルセロナかわからないぐらいだった。結果は4-0でパリサンジェルマンの完勝。試合内容も点差通りだった。これからはフランスリーグ(リーグアン)も追っかけないといけない、と思った。
そうはいっても、今年に入って生観戦試合(有料試合及びそれに準ずる試合)は未だ0である。もうすぐJリーグも開幕する。観戦試合も増やしていきたい。
コメント

1月を振り返って

2017-02-01 14:46:16 | つぶやき
2017年蹴球日記
2017年が始まって早1ヶ月が過ぎました。2017年は竜神FCの前身、花園FCが1977年に発足し40周年になります。4人がとある学校のグランドでボールを蹴ったのが1977年1月12日。そうこの日が竜神FC創立の日なんです。
今年は少しずつサッカーへの思いを綴っていこうと思っています。
1/1 恒例の天皇杯決勝 鹿島対川崎。今年もよい試合になりました。舞台も吹田スタジアムという最高のものでした。やっぱりサッカーはサッカー場でやらなくては。鹿島の戦いぶりには風格を感じました。今年は是非ともアジアチャンピオンを目指してほしい。個人的には鹿島は好きではないが、日本を代表するクラブとしてはおおいにリスペクトしている。
1/8・9・10フットボールカンファレンス(広島)
1/8・9・10と広島で開催されたフットボールカンファレンスに参加しました。テーマは
「育成の検証とこれから 本気で日常を変える 」でした。本当に刺激を受けて帰って来ました。コーチングスタッフ会議でも熱く語りました。
1/22(日)トップチーム市民リーグ最終戦 2-0の快勝で優勝
この日はトップチームの市民リーグ最終戦でした。相手はイーグルハント。普通に戦えば勝てると思っていました。心配なのは「勝てば優勝」という目に見えないプレッシャーだけでした。前半0-0で折り返すも、後半きっちり2得点し、終わってみれば2-0の快勝でした。これでトップチームは市民総体と合わせての2冠となりました。
少年も小6年市長杯大会、小4年ハルブランド杯、小3・4年金谷ホワイトカップとたくさん活動がありました。成績は奮いませんでしたが、選手が生き生きしていたことがなによりです。組織は人が命、そう思っています。今年もいろんな人に出会い自分も刺激を受けたいと思っています。あと10年はサッカーの現場に立とう、と思っていた矢先に風邪をこじらせてしまいました。ということで、1月は公式観戦しあいは0でした。(年間目標50試合です)さて、2月もどんなドラマに出会えるか楽しみです。
コメント

2017年のはじまりにあたって

2017-01-06 21:24:52 | つぶやき
明けましておめでとうございます
2016年の日本サッカーはいろいろありました。
・1月はリオ五輪予選を兼ねたU-23アジア選手権。集中開催で心配をしましたが、予想を覆しての優勝。決勝戦は韓国相手に0-2からの大逆転劇。しびれました。
・2月なでしこジャパンのリオ五輪予選。これは予想外の敗退でした。2011年ドイツワールドカップ優勝、2012年ロンドン五輪準優勝のチームでも予選敗退でした。サッカーは難しい。
・7月竜神FCトップチーム豊田市民総体で見事優勝。選手の集まりもよくないので参加をやめようかとも考えました。大会は試合終了間際の逆転ありと、ドラマの連続でした。
・8月 リオ五輪サッカー惨敗
・9月フル代表ロシアワールドカップ最終予選。まさかまさかの敗戦スタート(対UAE 1-2)しかしその後持ち直し、現在は2位。
・9月 U-16アジア選手権 ベスト4でワールドカップ出場決定。
・10月 U-19アジア選手権 まさかまさかの優勝で、久しぶりのワールドカップ出場。今年5月の本大会(韓国で開催)が楽しみ。
・10月 女子U-17 ワールドカップ準優勝、女子U-19ワールドカップ3位。トップは五輪予選敗退でしたが、下の世代が着実に育っています。
・11月 名古屋グランパスJ2へ。お話になりません。J2でじっくり鍛えて本当のプロクラブになって欲しい。
・12月 クラブワールドカップ 鹿島の健闘に拍手。ますます強くなっていきますね。日本人監督だというのが嬉しいですね。
そして迎えた2017年
・フル代表は3月からワールドカップ最終予選が再開です。しびれる戦いを期待します。
・U-17,19のワールドカップもあります。
・風間監督を迎えた名古屋グランパスの戦いも注目です。J2を楽しみたいと思います。J2は地方都市のクラブが多いので、土曜日に登山をし日曜日にJ2を観戦する、という楽しみができました。
・竜神FCトップチームはあと1勝でリーグ優勝です。
・ジュニア、ジュニアユースも選手が各自に上手くなっています。楽しみです。
そして自分ですが、少しでも長くサッカーにかかわっていけるように、老体にむち打ち、ぼけとも戦いながら若いスタッフ、選手、そしてクラブを支えて行きます。本年もよろしくお願いします。
サッカーって本当に楽しいですね。畦地
コメント

日本代表サウジアラビアに快勝!

2016-11-16 16:08:39 | つぶやき
ワールドカップアジア最終予選(日本vサウジアラビア)
ワールドカップアジア最終予選の日本vサウジアラビア戦が昨日(11/15)行われた。わたしの予想どおり、日本が2-1で快勝した。自分の予想は2-0だったが、85分につまらない失点をして試合をドタバタしたものにしてしまったのはいただけない。ただ85分までは理想的な試合だった。この日の主役はなんといっても清武だ。ピッチ中央に君臨しタクトをふるう、まさに王様だった。その王様のタクトに合わせて、大迫、原口もよく動き、よく働いた。
ただ手放しで喜んでばかりもいられない。課題も見え隠れした。一つは先ほども書いたが、終了間際での失点だ。80分に原口のゴールが決まり2-0。この時点で勝負ありである。あとは残りの約10分をのらりくらりとパスを回し、相手が食いついてきたらGK西川にボールを戻す。そんなことを繰り返しながら試合をクローズド(終了)させるのである。今の日本代表なら簡単にできることだ。
次に、失点をした後の対応である。なぜあんなにバタバタする必要があるのか?サウジアラビアの選手がかなり興奮していてファールを繰り返してくれた。絶好の時間稼ぎのチャンスである。にもかかわらず、相手コーナー付近でもらったFKからオフサイドになるなんで、馬鹿じゃねえの。GK西川も最終盤にボールをキャッチした際にどうしてもう少しゆっくりプレーをしないのか。相手選手と接触したように見えたシーンもあった。あの時などは多少痛いたがるふりをして、ボールを相手ピッチ側のタッチラインに出して再び倒れたらどうだろう。自分は少年サッカークラブの監督をしているので、少年選手にはおすすめはできないが…。
原口にも言いたい。後半の中頃、見事なパス交換から抜け出してシーンがあった。彼の前には広大なスペースがあり、立ちふさがるのは相手GKだけだった。彼はペナルティエリアに入る前にシュートをし、相手GKに防がれた。もっとドリブルで持ち込みペナルティエリアに入ってからGKを見てシュートを打って欲しかった。
この最終予選、オーストラリアがタイと引き分けた。UAEはイラクに勝った。折り返しの時点で、1位サウジアラビア(勝点10)、2位日本(勝点10)、3位オーストラリア(勝点9)、4位UAE(勝点9)となった。マスコミはまたまた「まだ安心できない」「3月のアウェイのUAE戦に負けたら…」と、書き立てる。そうではなくて自分はこの究極の楽しみが「来年9月まで楽しめる」「まだまだ山あり谷ありであるが、結局は日本はワールドカップに出場できる」と確信している。
コメント