The Holy Garden 歳時記 2

ガーデナー・サンドニが、秘密の花園の美しい四季をご紹介します。

もう一つの Holy Garden 2018晩夏

2018年09月01日 | ガーデニング
9月に入りました。
本当に厳しい夏でしたね。酷暑、台風、ゲリラ雷雨・・・。
結局本来のガーデンは暑さで気持ちが凹んでしまい、手をつけずじまいです。
年齢もかさね気力も沸かなくなってきていますが、涼しくなれば復興のやる気も起こるのではないでしょうか。
もう一つのガーデンは、酷暑を謳歌し、コリウスの発色はより美しく、生長の成績もいいです。
ただ、黄色のムーンライトの生長がイマイチで他種に隠されてしまいました。
以前はもっと大きな黄色(ゴールド)の品種があったと思うのですが・・・。
その他、ペンタス、センニチコウ、インパチェンス、メランポジウムも良く咲きましたが、
ニチニチソウは花が咲かず葉が茂って伸びるという異例の状況です。

        

        

        

        

コメント

もう一つの Holy Garden 2018盛夏

2018年07月31日 | ガーデニング
猛暑お見舞い申し上げます。
40度を超えるような炎暑かと思えば東から西へ進む台風など、今夏は異常続きですね。
今月も終わりですが、ついに一度も本来のガーデンには手をつけられませんでした。
それで、前回から1ヶ月後のもう一つのガーデンの画像です。
コリウスなど暑さが好きな植物が多いので、猛暑の成果?がよく出ています。

        

コリウスの発色が美しいですが、花たちは咲き休みをしているようです。

        

手前の白花はハマユウです。一般のガーデンでは珍しいかもしれません。

        

コメント

もう一つの Holy Garden 2018夏

2018年07月07日 | ガーデニング
関東は梅雨明けで猛暑、西日本は記録的豪雨で7月が始まりました。
ご無沙汰しております。天候や仕事で元来のガーデンは全く手がつけられない状態です。
その中でもう一つのガーデンは6月はじめに夏仕様に替え、1ヶ月経ってカラーリーフが美しい時期になりました。

        


カラフルで美しい発色のコリウスの中、ホスタもゴールデンティアラ(手前)、ワイドブリム(奥)が美しい時期。
ゴールデンティアラは花期で、良く拡がり大株になり、花数も多く見応えがあります。

        


6月に花が終わったキョウガノコですが、花後のフォルムも美しく、そのまま残しています。

        


夏の草花も順調に育っています。
秋のコリウスの爆発も楽しみ。

        

コメント

2018ホスタ その8

2018年05月20日 | ガーデニング
ドリームクイーン(Dream Queen, van den Top 2000)
青緑の肉厚の葉にクリーム色の中斑が入ります。
親のグレートエクスペクテーションズに似ていますが、中斑が狭くなっています。
生産者の名前からしてオランダかベルギー系でしょうか。
この系列はどれも生長が遅く気難しいです。
        

ムーディブルーズ(Moody Blues, Oudolf/Heemskerk 未登録)
これもオランダかベルギー系の品種のようです。
銀青色のまん丸な可愛い葉です。
タルディアナ系(=tardiflora x Elegans)交配種です。
        

ルーティントゥーティン(Rootin Tootin, Ziarek 未登録)
生産者の名前から東欧系でしょうか。
緑に白中斑がはいる細めの中型の葉です。
上にヤマザクラがあり、毛虫が落ちてきて葉を食べるようで穴が空いてしまいました。
        

スイートホームシカゴ(Sweet Home Chicago, Zilis/Ruh 他 2002)
黄緑に緑の覆輪が入るやや小型の葉。株が密に育ち姿が良くなります。
かつてよく売られていたバーチウッドパーキースゴールドの覆輪種です。
親も株は密に出るものの途中でへたりますが、本種は大丈夫。
生育旺盛です。
        

ウインタースノー(Winter Snow, Winterberry Farms/Anderson 2003)
艶のある明るい黄緑色の大きな葉にクリーム色の覆輪が入ります。
大型の名品サムアンドサブスタンスの覆輪種です。
年ごとに大きくなります。
        

コメント

2018ホスタ その7

2018年05月15日 | ガーデニング
デボングリーン(Devon Green, Bowden/Ruh 1988/2005)
深緑の艶のある中型の葉。黒緑と言っていいほど。
名品ハルシオンの変異種で、イギリスらしい気品漂う姿です。
販売当初は登録商標があったとかでとても高価でした。
ガーデンの株はかなり大きくなっています。
夏の葉の傷みがなく、秋には美しく黄葉します。
        

ディックウォード(Dick Ward, Hatfield 1991)
黄緑〜黄色の丸い葉に濃い緑の覆輪や不規則な斑が入ります。
親はゴールド丸葉のザウンズで、その覆輪版と言えましょう。
生長が遅く、やや気難しいです。
        

スピルトミルク(Spilt Milk, Seaver 1999)
トクダマの変種といわれています。
青緑の肉厚の大きな葉に白い吹き掛け斑など不規則な斑が入ります。
うまく命名されましたが、最初は栽培に手を焼いた本株も
もう何年も大株で見せてくれます。
        

スターボードライト(Starboard Light, Seaver 1994)
春は黄緑、夏はゴールドになる大きな葉で、株がまとまって姿が良いです。
コモドドラゴンという青緑の種のゴールド版です。
        

寒河江(Sagae, AHS/Watanabe 1987/1996)
ギボウシ王国の日本が誇る名品です。
青緑の肉厚の葉にクリーム色の覆輪が美しく入ります。
        

スーパー寒河江(Super Sagae, Dautzenberg 未登録)
オランダで発見された寒河江の改良版。
葉はより壮大に、覆輪はより広く、生長はより旺盛。
ガーデンのは植えて7年ですが、大きさではもう前述の寒河江を超えています。
        

コメント