Restaurant Watabe

鎌倉の古民家レストランです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

良いお年をお迎えください

2006年12月30日 | Weblog
 今年もたくさんのお客様にご愛顧いただきまして

 ありがとうございました

  
 新年は4日から通常営業いたしますので

 どうぞよろしくお願いいたします

年内のお席の状況

2006年12月28日 | Weblog
 
 30日(土) まだお席の空きがございます

 年の終わりに家族やお友達とゆっくりお食事を楽しんでください

 
 皆様のご来店をお待ちしています

12月なのに雷

2006年12月27日 | Weblog
夕べは季節外れの暴風雨となってしまいました


雨が降るとどうしてもぬかるんでしまう当店の庭

みなさんの靴を汚してしまったかと思います

本当に申し訳ありません


予約してあるとはいえ、悪天候のさなかに来ていただけることは

感謝の気持ちでいっぱいです

ありがとうございました


明日は一転お天気も良く気温も上がるようですね

この天気の急激な変化で風邪など引かぬよう気をつけて

良いお正月を迎えたいものですね


本日26日は、ランチは休業します

2006年12月26日 | Weblog
クリスマスが終わってしまいました

これから街はいっきに正月モードになります



それにしても暖かい冬です

たしか『Watabe』をオープンさせた年は寒さの厳しい年で

風情を残したくて窓もサッシに変えず木枠のままにしたもんですから

それはもう隙間風が入り放題で寒かったのが忘れられません

天気予報の最低気温をチェックしては胃をキリキリさせていました

それからすれば、ここ数年の暖冬にはずいぶん助けられています

地球のことや季節らしさを考えるとそうも言ってられないですが…



さてさて本題ですが、

本日の営業はディナーの時間からとなります

ランチの営業はお休みさせていただきます

仕込み等で店にはおりますので

お問い合わせなどありましたらお電話ください


よろしくお願いいたします




おもてなし

2006年12月23日 | Weblog

『おもてなし』を辞書でひくと

  客を歓待すること。

  客の世話をすること。

と書かれています


以前こんなお話を聞きました


『 おもてなしとは、相手の方に楽しんでいただく為に

お預かりした時間すべてをお任せくださいということである 』と 



当店でノエルを過ごされるお客様

純和風の建物ゆえX'masのデコレーションは控えめですが

最大限のおもてなしでお迎えいたします

大切な方とのノエルのひとときが幸せなものになりますように




営業します

2006年12月19日 | Weblog

 本日19日(火)は第3火曜日ですが

 営業しております

 尚、年内は30日まで休まずに営業いたします




 12月 31日(日) ~ 1月 3日(水)まで

 お休みさせていただきます
 

          
 年始は 1月  4日(木)より通常営業いたします    
            
 どうぞよろしくお願いいたします

あまり知られていませんが

2006年12月16日 | Weblog

コップ一杯のビールや日本酒と

グラス一杯のワイン

どちらも美味しい『一杯』ですが、実は大きな違いがあるのです


答えは、ワインは1滴の水も加えられていないということ

つまりその液体はすべてブドウの果汁なのです



ブドウは地下2・30メートルもの深さまで根を下ろします

そうしてその地中のミネラルたっぷりの水を

根・茎・葉…と自分のからだを通していって果実を実らせます

その果汁のみを絞り発酵させたものがワインとなるのです

先日、グラスに注いだワインを目の前に改めてそれを思い出しました



香りがどうとか、濃いとか渋いとかよりも

ラベルに表記されたその年の、国の、地方の

畑に実ったブドウの果汁だけで造られているんだ…

と思いながらグラスの中の『液体』を見ていたら

ワインがいとおしく思えるのでした



ちなみにワインのカテゴリーは農産物です

土と太陽と雨の恵みを美味しくいただきましょう



チャールズ皇太子の絵がムートン・ロートシルトのラベルに

2006年12月12日 | Weblog

ムートン・ロートシルトといえばアーティストラベルで有名なボルドー5大シャトーの1つです



そのエチケット(ラベル)には毎年その年に起きたことを画題にして

信頼した画家に絵を描かかせています

その顔ぶれたるやピカソやシャガール、キース・へリングなど誰もが知ってる画家ばかりです



バブルの頃、都心の高級レストランでは女性連れの男性客がソムリエに

「シャガールのムートンを。」と注文したとか

しかもテーブルにサービスされた時に、そのヴィンテージ自分の誕生年であることに女性が気づく

そんな口説きに使われていたという話もありました



そのムートン・ロートシルトの最新ヴィンテージである2004年が

英国のチャールズ皇太子が描いた水彩画に決まりました

絵は、南仏のアンティーブで松の木々が青空に映える様子を描いたもので

ムートンのラベル用に特別に描かれたものではないそうです

ムートンの当主フィリピーヌ・ド・ロートシルト男爵夫人が

英仏友好協定の締結100周年を記念して選んだのだそうです


なおチャールズ皇太子には採用の謝礼として、ムートンのボトル1本が贈られたということです


やんばる豚とイノシシのパテ

2006年12月09日 | Weblog
白熱灯の灯りで撮ったので暗い画像になってしまいました 泣

中心のごろごろっとした肉がやんばる豚です

周りはイノシシのミンチとレバーで

一番外側はベーコンで巻いてあります

思っていた以上に選んでくださる方が多く

みなさん残さず食べてくださいます

ありがとうございます

切らさぬよう美味しくお作りいたします

営業します

2006年12月06日 | Weblog
 12月19日  第3火曜日ですが営業いたします



 12月25日  月曜日ですが営業いたします

         メニューは昼夜共に通常メニューです


         月曜日でないと来れないお客様、チャンスです!

         ぜひお待ちしています