Restaurant Watabe

鎌倉の古民家レストランです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

web版 経済新聞

2006年11月30日 | Weblog

湘南に遊びに来る時、
雑誌の特集記事やネットで検索かけたりして
情報を仕入れる方は多いと思います


最近、地域を限定して情報を発信するweb新聞があります
このあたりは『湘南経済新聞』
経済新聞というと、どうも日経新聞を思い浮かべますが
そんな堅苦しいものでなく、お店やイベントなどのタウン情報的な記事です
毎日新しい情報を知ることが出来るので
地元の人間としても便利してます


ちなみにお隣横浜市は『ヨコハマ経済新聞』
こちらのチェックもかかしません


グラスワイン ヌーボー その2

2006年11月29日 | Weblog

長谷寺の紅葉、もう行かれましたか?


てんとう虫のラベルが可愛らしい
『Beaujolais-Villages Nouveau』
Domaine de l’ Ancestra / Cyril Alonso ( ドメーヌ・ド・ランセストラ/シリル・アロンゾ )


フレッシュなイチゴのニュアンスが軽やかですが
旨みはしっかりかつたっぷりとあり
口当たりは優しく丸く後味も非常にスムーズです

長谷寺

2006年11月26日 | Weblog

毎年恒例、夜の紅葉ライトアップが
23日(木)から始まっています

時間が17:00から18:00までと短いですが
とても幻想的で素敵ですから、足を運ばれてみてはいかがでしょうか


詳しくは長谷寺のHPをごらんください

一応、気をつけましょう

2006年11月22日 | Weblog

 飲みたいけど、飲めないアナタに
 ノンアルコールビール『バクラー』のご用意あります


 本格ビールと同じ麦芽・ホップ・水のみを材料とし
 ビールと同様の製造工程から生まれるビールテイスト飲料です(アルコール分約0.5%)

 気になるカロリーは1瓶(330ミリリットル)あたり、うれしい約66キロカロリーです
 これは一般ビール(約150キロカロリー)の半分以下です

 
 これ、分類上ノンアルコールビールとはいっても0.5%はアルコールが含まれてはいるので
 「車を運転される場合や未成年の方の飲用は、十分ご注意ください」
 と、Buckler JapanのHPにも注意書きがあります


 ノンといいながら実はノンではないのか・・・ 

 

グラスワイン ヌーボー

2006年11月16日 | Weblog

   Domaine de la Madone (ドメーヌ・ド・ラ・マドーヌ )  ¥945 
   Baujolais-Villages Nouveau Le Perreon 


 毎年好評で必ずグラス・ワインでお出ししているマドーヌのヌーボー
 香りも良く果実味の凝縮感は今年も変わらず見事です

     
 ここからデイリーでお出しするヌーボーをどんどん変えていきます
 
  

ヌーボー、飲みましたか?

2006年11月16日 | Weblog

日本人醸造家 仲田晃司率いる『ルー・デュモン』が
数年間に渡って試験醸造した上で、今年満を持してリリースした

Beaujolais Nouveau Vieilles Vignes de Plus Soixante-Dix Ans

樹齢70~78年の古木のガメイを完熟させてから収穫し天然酵母で発酵させ
濃密でエレガントで丸く、他のヌーボーとは一線を画したものに
仕上がっていました。今までのヌーボーの概念を打ち破られます
本当に素晴らしいワインです

個人的に1番気に入りました



本日から X'mas Dinner のご予約承ります

2006年11月15日 | Weblog
  2006 X'mas Dinner 


  12月23日(土・天皇誕生日)、24日(日)の2日間

  お一人様 ¥8,400(税込み)

  

  
  メニューなど詳しくお知りになりたい方は
  
  TEL(0467-22-8680)にて渡部までお尋ねください

  

もうしばらく待ってくださいね

2006年11月12日 | Weblog
『X'mas Dinner』のお問い合わせを下さるお客様方へ


早めにお問い合わせいただき、ありがとうございます

毎年スロー・スターターで申し訳ありませんが
ただいまメニューの構成を思案中でございます
どうか、もうしばらくお待ちください

ワイン版『美味しんぼ』

2006年11月11日 | Weblog
ここのところ焼酎や日本酒に押され気味だったワインが
ここに来て再び脚光を浴びているという


現在「週間モーニング」で連載中の漫画『神の雫』がその火付け役らしい
単行本もすでに8巻まででているのだそうです

実は1・2・4巻だけは持ってます
なんで3巻がないかというと、単に買い忘れです
で、4巻買ったはいいけど3巻飛ばして読んでも面白くないんで
結局2巻まで読んでそれっきりです


某雑誌の記事によると、この作品中に登場したワインはことごとく
酒屋やネットで売り切れ状態になってしまうらしい


検索してみたら、この漫画の作者が書いているワインBlog
『神の雫』に登場したワインを1巻から8巻までをすべてリストにしているBlogがありました

見てみると、キュベやビンテージが違っても登場した造り手のものが
結構ワイン・リストにあったりする
先日書いたルー・デュモンも取り上げられてました
実はその前から特にお勧めしていないのによく出ていたんで、なんでだろ???
と思っていたんですが…

やっぱりこの漫画読んでる人多いのかな?




Gibier(ジビエ)

2006年11月10日 | Weblog
食に感するマスメディアはもちろん
一般紙やTVの奥様向け情報番組などでも取り上げられるし
HOTELのレストランでもお出ししているほど一般に普及してきたことを
実感します


数年前、このWATABEの前身の店でのこと
たしかウサギのパテだったと思うのですが
食べてくださる方は少なかったですね

あるお客さんには半べそかかれてしまいました
・・・ウサギをペットで飼ってらしたのです 

これはジビエとはちょっとずれますが
今でこそ沖縄ブームのおかげで
豚足やミミガーに抵抗示す方は少なくなってきましたが
それらを使ったメニューはイヤな顔されたり
好奇心で頼まれても下がってくるお皿を見るときちんとソレだけはじいて
皿のはじっこに残してあったことも多々でした

それでもめげずにいろいろやりましたね
懲りずに続けることで中には目当てに来て下さる方もおります
有難いことです



実は、今年はジビエは主菜ではやらないつもりです
前菜のみに使おうと思っています
たくさんの種類を用意したり、特殊なものは無いかもしれませんが
美味しくワインが進んでしまいそうな皿にしますので
ぜひワインと一緒に楽しんでください

詳しいメニューは決まりましたらお知らせします